Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

オトナにおくる、アメーバニュース。スポーツやビジネス、デジタルの情報からグラビア・アイドル、政治・社会ニュースまで、webで話題になっているニュースを配信します。

older | 1 | .... | 1108 | 1109 | (Page 1110) | 1111 | 1112 | .... | 1145 | newer

    0 0

    DIR EN GREYのDieとMOON CHILDの樫山圭によるプロジェクトユニット・DECAYSが、4月からスタートさせるライブツアー「TOUR2016 PINK=FLORID」より会場限定販売するシングル「ビロードの鳥」のアートワークを公開した。また、「ビロードの鳥」のレコーディングメンバーに小林祐介(THE NOVEMBERS)がギターで参加している事もあきらかになった。

    アートワークは春らしいピンク色を基調に、白いチューリップなどが描かれたイマジネーションをかき立てるデザインとなっている。

    今回のシングル発売に際して、Dieと樫山からのコメントも公開された。ニューシングル「ビロードの鳥」について、「1年前から試行錯誤を繰り返し、いつも以上に『歌』に重きを置いて今回やっと音源として形にすることができた」(Die)、樫山も「1年間も手が掛かって育ててきた曲なので、今度は聴いてくれる皆と一緒にこの手の掛かる曲を一緒に育てていきたいですね!」(樫山)と語っている。

    さらに4月からのツアーについても「新たなメンバー編成で新たなDECAYSの音を響かせます。楽しみにしていてください」(Die)、「怨念系?基本怨みを歌い続けている中村 中と、ダンス × デジタル × シューゲイザーを軸に、どちらかと言えば HAPPY感のあるDECAYSの生み出すROCKとが、どう合わさって混ざって融合していくのか自分自身も楽しみにしています」(樫山)と期待を煽るコメントを寄せた。

    なおライブツアー「TOUR2016 PINK=FLORID」のチケットは、明日3月12日から一般発売がスタートする。

    Die コメント
    1年前から試行錯誤を繰り返し、いつも以上に「歌」に重きを置いて今回やっと音源として形にすることができた「ビロードの鳥」。この季節に似合う楽曲に仕上がったと思います。そしてTOUR2016 PINK=FLORID。新たなメンバー編成で新たなDECAYSの音を響かせます。楽しみにしていてください。

    樫山圭 コメント
    今回のビロードの鳥のレコーディングが終わり、この曲の生まれてきた時間を振り返ってみました。この曲は、去年の2月ぐらいから何度も何度もアレンジや曲の構成を変更してきて、歌詞を英語にしてみたり日本語にしてみたり、ちょうど1年間も試行錯誤してきて1つの形にたどり着いた曲です。タイトルもかなり悩んで何度も変更して決まりました。1年間も手が掛かって育ててきた曲なので、今度は聴いてくれる皆と一緒にこの手の掛かる曲を一緒に育てていきたいですね!そのビロードの鳥の完成形のお披露目になる今回のDECAYSツアーは、DECAYS × 中村 中のコラボレーションでライヴを演るのですが、どんなステージになるんだろうか?怨念系?基本怨みを歌い続けている中村 中と、ダンス × デジタル ×シューゲイザーを軸に、どちらかと言えば HAPPY感のあるDECAYSの生み出すROCKとが、どう合わさって混ざって融合していくのか自分自身も楽しみにしています。Dieと中の歌の振り分け(ツインボーカル)や、曲のアレンジを考えてると、音域の難しさなどはあるんだけれど、上手くハマれば新しい音楽ジャンルを作れそうな期待が自分の中にあります。この新しい空間になるであろう、PINK=FLORIDツアーを楽しみにしていて下さい!

    リリース情報

    会場限定CD「ビロードの鳥」
    4月1日より「TOUR2016 PINK=FLORID」各会場にて販売
    1曲入り 500円

    ライブ情報
    「TOUR2016 PINK=FLORID」
    日時:2016年4月1日(金)
    OPEN 18:30 / START 19:00
    場所:愛知・HOLIDAY NEXT NAGOYA
    <チケット>
    5,400円(税込/D代別)
    問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

    日時:2016年4月2日(土)
    OPEN 18:30 / START 19:00
    場所:大阪・心斎橋SUNHALL
    <チケット>
    5,400円(税込 / D代別)
    問い合わせ:サウンドクリエーター 06-6357-4400

    日時:2016年4月9日(土)
    OPEN 17:00 / START 18:00
    場所:東京・新宿ReNY
    <チケット>
    5,800円(税込 / D代別)
    問い合わせ:NEXTROAD 03-5114-7444 (平日14:00〜18:00)

    ※TOUR2016 PINK=FLORID公演は、ヴォーカル&ギターに中村 中、ヴァイオリンにAyasaを迎えての編成になります。
    <メンバー編成>
    Vocal & Guitar Die
    Drums 樫山 圭
    Vocal & Guitar 中村 中
    Violin Ayasa
    Bass G.Terrence
    ☆ チドニー

    <一般発売>
    3月12日(土)
    問い合わせ:NEXTROAD 03-5114-7444 (平日14:00〜18:00)

    関連リンク
    DECAYS OFFICIAL SITEhttp://decays.jp/
    DECAYS OFFICIAL TWITTER@DECAYS_official
    DIR EN GREY Die公式モバイルサイト
    「Die Mobile」
    http://www.freewillonline.com/?art=die
    ※docomo端末は順次対応を予定、対応時期は未定
    ※auのフィーチャーフォンは非対応



    0 0

    近年、ももいろクローバーZなどのアイドルやアニソンでもヒットを出し続けている作詞家・岩里祐穂が、自身の活動暦35周年を記念した2枚組コンピレーションアルバム「Ms.リリシスト」を2016年5月25日に発売することを発表した。

    同アルバムには、四半世紀以上の長きに渡り共に楽曲を生み出してきた盟友、今井美樹の「PIECE OF MY WISH」をはじめ、菅野よう子とのコラボによる坂本真綾の「プラチナ」、そして「創聖のアクエリオン」などのアニメ関連作品も多数収録される。

    また、ももクロの「サラバ、愛しき悲しみたちよ」はもちろん、中川翔子、Buono!といったアイドルから花澤香菜などの声優陣、さらには堀ちえみ、森尾由美、新田恵利、早見優など懐かしの80sまで、14社以上にわたるレーベルの枠を超えて全33曲を収録。岩里祐穂作品集と呼ぶにふさわしいアニバーサリーアルバムとなっている。

    その記念すべき作品集のジャケットは『うる星やつら』『犬夜叉』等の漫画家・高橋留美子による描き下ろしイラスト。岩里の旧友である高橋は連載を抱え多忙を極める中、今回の描き下ろしを快諾したとのこと。

    岩里とコンビを組んだ豪華作家陣にも注目できる。布袋寅泰はもちろん、久保田利伸、後藤次利、織田哲郎、白井良明、寺岡呼人といった錚々たる面々が名を連ね、さらに80年代、そのビジュアルと高い音楽性で脚光を浴びた、今は亡き中川勝彦の楽曲も収録され、奇しくも中川翔子との初の親子共演となった。

    まるで一冊の本のような装丁からなる今作品は、約120Pにも及ぶブックレットが付属しており、長年、岩里が作詞を手がけてきた坂本真綾、中川翔子、花澤香菜との3本のスペシャル対談を収録。ファンならずとも読み応えのある内容になっている。また、今井美樹、布袋寅泰、菅野よう子によるメッセージも収められ、単なるコンピレーションCDとは大きく異なる作品に仕上がっている。

    リリース情報

    コンピレーションアルバム「Ms.リリシスト〜岩里祐穂作詞生活35周年Anniversary Album〜」
    2016年5月25日発売
    2CD+120P(予定)スペシャルブックレット
    PCCA-04384 3,334円+税
    <収録曲>
    [DISC1]
    01. PIECE OF MY WISH / 今井美樹【1991.7.11】
    作曲 : 上田知華 編曲 : 佐藤準
    Single : TBS 系ドラマ「あしたがあるから」主題歌

    02. サラバ、愛しき悲しみたちよ / ももいろクローバー Z【2012.11.21】
    作曲・編曲 : 布袋寅泰
    Single : 日本テレビ系ドラマ「悪夢ちゃん」主題歌

    03. うつし絵 / 新垣結衣【2009.5.27】
    作曲 : クボケンジ 編曲 : 松岡モトキ
    Single : 日本テレビ系水曜ドラマ「アイシテル~海容(かいよう)~」挿入歌

    04. 幸せになるために / 中山美穂【1993.4.21】
    作曲・編曲 : 日向敏文
    Single : NHK 連続テレビ小説「ええにょぼ」主題歌

    05. How? / 深田恭子【2000.7.19】
    作曲 : 織田哲郎 編曲 : 葉山たけし
    Single : 映画「死者の学園祭」主題歌

    06. MESSAGE / 上戸彩【2004.3.3】
    作曲 : HAL 編曲 : Sin
    Single : ニベア花王「8×4」CMソング

    07. Love is Changing / 西田ひかる【1997.8.20】
    作曲 : 久保田利伸 編曲 : 安部潤
    Single : フジテレビ系アニメ「烈火の炎」エンディングテーマ

    08. 抱きしめたい / 崎谷健次郎【1995.9.21】
    作曲・編曲 : 崎谷健次郎
    Single

    09. Skinny / 中川勝彦【1985.5.25】
    作曲・編曲 : 白井良明
    Single

    10. 夜に傷ついて / アン・ルイス【1992.5.21】
    作曲 : 中崎英也 編曲 : 土橋安騎夫
    Single

    11. つかのまの虹でも / May.J【2014.9.10】
    作曲 : 板垣裕介 編曲 : Jun Tanaka
    Single「本当の恋」c/w: テレビ朝日系全国放送「musicるTV」ミリオン連発音楽作家塾第1弾ソング

    12. アイサレ / 矢野まき【2007.4.29】
    作曲・編曲 : 寺岡呼人
    Album「BIRTH」収録

    13. 冬のめぐり逢い / ル・クプル【1997.7.18】
    作曲・編曲 : 日向敏文
    Album「Another Season」収録

    14. 想いびと / 城南海【2015.11.4】
    作曲 : 吉俣良 編曲 : ただすけ
    Album「尊々加那志~トウトガナシ」収録

    15. 愛をとめないで~Always Loving You~ / 新妻聖子【2007.7.18】
    作曲・編曲 : 佐藤直紀
    Single : NHK 木曜時代劇「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」主題歌

    16. Come Rain Come Shine / 布袋寅泰【2013.2.6】
    作曲・編曲 : 布袋寅泰
    Album「COME RAIN COME SHINE」収録

    [DISC2]
    01. プラチナ / 坂本真綾【1999.10.21】
    作曲・編曲 : 菅野よう子
    Single : NHK-BS2 アニメ「カードキャプターさくら」オープニングテーマ

    02. 創聖のアクエリオン / AKINO【2005.4.27】
    作曲・編曲 : 菅野よう子
    Single : テレビ東京系アニメ「創聖のアクエリオン」オープニングテーマ

    03. ノーザンクロス / シェリル・ノーム starring May’n【2008.8.20】
    作曲・編曲 : 菅野よう子
    Single「Lion」c/w : MBS・TBS 系 TVアニメ「マクロスF(フォロンティア)」エンディングテーマ

    04. ドリドリ / 中川翔子【2015.2.18】
    作曲 : 鈴木健太朗 編曲 : 黒須克彦
    Single : テレビ東京系アニメ「ポケットモンスター XY」エンディングテーマ

    05. ロッタラロッタラ / Buono!【2008.11.21】
    作曲 : 井上慎二郎 編曲 : 西川進
    Single : TV 東京系アニメ「しゅごキャラ!! どきっ」エンディングテーマ

    06. 恋する惑星 / 花澤香菜【2013.12.25】
    作曲・編曲 : 北川勝利 Strings Arrange : 長谷泰宏
    Single

    07. マーブル/ 中島愛【2012.8.1】
    作曲・編曲 : Rasmas Faber
    Single : TVアニメ「輪廻のラグランジェseason2」OPテーマ

    08. ライヴ/ 唐沢美帆【2001.9.5】
    作曲・編曲 : 島野聡 Strings Arrange : 村山達哉
    Single : TBS 系「世界ふしぎ発見!」エンディングテーマ

    09. THE REAL FOLK BLUES / 山根麻衣【1998.6.3】
    作曲・編曲 : 菅野よう子
    Album『COWBOY BEBOP VITAMINLESS』収録 : テレビ東京系「Cowboy Bebop」エンディングテーマ

    10. さよならの物語 / 堀ちえみ【1983.1.21】
    作曲 : 岩里未央 編曲 : 鷺巣詩郎
    Single

    11. SHOCK! / 宇沙美ゆかり【1984.6.21】
    作曲・編曲 : 後藤次利
    Single

    12. そうしましょうね / 森尾由美【1985.9.21】
    作曲 : 網倉一也 編曲 : 萩田光雄
    Single

    13. ティラノザウルスロック / 生稲晃子【1988.11.21】
    作曲・編曲 : 後藤次利
    Album「『生稲』De-Dance」収録

    14. さよならの風 / 新田恵利【1988.11.21】
    作曲 : 高橋研 編曲 : 山川恵津子
    Single

    15. ダーリン今をせめないで / 早見優【1985.5.1】
    作曲 : 馬場孝幸 編曲 : 伊藤銀次
    Album「WOW!」収録

    16. 初戀 / さんみゅ〜【2014.8.6】
    作曲 : Gajin 編曲 : 佐久間誠
    Album「未来地図」収録

    17. 海賊戦隊ゴーカイジャー/ 松原剛志(Project.R)【2011.3.2】
    作曲 : 持田裕輔 編曲 : Project.R(籠島裕昌)
    Single : テレビ朝日系「海賊戦隊ゴーカイジャー」オープニングテーマ

    全作詞 : 岩里祐穂
    (DISC1 Tr-4 岩里祐穂・中山美穂 / DISC2 Tr-3 岩里祐穂・Gabriela Robin /DISC2 Tr-4 中川翔子・岩里祐穂)
    ※【】内はオリジナルリリース日

    関連リンク
    ■岩里祐穂サイトhttp://www.yuhoiwasato.com/


    0 0

    ディズニー/ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・ファタジー『アーロと少年』は3月12日(土)に全国公開。恐竜が文明と言葉を持つようになったIFの世界を舞台に、弱虫な恐竜アーロと怖いもの知らずの少年スポットの友情を描いた作品だ。その中でも強烈なインパクトを残すのは、アーロたちが冒険の途中で出会う強面のT・レックス一家だ。
    大きな牙が迫力満点の父・ブッチ、好奇心旺盛なお調子者の弟・ナッシュ、お喋り好きでおてんばな姉・ラムジーは、アーロに怖さとの向き合い方を教えるキーパーソンである。今回は日本語吹替を務めた、松重豊さん、八嶋智人さん、片桐はいりさんにお話を伺った。舞台出身でテレビ・映画に出演するなど共通点の多い3人が、恐竜役をどのように演じたのだろうか?
    [取材・構成:高橋克則]

    『アーロと少年』
    http://www.disney.co.jp/movie/arlo.html

    ■ 声優はキャラクターそのものになれる

    ――『アーロと少年』は恐竜が絶滅しなかった世界を描いています。その設定にどんな印象を受けましたか?

    松重
    恐竜という生き物は子供を虜にする不思議な魅力を持っていて、私も小さいころ夢中になってました。「もし恐竜が生きていたら」なんて誰もが一度は想像を巡らせますよね。でも『アーロと少年』では、絶滅を免れた恐竜たちが自給自足の生活を送っていて、草食恐竜は畑を耕し、肉食恐竜は牛を飼いながら生きている。そんなこと普通は思いつかないよ(笑)。

    八嶋
    恐竜が現代に蘇ったのではなく、独自の進化を遂げて人のように過ごしているのも面白いです。一方で人類は言葉を話せず、まだ自然と共に暮らしている。恐竜と人間の立場が逆転しているというアイデアは後々のストーリーにも絡んできます。


    八嶋
    映像にも説得力があるんですよ。恐竜は手脚がきちんと地面に付いたデザインなので「どういう風に動くのだろうか」と疑問に思っていました。いざ映画を観たら、畑を耕したり子供を抱いたりする場面も「なるほど」と納得できるだけのアニメーションになっている。

    松重
    そういった描写に手抜きは一つもないよね。アメリカの壮大な風景も緻密に描かれている。

    片桐
    私が気になったのは、雲や木といった自然はリアルなのに恐竜たちは可愛いデザインだったことですね。一体なぜなのか監督に聞いてみたかった。

    松重
    やっぱりリアルを追及し過ぎるとエンタメから外れてしまうのが理由じゃないかな。生々しさにこだわると今度はグロテスクになってしまう。世の中には爬虫類系が苦手な人もいますから(笑)。確かにキャラクターはデフォルメされていますが、カメラが寄ったときの肌の質感はとてもリアルで恐竜ファンも大満足の仕上がりでした。

    八嶋
    あと恐竜って本当は何色だったか分からないと言われていますよね。草食は緑系、肉食は茶色っぽいイメージがありますが、もしかしたらカメレオンみたいな色かも知れない。

    片桐
    ラムジーはピンク色で少し斬新ですよね。

    八嶋
    ピンクの色使いも巧みで、うっすらと桜がかっている。その匙加減も良い味を出してます。

    ――皆さんはT・レックスの一家を演じました。オファーを受けたときの感想はいかがでしたか?

    松重
    小劇場の出身である私たち3人を恐竜一家に据えたキャスティングがまた絶妙だなと。小劇場というのはその名の通りステージが小さいので「俺は宇宙人だぞ!」と言い切った瞬間に宇宙人になれるんです。そういった環境でこれまで戦ってきましたから、恐竜役と聞いたときも驚きはありませんでした。ただブッチは一家の父親で、カッコいいセリフが多いキャラクターなんです。強そうなだけでは彼の魅力は伝わらないし、かといって説教臭くなってしまってはいけない。そのバランスをどうしようか様々なパターンを試しました。

    八嶋
    テレビアニメのレギュラーをしていたときに、骨格がキャラクターと近い人の方が芝居に合いやすいと教わりました。ナッシュはアゴが特徴的なので顔マネをしながら練習しましたよ。

    片桐
    私は声優自体が初めての経験で、音響監督から「恐竜は肺が大きいんです。その肺活量を意識してお芝居をしてください」とアドバイスされたことが印象に残っています。アフレコでは頭の中に肺を思い浮かべて「きっと息は臭いんだろうな」と考えてみたり、恐竜が生きていた古代をイメージしたりして世界観に入り込みました。

    八嶋
    (笑)。はいりさんが初めてと聞いてビックリしました。本物のラムジーにしか思えなかったですから。イメージが大事というのは演劇といっしょですね。



    ――演劇とアニメーションではお芝居にどのような違いがあるのでしょうか?

    八嶋
    アニメーションではキャラクターがすでにお芝居をしているんです。だから僕たちの方からキャラに寄り添っていく必要がある。自然と一人で芝居をするときと違う感覚が生まれてきます。その代わり、役にハマるとすごく気持ちいいんですよ。

    松重
    松重豊でも、八嶋智人でも、片桐はいりでもない。キャラクターそのものになれるんです。自分たちが顔を出して演じるのとまた違った喜びと面白さがあることは、声のお仕事を頂くようになって初めて気付きましたね。

    八嶋
    ディズニー/ピクサーは要求されるお芝居のレベルも高いんです。目線のやりとりでちょっとした瞬きを入れたり、呼吸を交えたりと非常に細やかです。それにオリジナルは英語なので、日本語の喋り方とは異なる部分も多い。たとえば否定するときは頭に「No!」と付けることが多く、日本語では声と動きをシンクロさせるために倒置法を取り入れたりもする。そういった翻訳の部分も原語に上手く馴染ませてあります。

    松重
    それらを摺り合わせて、向こうのリップに芝居がマッチした瞬間は鳥肌が立つんだよね。もう自分の声じゃなくて完全にブッチの声になったと実感できる。役者にとって究極の喜びは「本物にしか思えなかった」と言われることです。そこを最終的に目指しているので、自分が恐竜の影に隠れてしまった方が、してやったりな気分になります。『アーロと少年』のアフレコは一人ずつの収録でしたが、それもちゃんと意味があってのことなんですよ。私たちがこうやって一つに集まってしまうと、どうしても3人が自分の空気を作ってしまう。それでも芝居は成り立ちますが、やはりT・レックスの一家にはなりません。アフレコを別撮りしたがゆえに映画では僕らは消えてしまって、恐竜同士のお芝居が生まれたんだと思っています。

    ■ コメディはカートゥーンから学んだ

    ――ディズニー/ピクサー作品にはどう接してきましたか?

    松重
    唐沢寿明君と一緒に芝居をしているとき「CGのアニメで声をやったんで子供と観に行ってよ」と招待券をもらいました。その作品が『トイ・ストーリー』だったんです。それから20年以上、子供の成長と一緒に作品を観続けてきました。

    八嶋
    僕は『モンスターズ・インク』を観たとき、「このレベルの作品がフルCGで作れるなら、役者は必要なくなるんじゃないか」とショックを受けました。しかもNG集まで付いていて、キャラクターが本当にミスをして素に戻ったようにしか見えない。「こんなことをされてしまったら生身の人間なんていらないじゃん!」と恐怖しましたよ(笑)。

    片桐
    私も映画館で働いていたとき、毎年夏にディズニー作品を上映していたので必ず観ていました。私たちの世代はディズニーに限らず、アニメーションの動きにかなり影響を受けた世代だと思っているんですよ。人間よりアニメーションの芝居を舞台に逆輸入した部分が大きいと思っています。

    松重
    それは分かるなぁ。私たちはバスター・キートンやチャップリンといった喜劇役者よりは、むしろ『トムとジェリー』などアメリカのカートゥーンによってスラップスティックを植え付けられた世代なんですよ。

    八嶋
    劇団でもカートゥーンのような芝居をやりたいという気持ちが強いですよね。頭の中ではアニメキャラのように足がクルクル回転したり、体がビヨーンと伸びたり……。

    片桐
    驚いたときにガーンと顎が外れたりね(笑)。そういうことをイメージしているんです。

    松重
    コントやギャグなど、ズッコケの基本はアニメーションから学びました。

    片桐
    ミッキーマウスたちから影響を受けたことは多いですよ。


    ――『アーロと少年』でお気に入りの場面を教えて下さい。

    松重
    やっぱり冒頭シーンですよ。恐竜を絶滅させるはずだった隕石が地球を素通りして、恐竜たちがフッと振り返る。あの場面には思わず笑っちゃったよ。

    片桐
    もっと盛り上がるシーンなのかなと思ったら意外にあっさりしてて(笑)。

    松重
    今回はコミカルな作品なんだなと安心して膝を崩したら、本編は笑うどころか色々と考えさせられるストーリーになっている。そこは映画を観てからのお楽しみというところで(笑)。だけど『アーロと少年』はあれだけの大冒険を繰り広げておきながら、意外にサッと終わるんですよね。何だか「ここから先は私たちが考えていくんだよ」と言われているようで、オジさんの涙腺が刺激されました。そういった想像力にも働きかけてきます。

    八嶋
    僕は『カールじいさんの空飛ぶ家』が大好きなんです。普通の作品だったら「年を取っていても冒険に出よう」というところで終わってしまうものですが、ディズニー/ピクサー作品はもう一歩先に踏み込んだ世界を見せてくれる。『アーロと少年』も未熟な主人公が旅に出て成長するという、それこそ神話の時代から受け継がれてきたオーソドックスな構造ですが、本編ではもう一個大きな成長が描かれている。本当の強さとはこういうことなんだと実感できる物語になっていますよ。

    片桐
    言葉が通じないアーロとスポットが冒険を通じて友情を培っていく。その中で二人が出会うものがきめ細かく描かれていて、そこに注目すればまた違った何かを感じ取れるのかなと思いますね。

    八嶋
    父親という存在も重要なものとして描かれていまね。アーロのお父さんの言葉を聞くと「アメリカという国も様々なことを模索しているんだな」と大人は感じてしまう。もちろん子供たちはそんな難しいことを考えなくても、純粋に楽しむことができる。

    松重
    本編前に流れる短編アニメーション(『ボクのスーパーチーム』)もオリエンタルな世界観が楽しめて面白かったよね。『アーロと少年』のピーター・ソーン監督もアジア系ですし、そこが僕らにも響くところなのかなと。

    八嶋
    監督は『カールじいさん』の少年・ラッセルのモデルなんだよね。

    片桐
    本当にそっくりでビックリした!

    八嶋
    『アーロと少年』でも声優を担当していますし、ピクサー社内ではムードメーカーなのかも知れないですね。僕たちにもフレンドリーに接してくれて、ああいう人柄だからこそ作品にも温かさが生まれるんだなと感じました。

    ――本日はありがとうございました。


    『アーロと少年』
    3月12日(土)ロードショー
    (c)2016 DISNEY / PIXAR.

    【関連写真】「アーロと少年」インタビュー 松重豊、八嶋智人、片桐はいり:T・レックス一家は吹替えも豪華

    ■関連記事
    ジョン・ラセターが「アーロと少年」と「トイ・ストーリー」を語る 特別映像公開
    「アーロと少年」プレミア試写 ママ役安田成美が“親友は木梨憲武”と笑顔で
    「アーロと少年」ピーター・ソーン監督来日記者会見 母との思い出が作品に反映
    「アーロと少年」、弱虫な恐竜アーロと父親の交流を描く 本編映像から公開

    0 0

    数々のヒーローを生み出してきたマーベル・コミックによる最新映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が、2016年4月29日に日本公開する。マーベル・コミックを代表する、アイアンマンとキャプテン・アメリカが激突する話題作だ。
    人気ヒーローが一挙集結することで話題を集めてきたアベンジャーズシリーズだが、今回、スパイダーマンがここに参戦することが正式決定した。スパイダーマンが実写映画で、他作品のキャラクターと共演するのは今作が初となる。ファンにはたまらない朗報だ。

    『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、2015年に公開された『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のその後の物語が描かれる。数々の危機を救ってきたヒーローチーム・アベンジャーズ。だが、府組織の管理下に置かれることをめぐりアイアンマンとキャプテン・アメリカが激しく衝突する。
    従来のシリーズ同様に本作でもさまざまなヒーローが登場する。アベンジャーズからは、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ブラック・ウィドウ、ホークアイなどお馴染みのメンバーが登場。さらにスカーレット・ウィッチやキャプテン・アメリカの相棒であるファルコンら豪華メンバーが加わる。


    今回のスパイダーマンの参戦は、3月10日のUS版予告編にて明らかとなった。映像では、アベンジャーズ対立までの過程が描かれ、そのラストにスパイダーマンの姿が。頭上からキャプテン・アメリカの盾を蜘蛛の糸ですくい取り颯爽と登場している。

    スパイダーマンはマーベル作品なかでも、とりわけ人気の高いキャラクターだ。2002年の実写化映画は、現在まで続くアメコミ・ヒーローブームの火付け役にもなった。これまで5作映画化されているが、スパイダーマンが実写映画で他作品のキャラクターと共演を果たすのは、今回が初となる。
    本作から新たにスパイダーマンを演じるのは、19歳の若手俳優トム・ホランド。本作にてまったく新しいスパイダーマンの初お披露目となる。

    『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の日本公開日は、2016年4月29日。スパイダーマンの参戦という垣根を超えたマーベル・ヒーローの共演に、大きな期待がかかる。

    『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
    2016年4月29日、日本公開
    (C)2016 Marvel.

    【関連写真】スパイダーマン、アベンジャーズの危機に参戦 「シビル・ウォー」日本語版予告公開

    ■関連記事
    “アイアンマンvsキャプテン・アメリカ” 「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」日本語版予告公開
    2大ヒーローが激突「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」日本公開4月29日、米国より1週間先行
    「デッドプール」マーベルのアンチヒーローが活躍 全米週末興収154億円スタート
    「デッドプール」2016年6月全国公開 マーベルのアンチ・ヒーローが日本上陸

    0 0

    アニメ!アニメ!では、2016年3月25日から27日までAnimeJapan 2016が東京ビッグサイトで開催されるのに合わせてアンケートを実施した。名作から最新作まで、数多くのアニメが出品されるなかから、とりわけ気になる作品を質問した。
    アンケートは2016年3月5日から9日まで実施。回答数は約500だった。その結果からは、この春の人気アニメの動向も窺われる。

    ■ 「おそ松さん」に大きな関心、ゲームや劇場作品にも熱い視線

    最も関心が高ったのは、2015年10月よりテレビ放送中の『おそ松さん』だった。AnimeJapan2016では、コラボグッズやフードコートでの展開も実施される。存在感も抜群だ。
    これに『僕だけがいない街』が続いた。「ヤングエース」で原作マンガも最終回を迎え、実写映画の公開も3月19日に迫る。さらにシリーズの第3期となった『銀魂°』となった。
    4位にはアニメからではなく、アプリゲーム「Fate/Grand Order」の名前が挙がった。AnimeJapan 2016ではブース出展とステージが決定している。どのような発表が行われるか気になるところだ。

    放送中、あるいは放送終了したばかりの作品が多く上位にあがり、すでに名前の知られている作品のより関心が高いようだ。またゲームや劇場映画が入るのもAnimeJapan 2016ならではだろう。

    [AnimeJapan 2016出展作で気になるものは?]

    1位 「おそ松さん」
    2位 「僕だけがいない街」
    3位 「銀魂°」
    4位 「Fate/Grand Order」
    5位 「ハイキュー!!セカンドシーズン」
    6位 「ガールズ&パンツァー 劇場版」
    6位 「文豪ストレイドッグス」
    8位 「Angel Beats!-1st beat」
    8位 「夏目友人帳」
    10位 「アイドルマスター」
    10位「傷物語」

    (回答期間:2016年3月5日(金)~2016年3月9日(水))

    【関連写真】「おそ松さん」「僕だけがいない街」に期待 AnimeJapan 2016出展作品アンケート

    ■関連記事
    1位は『惑星のさみだれ』 「アニメ化してほしいマンガ」完結作品編
    「アニメ化してほしいマンガ」アンケート 未完結部門1位に「ダンジョン飯」
    1位はアーチャー、2位は十四松 男性票も鍵となった“バレンタインにチョコを渡したい男性キャラ”
    バレンタインにチョコを渡されたい女子 1位は「Charlotte」友利奈緒、2位には「ごちうさ」チノ

    0 0

    ダイアモンド✡ユカイが、“男が惚れる男のうた”をコンセプトに続けているカヴァー・アルバムシリーズ第3弾「Respect 3」が2016年3月9日にリリース。発売を記念して、古くから親交の深い音楽評論家・平山雄一のインタビューに答えたスペシャルインタビュー動画が公開された。

    また、このアルバムのリリースとデビュー30周年等を記念し、3月12日に54歳を迎えるバースデーライブ「Hello-Goodbye」の模様をLINE LIVEにて一部生中継することが決定した。

    ダイアモンド✡ユカイ「Respect 3」リリース・スペシャル・インタビュー

    ライブ情報
    バースデーライブ「Hello-Goodbye」
    日時:2016年3月12日(土) 開演17:30
    会場:原宿クエストホール
    カヴァー・アルバム「Respect 3」からの楽曲を多数歌唱予定。
    ライブ詳細:http://www.sunmusic.org/profile/diamondyukai.html
    LINE LIVE生中継は、LINE ユニバーサル ミュージック邦楽の公式アカウントから行われます。
    LINE LIVE視聴:https://live.line.me/r/channels/549/upcoming/2735

    関連リンク
    ■ダイアモンド✡ユカイ twitter@diamondyukai
    ■ダイアモンド✡ユカイ BLOGhttp://ameblo.jp/diamondyukai/
    ダイアモンド✡ユカイ ユニバーサルミュージック公式http://www.universal-music.co.jp/diamondyukai/


    0 0

    2011年3月11日に東日本大震災が起きてから5年が経った本日、東北出身のアーティストLGYankees HIROが復興への想いを込めて制作した、東日本大震災復興メモリアルソング「星に願いを 〜Wish to the Stars〜 with はたけ (シャ乱Q), 熊谷育美, 閃雷」のミュージックビデオが公開された。

    ミュージックビデオは、LGYankeesの“歌詞を含め、全体を見て聴いて何かを感じ取って欲しい”という想いにより、フル尺で見ることができる。

    LGYankees HIRO コメント
    この楽曲を制作することになった始まりは、シャ乱Qのはたけさんが原曲となる「星に願いを...(Wish to the Stars)」を僕に聴かせてくれたことでした。東日本大震災直後、はたけさんは「アーティストである自分には、何かいち早くできることがあるだろう...」と余震が続く中がむしゃらに楽曲制作に取り組んだそうです。その曲はとても耳に残り、とにかく胸に響く内容だったので、「この曲を僕のアルバムに収録してもいいですか?」と尋ねると、「いいよ」とその場で快諾してくださいました。ただし、それには条件がありました。その内容とは、「震災当事者としてのメッセージを込めた内容に詞をリメイクすること」「この楽曲のテーマに共感できる東北を中心に活動しているアーティストと一緒に歌うこと」でした。

    その時、正直僕自身はあまりピンと来ていませんでした。はたけさんと相談し、レコーディングもミュージックビデオの撮影も仙台で行うことに決まると、その日はすぐにやってきました。フィーチャリングとして参加して貰った、同じく宮城県出身の熊谷育美さんと閃雷さんとの簡単な挨拶を済ませると、すぐにレコーディングが始まったのですが、僕を含め、他のアーティスト達も次第に言葉数が減り、レコーディングに集中しました。”その土地で、その空気感で、その経験をした人間達が「震災」というテーマに音楽で正面から向きあう”きっと各々の気持ちがそのような空気感をつくることを、はたけさんは最初からわかっていたんだと思います。「星に願いを 〜Wish to the Stars〜 with はたけ (シャ乱Q), 熊谷育美, 閃雷」という楽曲は、決してネガティブではなく、前に進もうという気持ちが沢山積もった力強い作品になりました。

    「星に願いを〜Wish to the Stars〜 with はたけ (シャ乱Q), 熊谷育美, 閃雷」MV

    関連リンク
    LGYankees オフィシャルサイトhttp://nodoubttracks.com/artistlist/lgyankees.php
    ■LGYankees Twitter@LGYankees_HIRO


    0 0

    「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)連載のラブコメディ『実は私は』の舞台化が決定した。『舞台版 実は私は』は5月11日から15日にかけて全8公演が行われる。
    会場は新宿村LIVEとなる。キャストには主人公・黒峰朝陽役に大島崚、ヒロイン・白神葉子役に飛鳥凛が起用された。

    『実は私は』は隠しごとが苦手な高校生・黒峰朝陽と、吸血鬼のクラスメイト・白神葉子が繰り広げる学園ラブコメだ。秘密を守ろうとする朝陽の前に、宇宙人、狼男、悪魔など人外ヒロインたちが次々と現れ、波乱のストーリーを巻き起こしていく。
    2013年に「週刊少年チャンピオン」で連載がスタート。2015年にはテレビアニメも放送された話題作が舞台化されることになった。

    主人公の朝陽役はアニメ『極上!!めちゃモテ委員長』で東條潮役を務めた大島崚、葉子役は映画や舞台で活躍する飛鳥凛が演じる。そのほか、藍澤渚役に若林倫香、朱美みかん役に永吉明日香、紫々戸獅穂役に柴小聖、紅本明里役に加藤智子、紅本茜役に高木友梨香、銀華恋役に三浦菜々子、黄龍院凜役に高橋果鈴(Prizmmy☆)、カリスマ痴女役に尻無浜冴美が選ばれた。

    さらに特別出演として、紫々戸獅狼役を田中彪、白神源二郎役を室龍規が演じる。現時点で10名以上の出演者が発表されており、ステージでもドタバタギャグを楽しめそうだ。演出は『透明少女』『サイコメ;ステージ』などを手がけたまつだ壱岱が行う。
    チケットは3月12日12時より先行発売がスタート。4月9日12時からは一般発売が行われる。価格はVIP席が8000円、指定席が6500円、自由席が5500円だ。予約先はカンフェティとなる。
    [高橋克則]

    『舞台版 実は私は』
    期間: 2016年5月11日~15日
    主催: 舞台版 実は私は製作委員会
    原作: 増田英二「実は私は」(週刊少年チャンピオン連載中)秋田書店・刊
    脚本・演出: まつだ壱岱
    制作: メディアゲート
    企画・製作: ダックスプロダクション
    (c)増田英二(週刊少年チャンピオン)/じつわた製作委員会

    【関連写真】「実は私は」、実は舞台化決定  大島崚、飛鳥凛らを主人公、ヒロイン役に起用

    ■関連記事
    「実は私は」がスイーツパラダイスとコラボ キャラクター達が甘いスイーツに変身
    アニメ「実は私は」主題歌はユニット・アルスマグナ 2.5次元コスプレダンスユニットを抜擢
    「実は私は」、実は7月6日深夜よりスタート
    テレビ東京の作品が集結「アニメJAM2015」 『銀魂』『弱虫ペダル』などキャストが共演

    0 0

    アイドル専門のメジャーレーベルとして今年1月に発足された「株式会社フォースミュージック」の創業を記念したコンベンションが10日、都内にて開催され、同レーベルからCDリリースが予定されている、 まねきケチャ、まなみのりさ、CoverGirls、そして、フォースミュージック所属のラブアンドロイドが出席し、ショーケースライブなどを行った。



    アイドルリリース日本一を目標に掲げるアイドルのアイドルによるアイドルのためのレーベル「FORCE MUSIC」は、日本のみならず海外へ向けてジャパニーズアイドルカルチャーを発信してゆく新レーベル。同レーベルの第一弾としてメジャーデビューする まねきケチャに続いて、CoverGirls、ILoVUもリリースを発表し、今後も続々とアイドルの参加が予定されている。



    ファンを前にした普段のライブと違って、業界関係者に囲まれたステージに緊張したアイドルたちであったが、司会を務めたクロちゃんと、ユカフィンさん(アフィリア・サーガ)に優しくリードされながらパフォーマンスを披露した。



    イベントでは、プレス向けの囲み取材も行われ、まねきケチャの藤川千愛さんは「デビューして半年でメジャーデビューを果たせて嬉しい。もっとたくさんの人に観てもらう機会が増えたらいいな」と意気込んだ。一足先にデビューを発表した反響を「周りからすごく驚かれました。家族や友達からも"良かったね"って言ってもらって嬉しい」と喜んだ。



    歌や演出などをセルフプロデュースしてきたCoverGirlsは、衣装なども自分たちで作り上げているというが「大物プロデューサーからオファーがあったら?」と聞かれると「その時は乗っかります!」と答えて笑いをとっていた。



    結成9年目のまなみのりさは、同じ広島出身のクロちゃんから伝授されたギャグを披露して場を沸かせ「音楽に自分たちの思いを乗せて、たくさんの人に届けていきたい」と、先輩らしくしっかりと目標を語った。



    ラブアンドロイドは「最初の所属アイドルとして、フォースミュージックの顔になれるように頑張りたい」と強い決意を表し「たくさんのアイドルのみなさんと一緒に、世界のみなさんを明るく出来るように頑張っていきましょう!」と呼びかけていた。
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews


    ■関連ニュース
    日本ツインテール協会の第2の刺客 「まねきケチャ」が早くもCDデビュー (2016年02月23日)
    まなみのりさ3年4ヶ月ぶりのオリジナルシングルがオリコン・デイリーランキング2位に (2015年12月23日)
    まなみのりさ 定期ライブで新曲リリースを発表 νポラリスAbは伊達じゃない! (2015年09月29日)
    アフィリア・サーガ「女神さまのポイントカード」をライブ初披露! dropとのツーマンライブにファン熱狂! (2015年04月17日)

    0 0

    新世代ガールズポップの代名詞で、自身がレーベルヘッドとなりタワーレコード内に設立した「sparkjoy records」から、ニューアルバム「meets sparkjoy」を4月6日にリリースする事を発表したばかりの南波志帆。そのアルバム発売を記念してインストアライブと、アルバムのジャケット写真を初公開された。

    アルバムのタイトルに込めた“ときめき”を意識し、北欧テイストのキュートなデザインにストレンジ感をプラスしたジャケットが完成。そして個人名義としては約3年ぶりとなるインストアライブも実施する。

    アルバムにはトーレ・ヨハンソン、持田香織(Every Little Thing)、tofubeats、吉澤嘉代子、THE CHARM PARKなど、個性派揃いの制作陣が楽曲を提供している。

    イベント情報
    「meets sparkjoy」発売記念インストアライブ&サインお渡し会」
    4月9日(土) 13:00〜タワーレコード渋谷店1F
    4月10日(日) 15:00〜タワーレコード梅田NU茶屋町店
    4月10日(日) 18:30〜タワーレコード神戸店
    4月15日(金) 20:00〜タワーレコード横浜ビブレ店
    4月16日(土) 13:00〜タワーレコード錦糸町店
    4月16日(土) 21:00〜タワーレコード新宿店7F ※サイン会実施
    4月17日(日) 16:00〜タワーミニ汐留店
    インストアライブの詳細はsparkjoy recordsオフィシャルHPまで。
    https://sparkjoyrecords.amebaownd.com/

    リリース情報

    アルバム「meets sparkjoy」4月6日(水)発売
    品番:SPJR-001
    価格:2,800円(+税)
    レーベル:sparkjoy records

    関連リンク
    ■南波志帆 sparkjoy recordsアーティストページhttps://sparkjoyrecords.amebaownd.com/
    ■南波志帆 Twitterhttps://twitter.com/nanba44?lang=ja


    0 0

    アリアナ・グランデの3rdアルバム「デンジャラス・ウーマン」が、5月20日に全世界で同時発売されることが明らかになった。

    アルバムからのニュー・シングル「デンジャラス・ウーマン」の音源が公開となり、iTunesではアルバムの予約が開始されている。また、日本のデジタルアルバムには、昨年の大ヒットシングル「フォーカス」も特別に収録されている。

    数日前から自身のSNSにてカウントダウンを実施していたアリアナ。ファンから「待ちきれない」「楽しみ」といった声が上がっていたシングル「デンジャラス・ウーマン」は、大人の女性を表現した楽曲で、アリアナの新たな魅力があふれている。

    さらに、全国からアリアナ・グランデにそっくりな“Ariガール”を発掘する全国オーディションの開催が決定。募集は3月14日に開始されるとのこと。

    アリアナ・グランデ 全国オーディション〜“#Ariガール”を探せ〜
    http://sp.universal-music.co.jp/ariana-grande/ari-girl/

    リリース情報

    アルバム「デンジャラス・ウーマン」
    2016年5月20日(金)世界同時発売
    アルバムタイトル曲「デンジャラス・ウーマン」配信中
    http://po.st/AriDW

    関連リンク
    アリアナ・グランデ 日本公式サイトhttp://www.universal-music.co.jp/ariana-grande
    アリアナ・グランデ twitterhttps://twitter.com/ArianaGrande


    0 0

    高野苺による青春SFマンガ『orange』がTVアニメ化され、2016年夏に放送スタートする。このたび、高宮菜穂らメインキャラクター6人の設定画が公開された。キャラクターデザイン・結城信輝が描き起こした、美しくも力強いデザインに注目だ。

    TVアニメ『orange』は、「月刊アクション」(双葉社)で連載されていた高野苺による同題マンガを原作とする。「自ら命を経ってしまう友だちを救ってほしい」という未来から届く手紙を中心に、高校生の恋愛模様を瑞々しく描いた青春SFストーリー。
    10年後の世界と現在世界が絡みあう切ないストーリーテリングが好評を呼んでいる。『全国書店員が選んだおすすめコミック 2015』や『次にくるマンガ大賞2015』など、数々のマンガ賞を受賞した。
    また2015年12月には、土屋太鳳主演による実写映画『orange-オレンジ-』が公開され、興行収入30億円を超えるヒットとなった。

    今回、メインキャラクターより、高宮菜穂、成瀬 飛、須和弘人、村坂あずさ、茅野貴子、萩田 朔の6人のキャラクター設定が公開された。キャラクターデザインを手がけるのは、『天空のエスカフローネ』、『宇宙戦艦ヤマト2199』などで知られる結城信輝。繊細かつ美しいタッチが特徴的で、アニメ化への期待が膨らむビジュアルに仕上がっている。
    今回キャラクター設定が明らかになったが、キャスト陣はまだ発表されていない。続報を待ちたい。

    TVアニメ『orange』は、そのほかスタッフも豪華だ。監督は『STEINS;GATE』や『テラフォーマーズ』を手がけた浜崎博嗣、脚本は『ちはやふる2』、『Persona4 the ANIMATION』を手掛けた柿原優子が担当。アニメーション制作はトムス・エンタテインメント/テレコム・アニメーションフィルムが手がける。

    TVアニメ『orange』
    (C) 高野苺・双葉社/orange製作委員会

    【関連写真】16年夏TVアニメ「orange」、 結城信輝が描くキャラクター設定公開

    ■関連記事
    手塚治虫文化賞候補に「孤独のグルメ」「orange」ら7作品 マンガ大賞発表は4月下旬
    「orange」テレビアニメ化決定!「僕だけがいない街」スピンオフ小説発売:2月17日記事まとめ
    「orange」2016年夏TVアニメ放送決定 「月刊アクション」連載の恋愛マンガ
    少女マンガ原作『orange-オレンジ-』映画完成披露試写に土屋太鳳、山崎賢人らが登壇

    0 0

    a title="株式会社コンフィアーザ" href="http://www.confiareza.jp/" target="_blank">株式会社コンフィアーザが2014年12月より開局したインターネットTV「ウキウキTV」と、サウンドプロデュースの株式会社Sound Driveのコラボ企画として、アイドルに焦点を当てた3000人以上の大規模イベントスターアイドルフェスティバルが2016年3月6日(日)にベルサール秋葉原にて開催された!







    イベントMCには元AKB48の野呂佳代(のろかよ)、芸人コンビの新宿カウボーイ(しんじゅくかうぼーい)が参加。3人は開会式や閉会式など、ポイントとなる時間帯ごとに各ステージに登場し、

    新宿カウボーイのかねきよ勝則は、「胸にさしたペンと思われるものを取り出すと、実は〇〇である」ネタを披露。「今日は6種類用意してきています。」と会場を盛り上げていた。



    ステージ出演は仮面女子(かめんじょし)drop(ドロップ)神宿(かみやど)赤マルダッシュ☆(あかまるだっしゅ)小桃音まい(ことねまい)滝口成美(たきぐちなるみ)1$(OneDollar)(わんだらー)らぶけんLuce Twinkle Wink☆(ルーチェ トゥインクル ウィンク)・gra-DOLLの浜田翔子(はまだしょうこ),稲森美優(いなもりみゆう)白星ウィクトーリアPhantom Voice(ファントムボイス)恥じらいレスキューJPN(はじらいれすきゅーJPN)北風インパクト(きたかぜいんぱくと)風色学園(かぜいろがくえん)PLC愛夢GL TOKYO8princess(エイトプリンセス)秋葉原マーベルエール隊(あきはばらまーべるえーるたい)如月愛花(きさらぎ まなか)など有名アイドルから実力派新人アイドルまで豪華総勢50組がエントリー!



    また、株式会社コンフィアーザで4月からリリースされるウキウキTVアプリに出演予定のBANZAI JAPAN(ばんざいじゃぱん)てれぱぴーず等も今回のイベントに参加し、会場を盛り上げていた。



    BANZAI JAPANは5月3日に2ndワンマンライブが初台ドアーズで行われる予定の今勢いのある新人アイドルグループで、47都道府県をテーマにメンバーが在籍し、日本を盛り上げるべく躍動中。今後の活躍が期待される。



    さらに、今回の協賛DMM.yell枠で、アイドル・有名人応援アプリで人気の上位数組が登場。アプリ内で応援票1位を獲得した、

    Le Siana(ルシャナ)等、各々のグループがフレッシュで一味違うライブパフォーマンスを展開させた。



    加えて、・らぶけん等複数のグループが入口付近でチラシ配りをしたり、物販コーナーで、チェキ撮影、サイン会、じゃんけん大会をするなど、会場ではステージ以外のところでも、常に可愛いアイドル達の活気あふれる声が響いていた。



    ベルサール秋葉原

    で行われた今回のイベントは、秋葉原史上最大規模の3,000人の観客数で、会場は終日アイドルファンで大盛況。

    次回開催が待ち遠しい、今後の更なる盛り上がりが期待出来るイベントに出会えた。



    (記事担当:株式会社つくばテレビ 竹内)

    TEL 03-5205-3746(平日10:00~18:00)
    「3.6 スターアイドルフェスティバル」 大盛況!
    「3.6 スターアイドルフェスティバル」 大盛況!
    「3.6 スターアイドルフェスティバル」 大盛況!
    「3.6 スターアイドルフェスティバル」 大盛況!
    「3.6 スターアイドルフェスティバル」 大盛況!
    「3.6 スターアイドルフェスティバル」 大盛況!
    「3.6 スターアイドルフェスティバル」 大盛況!
    「3.6 スターアイドルフェスティバル」 大盛況!
    「3.6 スターアイドルフェスティバル」 大盛況!


    ■関連ニュース
    drop 推しメンノーカット映像を含む定期公演の模様をCSファミリー劇場にてTV初放送! (2015年08月31日)
    仮面女子 神谷えりな グラビアで活躍する天木じゅんにライバル心 (2015年11月29日)
    原宿発!五人組アイドルユニット神宿の結成1周年記念ライブにマックスむらいが乱入しメンバーもビックリ! (2015年09月28日)
    えんたまっガールズ5時間Live Vol.1 「じょゆたまっ 」で2月ダイジェスト放送! (2016年01月12日)

    0 0

    MELLOWSHiPの3月27日に発売されるシングル「AWAKE」に収録される、リードトラック「GLORY」のミュージックビデオが公開された。

    ミュージックビデオは、バンド史上1番の攻撃力を持つ「GLORY」の躍動感、そして必ず栄光を掴むというメンバーの強靭な意志を色濃く表現した映像になっている。

    MELLOWSHiP “GLORY” OFFICIAL MV

    リリース情報

    シングル「AWAKE」
    2016年3月27日発売
    PINE-0039 500円
    1.GLORY
    2.MELODY
    3.CREATE THE WORLD(G.R.K REMIX)

    関連リンク
    MELLOWSHiP WEB SITEhttp://mellowship.jp
    MELLOWSHiP Twitterhttp://twitter.com/MELLOWSHiP_JP/
    MELLOWSHiP BLOGhttp://ameblo.jp/mellowxship/


    0 0

    井上苑子が3月16日発売する1stアルバム「Hello」の購入者を対象としたスペシャルイベントが、2016年5月7日に東京・渋谷 TSUTAYA O-nestにて実施されることが決定した。

    全国のTSUTAYAにてアルバム「Hello」購入した人の中から、抽選でスペシャルイベントに100組200名を招待する。

    イベント情報
    日時:2016年5月7日(土)
    会場:東京・渋谷 TSUTAYA O-nest
    開場:12:30/開演:13:00(予定)
    イベント内容:井上苑子ライブ
    応募期間:4月10日(日)消印有効
    当選者数:100組200名
    <応募方法>
    TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)、TSUTAYAオンラインショッピングにて3月16日(水)発売、井上苑子「Hello」(UPCH-20414/UPCH 29215/UPCH 29216)をお買い上げ頂いたお客様に、専用応募ハガキをお渡し致します。ハガキに必要事項を明記して頂き、ご応募頂いた方の中から抽選で上記LIVEにご招待致します。

    ※応募詳細は、購入時にお渡しする応募ハガキをご覧ください。
    ※応募ハガキ配布は先着順の為、なくなり次第終了となります。
    ※応募ハガキ配布は一部店舗を除きます。
    ※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが専用応募ハガキ付与対象となります。

    関連リンク
    井上苑子 オフィシャルサイトhttp://www.inoue-sonoko.com
    ■井上苑子 ユニバーサルミュージックオフィシャルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/inoue-sonoko
    井上苑子 ブログhttp://ameblo.jp/sonoko-i/
    井上苑子 Twitterhttps://twitter.com/inouesonoko
    ■井上苑子 Twitcashttp://twitcasting.tv/inouesonoko


    0 0

    4月27日に発売されるニコルの1stアルバム「bliss(ブリス)」の詳細が明らかになった。また、最新のアーティスト写真も公開された。

    タイトルの「bliss」とは“至福”“無上の幸福”“無上の喜び”という意味を表し、その言葉の通り、アルバムを聞いてくれた人に「無上の喜びと至福の時間を感じてもらいたい」というニコルの願いがこもった作品になっている。

    収録曲は、デビューシングルの「Something Special」や、2月に発売された2ndシングル「DON’T STOP」を含む全13曲(通常盤のみボーナストラックが追加されている)を収録、ダンスシンガーであるニコルが得意とするダンスナンバーから、バラード、ミディアムソングなど、様々なジャンルに挑戦している。

    また、今回の発表された新ビジュアルは、これまでの原色が目を引く衣装ではなく、ホワイトシャツというシンプルなスタイルとなり、素顔のニコルを写した落ち着いた雰囲気となっている。

    リリース情報
    1stアルバム「bliss」
    2016年4月27日発売
    全3タイプ
    通常盤(CD)VBCJ-60003 3,240円(税込)
    初回限定盤A(CD+DVD)VBZJ-14 3,996円(税込)
    初回限定盤B(CD+ブックレット)VBZJ-15 3,780円(税込)
    <収録内容>
    【CD】
    1, Precious Time
    2, HAPPY
    3, Wonderful baby
    4, Lunar
    5, Say Good Bye
    6, Lucky Day
    7, Need A Love
    8, Memories
    9, recall
    10, Something Special
    11, DON’T STOP
    12, Dream Of Love
    13, MAMA-Japanese Ver.- (Bonus Track)※通常盤のみボーナストラック収録
    【DVD】
    HAPPY Music Video + Making Film + おまけ映像集
    【ブックレット】
    豪華36Pブックレット封入

    関連リンク
    ニコル 日本オフィシャルサイトhttp://nicole-cjve.jp/


    0 0

    防弾少年団が3月15日に発売する日本6thシングル「RUN-Japanese Ver.-」のミュージックビデオが公開された。

    ミュージックビデオは、モダンな空間で繰り広げるダンスパフォーマンスと、ソロシーンでは見る人の視線を奪う各メンバーの演技とともに“割れた鏡”や“水”、“羽”など、各シーンに登場する要素が重要な役割を果たしており、感情を形象化する夢幻的な映像作品に仕上がっている。

    なお、このCD発売日と同日に昨年12月に開催した初の単独アリーナ公演のライブDVD&Blu-ray「2015 BTS LIVE ~Japan Edition~ at YOKOHAMA ARENA」を発売も決定している。

    「RUN -Japanese Ver.-」ミュージックビデオ

    リリース情報
    シングル「RUN-Japanese Ver.-」
    2016年3月15日発売

    初回限定盤(CD+DVD)PCCA-04360 1,700円(税込)

    通常盤(CD Only)PCCA-04361 1,300円(税込)

    Loppi・HMV限定盤(※数量限定商品)(CD+GOODS)BRCA-00072 2,000円(税込)

    防弾少年団SHOP盤(※数量限定商品)(CD Only)SCCA.00039 1,300円(税込)

    ライブDVD & Blu-ray「2015 BTS LIVE ~Japan Edition~at YOKOHAMA ARENA」
    2016年3月15日発売

    DVD(2枚組) PCBP.52416 6,200円(税込)

    Blu-ray PCXP.50396 7,200円(税込)

    関連リンク
    防弾少年団 オフィシャルサイトhttp://bts-official.jp/
    防弾少年団 オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/BTS_jp_official


    0 0

    アニメソング・特撮ソングを中心とした音楽ユニット・サイキックラバーが、3月27日(日)に東京・HOLIDAY SHINJUKUにて「サイキックラバーLIVE2016“Spring Sprinter”」を行う。サイキックラバーにとって、2016年一発目となる記念すべきワンマンライブだ。

    サイキックラバーは、ヴォーカル・YOFFYとギター・IMAJOによるロックユニットだ。2003年に『超ロボット生命体 トランスフォーマー マイクロン伝説』の主題歌「TRANSFORMER-Dream Again」でメジャーデビュー。以降、『特捜戦隊デカレンジャー』や『侍戦隊シンケンジャー』、『ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU』や『カードファイト!! ヴァンガード リンクジョーカー編』など、数々のアニメ・特撮ソングを手がけてきた。

    またユニットとしての活動だけでなく、ソロでの活躍も幅広く行っている。IMAJOは、ギタリストとして様々なアーティストたちのバックを彩ってきた。3月13日(日)東京・TSUTAYA O-EASTにて開催される奥井雅美のワンマンライブ「Masami Okui Birth Live 2016~TURNING POINT~」へバンドのギタリストとしのて出演も決定している。
    奥井のバースデーライブに毎年ギタリストとして参加してきたIMAJOは「今年で奥井さんが毎年のバースデーライブを一旦辞めるそうです。そんな貴重なライブにギタリスト参加出来て光栄です」とコメントを発表している。

    一方、YOFFYもボーカルとして多方面で活躍中だ。2016年1月20日に発売されたアルバム『戦国BASARA 武将テーマ ボーカルコレクション』では、「伊達政宗のテーマソング」と「千利休のテーマソング」を担当。そのほかモバイルゲーム『天使と悪魔と秘密のガーデン』にて、主題歌「Miracle of Love」をfeat.YOFFY(サイキックラバー)として歌唱。
    そのほか、アフィリア・サーガの最新シングル「いつか見た虹のその下で」のカップリング楽曲「Castaway~神話が生まれるよりずっとまえから~」の作詞を担当し、作家としてアイドルの世界へも進出した。

    3月27日の「サイキックラバーLIVE 2016 "Spring Sprinter"」は、サイキックラバーの今年一発目のワンマンライブとなる。ふたりからコメントが届いており、YOFFYはデビューまでを振り返りつつ「レパートリーも膨大な曲数になってきて、ライブの選曲は毎回『新しいBEST盤』をつくるみたいな感覚です、これが悩みまくってけっこう大変! もう間違いなく、ヘタな小細工なしのみんながHAPPYになれるステージをつくりあげたいと思います」と意気ごみを語る。
    一方IMAJOは、“ライブは生き様を見せるのと同じ”だとしたうえで「サイキックラバーはアマチュアの頃からライブをたくさん行ってきたライブバンドです。今回も僕たちの本気を全身で感じてもらい、皆さんで楽しみましょう!」とファンに呼びかけている。

    「サイキックラバーLIVE 2016 "Spring Sprinter"」は、3月27日(日)にHOLIDAY SHINJUKUにて開催。チケットは前売り券が5000円、イープラスにて一般発売を行う。

    【関連写真】サイキックラバー、2016年一発目のワンマンライブ「Spring Sprinter」 3月27日新宿にて開催

    ■関連記事
    ささきいさお、新曲をデビュー55周年アンコールライブで初披露 畑亜貴作詞
    アイマス、アイカツ!、WUG一同集結の音楽ライブ 「MONACAフェス2016」4月30日開催決定
    アニメと音楽のエンタメ施設“アニON STATION”ナムコが展開 第1弾は「ラブライブ!」
    台湾からμ'sが届く 「ラブライブ!」ファンミーティングのライブビューイング決定

    0 0

    4月27日にシングル「RUN and RUN」でメジャーデビューを控えている、女性6人組HIPHOPアイドルユニットlyrical school。

    先日、新宿BLAZEで行われたワンマンライブでは「RUN and RUN」が、まさにスタートダッシュで披露され観客をおおいに湧かせた。同時にランナー風の新しい衣装も解禁され、メジャーファーストシングルにむけて期待が高まっているなか、待望のジャケット写真と収録曲の詳細が一挙に公開された。

    写真はそれぞれメンバーが、ストレッチをしている初回盤とクラウチングスタート体勢の通常盤となっており、メジャーへ向けての意気込みがうかがえる。

    またカップリング曲には、ALI-KICK(ROMAN CREW)作詞作曲による「リリスクのうた」の収録が決定。初回限定盤には、人気曲「brand new day」「S.T.A.G.E」をhime参加によるリテイクバージョンが収録される。リリース翌日の4月28日には、神奈川・川崎CLUB CITTA’で、リリースライブが行われる。

    リリース情報
    「RUN and RUN」4月27日(水)発売
    発売元:キングレコード

    通常盤 KICM-1670 定価 1,000円(+税)
    1.RUN and RUN
    2.リリスクのうた
    3.RUN and RUN (INST)
    4.リリスクのうた (INST)

    初回盤 KICM-91669 定価 1,500円(+税)
    1.RUN and RUN
    2.リリスクのうた
    3.brand new day 2016
    4.S.T.A.G.E 2016
    5.RUN and RUN (INST)
    6.リリスクのうた (INST)

    「RUN and RUN」 作詞/岩渕竜也 作曲/SUI 編曲/SUI
    「リリスクのうた」 作詞,作曲/ALI-KICK
    「brand new day」 作詞/LITTLE 作曲/A×S×E
    「S.T.A.G.E」 作詞/岩渕竜也 作曲/橋田和馬 編曲/Fragment

    関連リンク
    lyrical school オフィシャルサイトhttp://lyricalschool.com/
    lyrical school オフィシャルTwitter@lyri_sch


    0 0

    第一興商は、「卒業」や「転勤・異動」など、新たな門出を祝う機会が多いシーズンを迎え、通信カラオケDAMにおける「送別会」ソングのカラオケリクエストランキング調査を実施。調査の結果、当ランキングの1位を獲得したのは山口百恵の「いい日旅立ち」となった。

    1978年11月にリリースされた本曲は、情緒溢れる曲調と感慨深い歌詞が絶妙にマッチしており、38年経った今でも多くの人に歌われ続けている。また、作詞・作曲した谷村新司自身がカバーした同曲も7位にランクインしており、男女問わず人気が高いことがうかがえる。

    2位の尾崎豊「卒業」は、1985年1月にリリースされ、当時、歌詞に共感した多くの学生に支持された。学生にとっての卒業ソングの定番として、今も歌い継がれている。

    3位の荒井由実「卒業写真」は、静かなバラード調と切ない歌詞が印象的な曲。この曲は、18位にランクインしているハイ・ファイ・セットのデビューシングルとして1975年に発売されたが、同年に作詞・作曲を手がけた荒井由実がセルフカバーしている。17位の徳永英明、21位の浜崎あゆみのほか、いきものがかりやコブクロなど数多くの有名アーティストにカバーされており、今でも根強い人気があることがわかる。さらに、5位にランクインした「旅立ちの日に」は、卒業式の定番合唱曲として人気が集まった。

    なお、デジタル音楽放送『スターデジオ』(スカパー!プレミアムサービス Ch.400)にて、このランキングに関連した番組を3月27日に放送予定。

    「送別会」ソング DAMカラオケリクエストランキング
    調査期間:2015年3月1日〜2016年2月29日
    株式会社第一興商 通信カラオケDAM調べ
    ・1位〜10位

    ・11位〜20位

    ・21位〜30位

    関連リンク
    ■第一興商http://www.dkkaraoke.co.jp/


older | 1 | .... | 1108 | 1109 | (Page 1110) | 1111 | 1112 | .... | 1145 | newer