Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

オトナにおくる、アメーバニュース。スポーツやビジネス、デジタルの情報からグラビア・アイドル、政治・社会ニュースまで、webで話題になっているニュースを配信します。

older | 1 | .... | 1121 | 1122 | (Page 1123) | 1124 | 1125 | .... | 1145 | newer

    0 0

    2015年9月に、アニメーション制作を担当していたマングローブの経営破綻により公開延期をしていた『虐殺器官』の続報が明らかになった。『虐殺器官』はフジテレビの「ノイタミナ」ブランドを掲げるノイタミナムービーの1本だが、2016年3月17日に東京・お台場のイタミナショップ&カフェシアターで開催されたノイタミナプロジェクト発表会2016で明らかになった。
    同日、Project Itoh公式サイトでは、新たなティザーPVが公開された。ナレーションは主人公クラヴィス・シェパード役の中村悠一が担当し魅力たっぷりだ。新しい体制で、作品の制作が順調に進んでいることをアピールしている。

    『虐殺器官』は、夭折のSF作家・伊藤計劃が関わった3つの長編小説を連続してアニメ映画化するProject Itohの1本として2015年11月に公開を予定していた。しかし、マングローブの経営破綻で制作が中断、その後、元フジテレビのプロデューサーで、本作のチーフプロデューサーである山本幸治氏が設立したアニメスタジオのジェノスタジオが制作を引き継いだ。
    制作継続後、しばらく発表が途絶えていたが、今回、その後も継続してプロジェクトが続いていることが明らかになった。公開時期の発表はなかったが、今後の展開が期待される。

    一方、ファンにとっての朗報は、これまで発表されてきたスタッフ、キャストが続投することだろう。監督・脚本には村瀬修功、キャラクター原案にredjuiceほか、実力派スタッフが並ぶ。
    キャストは中村悠一のほか、三上哲、梶裕貴、石川界人、大塚明夫、小林沙苗、櫻井孝宏らだ。Project Itohの最後を飾る1本、『虐殺器官』の公開が待たれる。

    『虐殺器官』
    原作: 「虐殺器官」伊藤計劃(ハヤカワ文庫JA)

    [スタッフ]
    監督・脚本: 村瀬修功 
    キャラクター原案: redjuice
    デザインワークス: 荒牧伸志 山根公利 臼井伸二 神宮司訓之/ 田正樹
    美術監督: 田村せいき 
    撮影監督: 山田和弘 中西康祐
    色彩設計: 茂木孝浩 
    CGディレクター: 増尾隆幸 
    アフレコ演出: 長崎行男
    編集: 長坂智樹 
    音楽: 池頼広
    アニメーション制作: ジェノスタジオ
    (C)Project Itoh / GENOCIDAL ORGAN

    [キャスト]
    クラヴィス・シェパード: 中村悠一
    ウィリアムズ: 三上哲
    アレックス: 梶裕貴
    リーランド: 石川界人
    ロックウェル: 大塚明夫
    ルツィア: 小林沙苗
    ジョン・ポール: 櫻井孝宏

    【関連写真】「虐殺器官」が新ティザーPV公開 スタッフ続投で制作進行中

    ■関連記事
    山本幸治氏が新アニメスタジオ「ジェノスタジオ」設立 『虐殺器官』を制作、中国の絵梦との協業も予定
    映画「虐殺器官」制作再開、2016年完成を目指す 山本幸治Pが新スタジオ「ジェノスタジオ」設立
    Project Itoh「虐殺器官」の公開延期発表、「ハーモニー」の公開日を繰り上げ
    伊藤計劃「虐殺器官」「ハーモニー」アニメ化決定 伝説のSF小説が2015年劇場に

    0 0

    アニメ『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の第4話が4月22日より配信されることになった。3月18日に第3話が配信されたが、これに合わせての発表だ。
    次回第4話がシリーズ最終回となる。新作アニメを配信でスタートとの試みを行った本作もいよいよ完結に向かう。

    第4話は、これまでのシリーズとほぼ同じ全編約18分で描かれる。ストーリーも映像も、少し濃いめでたっぷりと凝縮された作品だ。
    配信はガンダムファンクラブで4月8日より先行スタート、その後は各配信サイトで4月22日より配信となる。TVOD配信(レンタル配信)は税別で400円、EST配信(セル配信)は税別で800円。セル配信は第4話に、約18分にわたる特典映像「一年戦争に挑んだ者たち~Documentary of Thunderbolt~#4」が加わる。セル配信はPlaystation Video、Amazon ビデオ、TSUTAYA TV、ひかりTV、bonobo、楽天ショウタイムで取り扱っている。

    物語は過酷な状況に追い込まれるキャラクターたちが、どの様な運命を迎えるのかが見どころだ。フルアーマー・ガンダム、サイコ・ザク、と役者が出そろい、いよいよクライマックスになる。ダリルとイオの戦いやドラマはもちろん、モビルスーツのアクションも注目だ。

    『機動戦士ガンダム サンダーボルト』は「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で太田垣康男が連載する同名作品を漫画原作とする。単行本は第7巻までで累計発行部数160万部を超える。アニメ化は2015年秋にスタート、制作にあたっては『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』のサンライズ第1スタジオのスタッフが集結している。
    2015年12月より第1話が配信され、そのクオリティの高さもり、大ヒットを記録している。

    『機動戦士ガンダム サンダーボルト』
    (C)創通・サンライズ

    【関連写真】「機動戦士ガンダム サンダーボルト」4月22日より第4話配信 いよいよ完結へ

    ■関連記事
    「機動戦士ガンダムUC」から完全新作映像 お台場に登場
    「機動戦士ガンダム サンダーボルト」メカニカルデザイン仲盛文氏インタビュー PS Video特設サイトに掲載
    「ガンダムさん」発売記念イベント決定 作者、アニメ声優・スタッフも集結
    元祖SDガンダムワールドが20年ぶりに復活 第1弾は最強戦士「ガンキラー」

    0 0

    吉田山田の代表曲として知られる「日々」が、NHK『みんなのうた』にて今春の4月〜5月にかけて5度目となる再放送が決定した。

    同曲は、13年12月〜14年1月にNHK『みんなのうた』でオンエアされ、同年12月にシングルリリース。放送を見た視聴者からアニメーションと楽曲の世界観がリンクした映像に「泣ける」「感動した」といった声がSNSや口コミで話題となり、多数のリクエスト、問い合わせが寄せられた。その反響を受けて、14年2月、4月、9月、15年2月〜3月と再放送がなされ、今回が5度目の再放送となる。

    日々 / 吉田山田【MUSIC VIDEO】

    番組情報
    NHK『みんなのうた』
    <「日々」4月・5月再放送>
    総合テレビ:月曜日4:15〜、水曜日10:55〜
    Eテレ:木曜日12:55〜
    ラジオ第2:水曜日9:05〜、 土曜日15:40〜

    関連リンク
    吉田山田 オフィシャルサイトhttp://yoshidayamada.com/
    吉田山田 オフィシャルモバイルサイトhttp://m.yoshidayamada.com/
    ■吉田山田 オフィシャル YouTube チャンネルhttp://www.youtube.com/user/yoshiyamaofficial
    吉田山田 facebookhttps://www.facebook.com/yoshidayamada.official
    ■吉田山田 オフィシャル Twitterhttps://twitter.com/yoshidayamada
    ■吉田山田 オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/yoshida-yamada/
    ■山田義孝 Twitterhttps://twitter.com/yamadayositaka
    ■山田義孝 Instagramhttps://instagram.com/yamadayositaka/
    ■「吉田山田47都道府県ツアー~二人また旅2016~」特設サイトhttp://yoshidayamada.com/47tour/index.html


    0 0

    2018年のデビュー30周年に向け、昨年よりカウントアップのPremium Liveを行っているSING LIKE TALKING。

    2015年は、「27/30 シング・ライク・ストリングス」と題して、ストリングスをフィーチャーしたライブを開催。そして、今年、2016年、プレミアムライブの第2弾は、8月にホーン・セクションをフィーチャーした「SING LIKE TALKING Premium Live 28/30 Under The Sky 〜シング・ライク・ホーンズ〜」の開催が決定した。

    タイトルに「Under The Sky」とあるように、“28年のキャリアにして初”の野外での単独公演となることも大きなトピックスである。日本を代表するトップミュージシャンによるバンドに加え、「FIRE HORNS」、「ERIC FUKUSAKI」も参加し、よりダイナミックなライブとなる。

    また、2015年10月に東京・昭和女子大学 人見記念講堂にて開催されたプレミアムライブ第1弾「SING LIKE TALKING Premium Live 27/30〜シング・ライク・ストリングス〜」が“ライブムービー”「SING LIKE TALKING LIVE MOVIE-Strings of the night-」として全国の劇場にて舞台挨拶付上映が決定した。

    SING LIKE TALKING のLIVEはどのように作られていくのか? ツアー参加各ミュージシャンとともに、ストリングスのアレンジやサウンド創りに向き合うメンバー3人を実際のLIVE映像を基軸にしながら、メンバー及びミュージシャン個々の音楽への思いなど、リアルで興味深いインタビュー映像を織り交ぜた“ライブムービー”となっている。なお、東京・大阪に関しては期間限定で上映も行う予定。

    そして、この映画の主題歌として6月にはホーンをフィーチャーした待望のニューシングルのリリースも決定している。詳細は後日アナウンスされる。

    SING LIKE TALKING Premium Live 28/30 TEASER

    SING LIKE TALKING LIVE MOVIE -Strings of the night- TEASER

    ライブ情報
    「SING LIKE TALKING Premium Live 28/30 Under The Sky 〜シング・ライク・ホーンズ〜」
    <東京公演>
    日時:2016年8月6日 (土) 17:15 開場 / 18:00 開演
    会場:日比谷野外大音楽堂
    チケット:7,800円 (税込) 全席指定 *未就学児童入場不可
    一般発売:2016年7月2日 (土) *雨天決行、荒天中止

    <大阪公演>
    開催日時:2016年8月13日 (土) 16:15 開場 / 17:00 開演
    会場:大阪城野外音楽堂
    チケット:7,800円 (税込) 全席指定 *未就学児童入場不可
    一般発売:2016年7月2日 (土) *雨天決行、荒天中止

    <バンドメンバー>
    Dr. 江口 信夫
    B. 松原 秀樹
    Per. 大儀見 元
    Pf 塩谷 哲
    Cho. 露崎 春女
    Cho. & G. ERIC FUKUSAKI
    Trumpet Atsuki  (FIRE HORNS)
    Saxophone Juny-a (FIRE HORNS)
    Trombone Tocchi (FIRE HORNS)

    佐藤竹善(SING LIKE TALKING) コメント
    昨年のストリングスをフィーチャーしたプレミアムライブに続いて、今年はホーン・セクションでの、それも初野外ライブということで、あらためて長年のぼくらの多彩なチャレンジが、「実感」としてみなさんのファンでいてくださる事への誇りとしていただけるような内容になれたなら幸いと思っています。

    ライブムービー情報
    「SING LIKE TALKING LIVE MOVIE-Strings of the night-」
    CAST:
    SING LIKE TALKING(佐藤竹善/藤田千章/西村智彦)/江口信夫/高水健司/大儀見 元/塩谷 哲/露崎春女/今野 均/金原ストリングス
    主題歌:SING LIKE TALKING
    監督:野田真也
    制作プロダクション:ビッグバード 
    配給協力:KADOKAWA
    企画・配給:ユニバーサル コネクト
    企画・製作:ユニバーサル J
    ©2016 UNIVERSAL MUSIC LLC.

    料金:
    舞台挨拶付上映 2,800円(税込)
    通常上映 1,800円(税込)
    ※均一料金(割引対象外)
    Web先行受付URL:https://www.funity.jp/u-connect/
    ※お申込みには「U-CONNECT」への会員登録(無料)が必要となります。

    <舞台挨拶付上映スケジュール>
    5月15日(日) 石川・イオンシネマ金沢フォーラス 13:00〜
    5月21日(土) 愛知・109シネマズ名古屋 10:00〜
    5月21日(土) 兵庫・109シネマズHAT神戸 16:00〜
    5月22日(日) 広島・イオンシネマ広島 10:00〜
    5月22日(日) 香川・イオンシネマ綾川 15:30〜
    5月28日(土) 北海道・札幌シネマフロンティア 13:00〜
    5月29日(日) 青森・青森コロナシネマワールド 12:00〜
    5月29日(日) 宮城・MOVIX仙台 17:00〜
    6月11日(土) 大阪・あべのアポロシネマ 13:00〜
    6月12日(日) 東京・角川シネマ新宿 (1)10:30〜・(2)13:00〜
    6月12日(日) 神奈川・イオンシネマみなとみらい 16:00〜
    6月18日(土) 福岡・ユナイテッドシネマキャナルシティ13 13:00〜
    6月19日(日) 宮崎・セントラルシネマ宮崎 15:00〜
    ※舞台挨拶は、上映後に実施いたします。全舞台挨拶にお見送り握手会開催いたします。
    ※東京&神奈川&名古屋&大阪はメンバー3名。その他地域は佐藤竹善1人の登壇予定です。

    <通常上映>
    6月11日(土)〜6月17日(金) 
    東京・角川シネマ新宿
    大阪・あべのアポロシネマ
    ※舞台挨拶付上映がある日程は、通常上映はございません。

    関連リンク
    SING LIKE TALKING オフィシャルWEB:http://singliketalking.jp


    0 0

    先日、6月からの全国ツアーを発表したばかりの4ピースバンドLAMP IN TERRENが、5月3日に1stシングル「innocence/キャラバン」をリリースすることが発表された。さらに今作に収録される「innocence」が劇場第2部『亜人 -衝突-』(5月6日より3週間完全限定公開)主題歌として起用されることも合わせて発表された。

    「亜人 -衝突-」は現在講談社『good!アフタヌーン』にて連載中の累計発行部数400万部を超える人気コミック「亜人」の劇場アニメ3部作の第2部。その主題歌として書き下ろされた「innocence」はヴォーカル松本大の強い意志が感じられる芯のある歌声、疾走感のあるメロディとサウンドが印象的な楽曲となっている。

    初のシングル作品となる今作は、昨年7月にリリースされたアルバム「LIFE PROBE」以来、約10ヶ月振りのリリースとなっており、昨年10月にバンド創設メンバーのギター大屋真太郎が復帰し、4人体制となってから作られたバンドの新しい原点ともなる曲「キャラバン」、そして「とある木洩れ陽より」を含む計3曲が収録される。また、初回限定盤DVDには昨年10月から行われた、彼らの記念すべき1stワンマンツアーに密着したドキュメンタリー映像が約1時間に及ぶ大ボリュームで収録される。

    松本 大(LAMP IN TERREN)コメント
    初めて「亜人」という作品を読んだ時に「現実と結構近い」と感じました。有り得ない話のようで、普段抱える疑問や悩みにとても近かった。もしかすると生まれる場所は選べなかったのかもしれないという事、"始まり"と同時に"終わり"という存在が絶対に出現するという事、運命からは逃れられないかもしれないという事。それでも選んでいかなきゃいけないし、選んでいるのはいつも自分で、正しいと願って進まなきゃいけないと思うのです。そんな想いがリンクして"innocence"は生まれてきたのだと思います。この楽曲が映画とセットになるとどうなるか僕もワクワクしています。ちゃんと主題歌として機能できるかな……。ぜひ劇場に確かめに行ってみてください。よろしくお願いします。

    リリース情報
    シングル「innocence/キャラバン」
    2016年5月3日発売
    初回限定盤(CD+DVD)AZZS-45 1,800円+税
    通常盤(CD)AZCS-2051 1,200円+税

    収録曲
    M1:innocence(劇場第2部『亜人 -衝突-』主題歌)
    M2:キャラバン
    M3:とある木漏れ陽より

    初回限定盤DVD収録内容
    「THE DOCUMENTARY OF THE FIRST ONE MAN TOUR “BLUESYARD 〜landing probe tour 2015〜”」
    2015年に行われた1stワンマンツアー「BLUESYARD〜landing probe tour 2015〜」に密着した約1時間のツアードキュメンタリー映像

    CDショップ特典
    タワーレコードオリジナル特典:オリジナルロゴステッカー タワーレコードver.
    その他CDショップ特典:オリジナルロゴステッカー

    映画情報
    劇場アニメ3部作 第2部『亜人 -衝突-』
    5月6日(金)〜5月26日(木)3週間完全限定公開

    関連リンク
    LAMP IN TERREN オフィシャルサイトhttp://www.lampinterren.com/
    LAMP IN TERREN Twitterhttps://twitter.com/lampinterren
    LAMP IN TERREN Facebookhttps://www.facebook.com/LampInTerren


    0 0

    タワーレコード新宿店始動のアイドル企画「NO MUSIC, NO IDOL?」VOL.113にて、4月20日に3rd アルバム「穴空」(アナーキー)を発売する私立恵比寿中学とのコラボレーションが決定した。

    アルバム発売の前日となる4月19日より、タワーレコードおよびTOWERmini全店(タワーレコード オンライン除く)にて、コラボレーションポスターを掲出する。

    タワーレコードとのコラボレーションは今回で2回目となり、タワーレコード新宿店で撮り下ろした写真にメッセージが入ったオリジナルポスター(B2サイズ)を制作。同ポスターは、アルバム「穴空」を対象店舗(タワーレコードおよびTOWERmini全店)にて予約者優先で購入すると先着でプレゼントされる。

    リリース情報
    アルバム「穴空」
    2016年4月20日発売

    初回生産限定盤A(Blu-ray+CD)SECL-1844〜45 4,800円(税込)
    ※トレカ封入(全9種のうち1種ランダム)

    初回生産限定盤B(2CD)SECL-1846〜47 3,600円(税込)
    ※トレカ封入(全9種のうち1種ランダム)

    通常盤(CD)SECL-1848 3,000円(税込)
    ※初回仕様あり、トレカ封入

    関連リンク
    タワーレコードインフォメーションhttps://twitter.com/TOWER_Info
    タワーレコード オンラインhttp://tower.jp/


    0 0

    コンテンツ分野のクリエイター教育で定評のあるアミューズメントメディア総合学院が、アニメやゲームのCG、そしてライトノベル分野の人材育成を強化する。2017年4月の開講を目指してアニメ・ゲーム3DCG学科とノベルス創作学科を設立することを明らかにした。時代のニーズに合わせることで、即戦力のクリエイター育成を目指すという。
    アミューズメントメディア総合学院は1993年に設立、多分野クリエイター・アーティスト・プロデューザー教育を中心にコンテンツ分野を広く手がけている。いち早く時代のニーズを掴んだカリキュラムに特徴がある。

    新たに設けられるアニメ・ゲーム3DCG学科は、様々なジャンルで必要不可欠になっている3DCGの技術の教育をする。イラストレーター、アートディレクター、グラフィッカーなどで3Dに特化した人材育成を目標とする。デッサンを重視した基礎作画、背景、アイコンなどのグラフィック技術や、Photoshop、Maya、Zbrushといったソフトウェアの使い方を学ぶ。
    実践講座もカリキュラムの特徴になる。「企業タイアップカリキュラム」として企業から課題が出され、学生はプロと同様に1週間で制作を行う。その成果を企業側が講評する講義では、より実戦に即したカリキュラムが用意する。

    ノベルス創作学科は、プロ作家や編集者が小説全般の知識と技術を講義するものだ。こちらもプロを目指すもので、新人賞受賞などを目指す。小説を書き上げるための訓練や新人賞投稿サポート、学内での産学共同プロジェクトによるデビューコンペでなどを実施する。卒業後も週一回のマスターコースで講義を行うという。デビューに至るまでのサポートを売りとする。
    ノベルス創作学科の前身であるノベルス学科は、これまでにもライトノベルを中心に多くの卒業生作家を輩出している。こうした経験を新学科にもつなげる。
    [高橋克則]

    ■関連記事
    演出・プロデュースを学ぶNUNOANI塾 4月からの4期生募集説明会、2月27日開催
    無料CG講座「3D虎の穴」説明会開催 即戦力レベルまでスキルアップ
    「キルラキルができるまで」 トリガー取締役・舛本和也が特別講義に登壇
    日活 AMGグループから国際版権・営業事業を継承

    0 0

    ディオメディアが、AnimeJapan 2016での出展ブースでの内容を発表した。ディオメディアは、『艦隊これくしょん-艦これ-』や『美男高校地球防衛部LOVE!』など人気作のアニメーション制作会社。今回は26、27日の2日間メインエリアにブース出展する。

    目玉となるのは、2016年4月より放送する『迷家-マヨイガ-』。新作グッズの先行販売やそのPV上映をする。話題の新作アニメだけに、注目を集めそうだ。
    物販は缶バッジや、タペストリー、マグカップなど。アニメ放送に先駆けてグッズを入手できる。他にもカット袋風の封筒とクリアファイルセットも用意されつ。アニメ制作のスタッフ気分を味わうことができる。

    『迷家-マヨイガ-』は3月26日にオープンステージでスペシャルトークショーを実施する。メインキャストである酒井広大と相坂優歌が登壇予定だ。放送に向けたトークが期待される。こちらも注目したい。
    テレビアニメ『迷家-マヨイガ-』は2016年4月よりWOWOW、MBS・TBSほかアニメイズム枠で放送されるオリジナル作品だ。監督を『SHIROBAKO』や『監獄学園』、『ガールズ&パンツァー』を手掛けた水島努が務める。脚本には『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や『心が叫びたがってるんだ。』の岡田麿里が担当し、豪華スタッフとなっている。

    AnimeJapan 2016
    ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
    メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
    場所: 東京ビッグサイト

    『迷家-マヨイガ-』
    (C)diomedea・Ponycanyon/project迷家

    【関連写真】ディオメディアがAnimeJapan 2016に出展 「迷家-マヨイガ-」グッズ先行販売が注目 

    ■関連記事
    「迷家ーマヨイガー」がクラウドファンディング利用で後援会設立 声優と聖地巡礼ツアー等
    「迷家-マヨイガ-」アニメイズムとWOWOWで4月放送開始 キャスト・アーティストも公開
    WOWOWに新作アニメ枠「アニメプレミア」 第1弾「迷家-マヨイガ-」、第2弾「ベルセルク」
    水島努×岡田麿里がタッグ 新作TVアニメ「迷家」2016年春放送スタート

    0 0

    3月24日に待望のファーストアルバム「HOCUS POCUS」をリリースするNissy(西島隆弘)「SUGAR」が先行配信開始された。

    3年前突如youtube上にアップされた後のファーストシングル「どうしようか?」から始まったNissy第1章の集大成と言っても過言ではないアルバムが遂に完成した。

    先月公開された「SUGAR」のミュージックビデオでは仮面舞踏会を舞台として繰り広げられる男女の駆け引きがテーマとなっており、Nissyのミュージックビデオ史上最もアダルティで過激な内容となっており、話題を呼んでいた。

    なお、2年ぶりにテレビドラマに出演しているフジテレビ系列月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」は3月21日に最終回を迎える。

    Nissy(西島隆弘)「SUGAR」 MusicVideo short ver.

    配信情報
    「SUGAR」
    iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/id1089817540?app=itunes&ls=1

    リリース情報
    「HOCUS POCUS」
    2016年3月24日発売

    【CD+DVD】XNSC-24007C 4,320円(税込)

    【CD】XNSC-24008B 2,400円 (税込)
    販売サイト:http://shop.mu-mo.net/a/list1/?artist_id=NISSX

    関連リンク
    ■Nissy(西島隆弘)オフィシャルサイトhttp://avex.jp/nissy/


    0 0

    乃木坂46の3月23日に発売される14thシングル「ハルジオンが咲く頃」初回仕様限定(CD+DVD)盤Type-Aに収録される深川麻衣ソロ曲「強がる蕾」と、Type-Dに収録されるアンダーメンバー曲「不等号」のミュージックビデオが、期間限定でフルサイズ公開された。

    2月上旬に横須賀市で撮影された「強がる蕾」は、メンバー内で“聖母”と呼ばれる深川麻衣は街の人気者だけでなく、ゴミを集めて作品を作るアーティストとしてをテーマに、深川麻衣の人間性がたっぷりと垣間見れる作品となっている。今までリヤカーを引く経験がなかった深川は、撮影が進むにつれ、どんどん上達していったというエピソードも披露された。

    今作は、「THE SUN AND THE MOON」でLouis Vuitton主催の国際的映画コンテスト「Journeys Awards」で、審査員グランプリを受賞した映画監督・脚本家の真壁幸紀氏が監督として映像を手掛けた。

    続いて、2月上旬に埼玉県の民家で撮影された「不等号」は、姿が見えない少女が恋を抱くも想いを伝える事が出来ず、受け入れるしかない現実と、想いに苦しむ姿を描いた作品となっている。撮影日の前日は関東地区で雪が降り、庭や地面に雪が残った状態で、ダンスシーンのリハーサルが行われたとのこと。

    今作は、2016年6月に黒沢清監督と共同脚本をつとめた映画「クリーピー」が公開予定の映画監督・脚本家の池田千尋氏が監督として映像を手掛けている。

    乃木坂46 『強がる蕾』

    乃木坂46 『不等号』

    リリース情報
    4thシングル「ハルジオンが咲く頃」
    2016年3月23日発売
    【初回仕様限定(CD+DVD盤)】

    Type-A SRCL-9025~9026 1,650円(税込)

    Type-B SRCL-9027~9028 1,650円(税込)

    Type-C SRCL-9029~9030 1,650円(税込)

    Type-D SRCL-9032~9033 1,650円(税込)
    ※Type-A~D各タイプ共通 封入特典
    ・全国イベント参加券or スペシャルプレゼント応募券
    ・メンバー生写真1種(各タイプ別 全36種類のうち1種ランダム封入)

    【通常盤】SRCL-9031 1,050円(税込)
    ※通常盤には特典DVD及び封入特典はございません。

    関連リンク
    乃木坂46 オフィシャルサイトhttp://www.nogizaka46.com/
    乃木坂46 オフィシャルYouTubeチャンネルhttp://www.YouTube.com/nogizaka46SMEJ


    0 0

    約2年ぶりとなるオリジナルアルバム「PROUD」を3月30日にリリースする清水翔太が、青山テルマ、SALUをフィーチャリングアーティストとして迎えた新曲「MONEY feat.青山テルマ,SALU」のミュージックビデオを公開した。

    レコーディングのシーンは、実際に都内のレコーディングスタジオで行なわれたボーカル録りと並行して撮影され、リアルタイムで進んでいくレコーディングを追いかけた貴重な映像となっている。

    当日は清水翔太の誕生日間近だった為、本人が一人で録音ブースに入っている間に、ゲストアーティスト2名からサプライズで誕生日ケーキを用意をする一幕もあり、終始リラックスしたムードでの撮影となった。

    清水翔太本人が「ラップを聴いて、自分の作品でも絶対にラップをいれてもらおう」と語るように、フィーチャリングを熱望した青山テルマと、シーンに登場した当初から注目し続けるSALUをゲストに迎え完成した、拝金主義に対するアンチテーゼともとれる曲となっている。

    清水翔太 『MONEY feat. 青山テルマ , SALU』Short Ver.

    リリース情報
    アルバム「PROUD」
    2016年3月30日発売
    初回生産限定盤(CD+DVD)SRCL-9016〜17 3,600円+税
    通常盤(CD)SRCL-9018 3,000円+税

    収録曲≫
    1.Feel Good
    2.PROUD
    3.Damage
    4.Good Conversation
    5.ANIMAL
    6.Drunk
    7.thinking bout you
    8.N.E.E.D
    9.花束のかわりにメロディーを
    10. MONEY feat. 青山テルマ , SALU
    11. BYE×BYE
    12. キミノセカイヘ
    13. lovesong

    DVD(初回生産限定盤)
    ANIMAL Music Video , 翔太ラジオ〜ALBUM PROUD編〜

    関連リンク
    清水翔太 オフィシャルサイトhttp://www.shimizushota.com/
    レーベルオフィシャルTwitterhttps://twitter.com/SMR_info
    清水翔太オフィシャルYouTubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/shimizushotaSMEJ
    清水翔太MOBILE:http://k.shimizushota.com/
    清水翔太 レコチョク:http://recochoku.jp/artist/30321115/
    清水翔太 iTunes:https://itunes.apple.com/jp/artist/qing-shui-xiang-tai/id386255092
    清水翔太 mora:http://mora.jp/artist/11346/


    0 0

    瀧川ありさが、3月17日にTSUTAYA O-WESTで行われたイベント「WEST ROCK MUSEUM〜感情の琴線に触れる旋律が共鳴する夢見月〜」に出演。la la larks、さユりらとの3マンイベントということで会場は満員のファンの熱気で埋め尽くされた。

    今月の4日にメジャーデビュー1周年を迎えた瀧川は、「第30回 日本ゴールドディスク大賞」の“ベスト5ニュー・アーティスト”を受賞するなど、飛躍の1年を振り返り「デビュー当時は、お客さんが数えるほどしかいないライブとかもあったけど、今こうやって多くのファンのみなさんに応援してもらえていることがほんとうに嬉しいです」とコメント。さらに「自分の音楽を受け止めてくれる存在に気付いたので、さらに自分が信じる音楽を届けていきたい」と、2年目に向けての決意を語った。

    そんな、ファンへの感謝の気持ちや、みんなの日常のそばに自分の音楽がいてほしいという想いを詰め込んだ、エールソングの新曲「Again」を熱唱。グロッシーヴォイスといわれる優しい歌声に会場が包まれ、涙するファンも見られた。

    リリース情報
    シングル「Again」
    2016年4月6日発売

    初回生産限定盤(CD+DVD)SECL-1870〜1871 1,500円(税込)
    特典:「Again」のMusic Videoを収録したDVD付

    通常盤(CD)SECL-1872 1,300円(税込)

    関連リンク
    瀧川ありさ オフィシャルサイトhttp://www.takigawaalisa.com
    瀧川ありさ オフィシャルInstagramhttp://instagram.com/alisatakigawa
    瀧川ありさ オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/AlisaTakigawa
    瀧川ありさ オフィシャルYouTubehttps://www.youtube.com/channel/UCv3I3Of_QjZltHjIiTnJNMQ


    0 0

    ©Takehiro_Goto
    昨年3月に14年ぶりのカヴァー・アルバム「恋愛小説」をリリースした原田知世が、シリーズ第2弾「恋愛小説2〜若葉のころ」を5月11日に発売することが発表された。

    前作が英語曲のカヴァー集だったのに対し、今回は全編邦楽曲で構成されている。選曲テーマは、「原田知世の少女時代」で、姉と一緒にテレビの歌番組を観て歌手のマネごとをしていた故郷・長崎時代から、映画のオーディションに合格し東京に出て芸能界デビューした頃(1970年代半ば〜1980年代前半)にかけて流行したポップス/歌謡曲をカヴァーしている。その選曲は、荒井由実、大貫妙子、久保田早紀などのシンガー・シングライターから、キャンディーズ、山口百恵、松田聖子などの当時のアイドルまでと幅広いが、大半が本人にとって思い入れの深い曲だという。

    プロデュース及び楽曲アレンジは、前作に引き続き、近年の原田知世作品を手掛ける、ギタリスト/作曲家の伊藤ゴローが担当。バックを固めるバンドは、近年レコーディングやツアーを共にしている信頼するミュージシャンたちとなっている。

    原田知世からのコメント
    こんにちは。原田知世です。
    このたび、「恋愛小説」の第2弾をリリースすることになりました。
    前作は洋楽のカヴァーでしたが、私がデビュー前後に好きだった邦楽のポップスや歌謡曲を歌いました。
    私にとっては思い出深い、大切なナンバーばかりです。
    今回もプロデューサーの伊藤ゴローさんをはじめ、ツアーを共にしている素敵なミュージシャンの方々と一緒に作りました。
    みなさまにも長く愛していただける作品になったと思いますので、どうぞ楽しみにしていてくださいね。

    リリース情報
    「恋愛小説2〜若葉のころ」2016年5月11日発売
    【初回限定盤SHM-CD+DVD】UCCJ-9211 3,888円(税込)
    【通常盤SHM-CD】UCCJ-2137 3,240円(税込)
    Verve/ユニバーサルミュージック
    〈収録曲〉
    01. September (竹内まりや・1979年)
    02. やさしさに包まれたなら (荒井由実・1974年)
    03. 秘密の花園 (松田聖子・1983年)
    04. 木綿のハンカチーフ (太田裕美・1975年)
    05. キャンディ (原田真二・1977年)
    06. 年下の男の子 (キャンディーズ・1975年)
    07. 異邦人 (久保田早紀・1979年)
    08. 夏に恋する女たち (大貫妙子・1983年)
    09. 夢先案内人 (山口百恵・1977年)
    10. SWEET MEMORIES (松田聖子・1983年)
    ※曲目、( )内はオリジナル・アーティストと発表年。敬称略。


    CD:2015年の主演ドラマ「三つの月」(CBC)の劇中で歌い話題となった、小沢健二「いちょう並木のセレナーデ」のカヴァーを追加収録
    DVD:リード・トラック「September」と前作収録曲の「夢の人」のMusic Videoを収録


    原田知世 - vocals
    伊藤ゴロー - classical, acoustic & electric guitars, ukulele, percussion
    澤渡英一 - acoustic piano
    坪口昌恭 - acoustic piano, keyboards
    鳥越啓介 - acoustic & electric bass
    みどりん - drums
    小川慶太 - percussion
    織田祐亮 - trumpet, flugelhorn, valve trombone
    藤田淳之介 - soprano, tenor & baritone saxophones
    吉野友加 - grand harp
    伊藤葉子 - glockenspiel, shaker
    伊藤 彩ストリングカルテット
    伊藤 彩 - 1st violin
    柳原有弥 - 2nd violin
    三木章子 - viola
    結城貴弘 - cello

    関連リンク
    原田知世公式サイトhttp://haradatomoyo.com/
    ユニバーサルミュージック 原田知世サイトhttp://universal-music.co.jp/harada-tomoyo/


    0 0

    東京・渋谷にあるNHKスタジオパークに、同局でお馴染みのポスターが集まったエリアが開設した。「NHKアニメポスターアーカイブ」だ。
    ここではこれまでNHKで放送されてきたテレビアニメのポスターをまとめて展示している。今ではなかなか見られない貴重なポスターも勢ぞろいした。アニメファンならずとも楽しめそうだ。

    NHKスタジオパークは東京渋谷区神宮のNHKに隣接して設けられたている。放送がどのように行われるのか体験しながら楽しめる。番組のイベントや企画展などもあり、様々な情報をチェックできる。
    ショップやカフェなどもある。入場料は大人200円、こども無料と気軽に遊ぶに行くことができる人気スポットだ。

    今回新たに登場した「NHKアニメポスターアーカイブ」では、約30作品のアニメのポスターを展示する。1993年から放送された『忍たま乱太郎』から2015年4月から放送された『境界のRINNE』と幅広いラインナップだ。
    さらに『カードキャプターさくら』『十二国記』『火の鳥』『バクマン。』『キングダム』など人気作品が並んだ。『精霊の守り人』のアニメポスターも展示される。こちらは同じ原作に基ずいた大型ドラマが今春NHKで放送される。ファンには懐かしいだろう。

    NHKスタジオパークでは、常設コーナーとしてアニメファクトリーもある。ここではアニメの制作過程の解説映像や、声優に挑戦することができるアフレコスタジオなどが。『きかんしゃトーマス』や『おじゃる丸』、『境界のRINNE』のアフレコを楽しむことができる。
    「NHKアニメポスターアーカイブ」と併せて、楽しめそうだ。

    【関連写真】「忍たま乱太郎」から「境界のRINNE」まで NHKスタジオパークに「アニメポスターアーカイブ」登場

    ■関連記事
    「キャプテンフューチャー」初パッケージ化 NHK放送のスペースオペラのBD-BOX発売
    「トーマスのはじめて物語」NHK Eテレで3月13日放送 緑色のトーマスが登場
    あの「なめこ」が帰ってくる!NHK Eテレで4月よりショートアニメ 声優は「まいんちゃん」の福原遥
    TVアニメ「にゃんぼー!」2016年秋NHK Eテレで放送開始 あのダンボーが猫になって登場

    0 0

    原作の第3部までアニメ化を果たしているマンガ家・荒木飛呂彦の人気作『ジョジョの奇妙な冒険』。2016年4月からはいよいよ初のアニメ化となる第4部の放送が始まる。タイトルは『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』である。
    本作を心待ちしているファンも多いが、待望の放送情報が公開された。2016年4月1日の24時30分からのTOKYO MXを皮切りに、毎日放送、東北放送、BS11、アニマックスにて放送される。また第2弾キービジュアルも公開された。

    『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』は1992年から1995年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載されていた。第3部『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』で描かれた空条承太郎とDIOとの決戦の11年後、1999年の日本が舞台となる。第2部の主人公ジョセフ・ジョースターの隠し子である東方仗助が主人公となる。
    2015年10月にテレビアニメ化が発表され、大きな注目を浴びた。キャストには小野友樹(東方仗助役)、梶裕貴(広瀬康一役)、高木渉(虹村億泰役)、櫻井孝宏(岸辺露伴役)が決まっている。

    今回、新たに公開されたビジュアルには東方仗助、広瀬康一、虹村億泰、空条承太郎、岸辺露伴をはじめとしたメインキャラクターたち、さらに仗助の母親である東方朋子など、多くのキャラクターが揃った。ビジュアルの奥にもキャラクターがひっそりと描かれているので、目を凝らすと確認出来るだろう。

    また、テレビアニメのPV第2弾の映像の先行上映も決定しており、東京・アルタビジョン(新宿)、大阪・トンボリステーション South&North(難波)、宮城・スーパーライザ仙台(仙台)という全国3都市にて行われる。最新映像をいち早くこの目で確かめたいというファンにはお薦めだ。
    放送日も迫り、続々と情報発表されるなか、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』に期待が膨らむばかりだ。

    『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』
    (C) LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険DU製作委員会

    【関連写真】「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」、最速は4月1日TOKYO MX

    ■関連記事
    ジョジョ第4部主題歌に「Crazy Noisy Bizarre Town」 男性3人新ユニット“THE DU”が歌う
    ルパン×伊勢丹コラボ開催「ジョジョの奇妙な冒険」が国士舘大学入試問題に:2月3日記事まとめ
    「ジョジョの奇妙な冒険」が国士舘大入試問題に 承太郎の旅ルートで地理と風土を問う
    「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」ジャンプフェスタで初公開のPV第1弾登場

    0 0

    MTV、Snapchatで音楽ドキュメンタリーをプレミア公開、あえて自社メディアよりも先に出す試み
    MTVはヒップホップアーティストA$AP Fergの音楽やライフスタイルに迫った音楽ドキュメンタリーをスマホアプリのSnapchatでプレミア上映します。

    MTVが制作する作品「MTV Snapchat Docs: Art/Life/A$AP Ferg」は、Snapchatにとって同社初となる音楽ドキュメンタリー作品の配信となります。

    Snapchat動画シリーズは、テキサス州オースティンで開催中の音楽とインタラクティブ、映画のカンファレンス「SXSW」にて、MTVが毎年開催する新進気鋭のアーティストを取り上げるショーケースWoodiesと連動し、フィーチャーするアーティストの一人であるA$AP Fergに迫る作品となります。
    MTVはSnapchat内で2年前から動画配信を行ってきました。しかし、Snapchatがメディア向けに開設した専用チャンネル「Discover」に追加されたのは、今年2月に入ってからという経緯があります。

    MTVにとってSnapchatは若年層を取り組むために強化しているデジタル戦略における重要なプラットフォームで、先日はMTV主催の「MTVムービーアワード」ノミネーションを自社メディアよりも早くSnapchatで発表する実験的なアプローチを行っています。

    関連記事:米MTVがビデオミュージックアワードのノミネーションをSnapchatで発表するユニークな取組みを実施

    Snapchatもこれまで音楽コンテンツ・パートナーと協力してきました。2015年にはコンサートプロモーションの最大手ライブ・ネイションとの提携を発表、大型EDMフェスティバル「Electric Daisy Canival」で撮影した動画コンテンツをSnapchatの「Live Stories」機能を使って配信する試みを実現しました。

    関連記事:Snapchatが強化したグループ共有の新機能「Our Story」を発表、世界最大のEDMフェス『EDC』でデビュー

    ■記事元http://jaykogami.com/2016/03/12903.html

    記事提供All Digital Music

    Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
    プロフィール
    Twitter
    Facebook


    0 0

    アーティスト単位で定額制の音楽販売システムを構築するDripがKickstarterに参画
    アーティストやレーベル単位のサブスクリプション型音楽販売プラットフォームとして、海外の有名インディーズアーティストたちから支持されてきた「Drip」が、3月17日クラウドファンディング・プラットフォームKickstarterに参画することを発表、サービスを継続することを発表しました。Dripは2月にサービスの閉鎖を発表していました。

    密接なアーティストとファン、レーベルのコミュニティを作ることを目的に、米ミシガン州のインディーズ系ダンスミュージック・レーベル「Ghostly International」が5年前に「Drip.fm」として立ち上げたサービスには、これまでDomino Records、Fool’s Gold、Tru Thoughts、Stones Throw,Sub Pop、OWSLAなど、多くのインディーズ・レーベルが参加し、配信プラットフォームとして活用されてきました。

    ファンは各レーベルのサブスクリプションの有料会員となり、月額10ドルなど定額料金を支払えば、毎月最新作やエクスクルーシブ、リイシューまたメンバー限定のディスカウントなどが提供されます。価格や配信するコンテンツ、提供するメニューの設定は、全てレーベルやアーティスト自らが設定可能です。

    関連記事:インディーズレーベル向け定額制配信サービス「Drip」が3月18日に活動停止、創業者がブログで発表

    Dripの運営はこれからも変わることなく、続きます。Dripの共同創業者ミゲル・センクエズ(Miguel Senquiz)はKickstarterにプロダクト・マネージャーとしてジョインします。

    Kickstarterの共同創業者ヤンシー・ストリックラー(Yancey Strickler)もKickstarterブログでDrip参画を歓迎し、Kickstarterの社員の多くがこれまでDripの活動を称賛してきたことを明らかにしています。

    クリエイターとファンが直接作品を通じて繋がり、ビジネスとして発展させるアプローチを実現することは、ダウンロードやストリーミングへのプラットフォーム化が進む音楽業界では、難しくなっています。また、アーティストやレーベル自らが、ファンクラブやECサイトなど、直接ファンにアプローチできるユニークなシステムを構築する技術的またはビジネス的な難解さも今までは課題となってきました。

    Dripはこれらの問題を軽減できるプラットフォームで、クリエイターやレーベルが本当に望む人たちに直接作品を届けられる理想的なシステムです。今後Kickstarterに参画することで、技術的な点での改良や更なるアーティストたちの参加など、スケールアップが期待できそうです。

    ■記事元http://jaykogami.com/2016/03/12914.html

    記事提供All Digital Music

    Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
    プロフィール
    Twitter
    Facebook


    0 0

    【最終章】學蘭歌劇『帝一の國』-血戦のラストダンス-が17日、渋谷・AiiA 2.5 Theater Tokyoで公演初日を迎え、それに先駆けてマスコミ・関係者に公開されたゲネプロで、主演の赤場帝一役・木村了をはじめ、大鷹弾役・入江甚儀、榊原光明役・三津谷亮などの男性キャストと、ヒロイン・白鳥美美子役の井上小百合(乃木坂46)が、本番さながらの熱演を見せた。



    男子校が舞台の作品だけに、出演者のほぼ全員が男性キャストだが、紅一点のヒロイン・白鳥美美子役を乃木坂46の井上小百合さんと樋口日奈さんが演じている。ゲネプロでは井上さんが、奇妙な三角関係のもつれから、選挙をめぐる争いに巻き込まれながらも、真っ直ぐな気持ちを貫くお嬢様を、男優陣に臆することなく伸び伸びと演じていた。



    本作は「ジャンプSQ.」(集英社)に好評連載中の古屋兎丸氏の漫画『帝一の國』を舞台化した人気作品で、シリーズ3作目にして最終章となる。原作漫画は次号が最終回となるが、舞台では一足早く完結するとあって、ファンにはその結末が気が気ではないだろう。特に、帝一と美美子の恋の行方が気になるところだ。



    物語は"平成90年"という時代に優秀な政治家を輩出する超名門男子校が舞台。「総理大臣になり自分の国を作る」という野心のため、派閥との抗争を繰り広げながら生徒会長を目指す赤場帝一の成長を友情や恋を交えて描く。



    舞台化された本作では、演出や音楽などに"昭和臭"をふんだんに盛り込み、原作をさらに色濃くした仕上がりで、これまでの話を知らなくとも十分に楽しめる熱い作品となっている。なお、大千秋楽 3月27日(日)18時の公演回では、シリーズ最終章を締めくくる【 卒業式 】が実施され、この模様は全国の映画館のライブ・ビューイングで生中継される。



    (C)古屋兎丸/集英社
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews
    GirlsNews



    0 0

    日本最大級のアニメ総合イベント「AnimeJapan 2016」が、2016年3月25日から27日の期間、東京ビッグサイトにて開催される。25日・26日はビジネスパーソン向けにビジネスエリアを展開、26日・27日はファン向けにメインエリアを展開。全方位的にアニメの魅力を発信していく。
    そんなAnimeJapan 2016の魅力を探るべく、アニメ!アニメ!では、プロデューサー陣への連続インタビューを実施。第6回は最終回として、総合プロデューサーの池内謙一郎氏(サンライズ)に全体の傾向や注目して欲しい施策などをあらためてうかがった。

    2014年、2015年の開催に引き続き、今年で3回目を迎えるAnimeJapan。イベントの意義について池内氏は「アニメ制作会社、ビデオメーカー、映画会社など、ふだんアニメをビジネスとしている企業・団体が協力し合い運営しているイベントです。そこに大きな意義があると思います」と語る。

    AnimeJapan2016がキャッチコピーとして掲げるのは、“アニメのすべてが、ここにある。”。これは初開催の2014年度と同じものを採用している。「イベントの理念は当初から変わっていません。アニメの魅力を幅広く発信していこう、というのがイベントの根底にあり、それは2016年も同じです」と池内氏。

    AnimeJapanは年々、出展社数や来場者数が増加している。2016年の出展社の傾向については、「アニメ制作会社やビデオメーカーといった従来の企業さんには引き続き出展していただいております。加えて今年は、配信会社やアニメグッズを扱う企業さんも増えています」と多様化していることを明かした。

    注目の施策について尋ねると、池内氏は今年から新設された「フードパーク」をイチ押し。このエリアでは、人気アニメ作品とコラボレーションした、AnimeJapanオリジナルメニューを堪能できるという。
    さらに「2015年度好評だった“伝統芸能”とのコラボを、今年も引き続き行います。AnimeJapan限定のオリジナルグッズも制作しているので、ご期待ください」とアピール。

    さらにAnimeJapanが目指すものを尋ねると「子どもから大人まで、男性女性を問わず、幅広い方に『アニメ』という文化を楽しんでもらいたい。お子さんはもちろん、一緒にご来場いただくお父さん、お母さんにも楽しんでもらえたらなと。どんな方が来ても『アニメって楽しいな』と思っていただけるようなイベントを目指しています」と語った。

    最後に池内氏は「今年もAnimeJapan開催します。アニメが好きな方、興味がある方は、必ず楽しんで頂けるはずです。ぜひお友達をお誘いの上、ご来場ください」と呼びかけた。

    AnimeJapan 2016
    ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
    メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
    場所: 東京ビッグサイト

    【関連写真】AnimeJapan 2016総合プロデューサー:池内謙一郎氏インタビュー “アニメの全てがここにあるイベント”

    ■関連記事
    ファミリーアニメフェスタ2016:手塚健一インタビュー“完全無料で1日中楽しめるイベント”
    “アニメ創りに憧れを持ってもらいたい” AnimeJapan 2016クリエイションエリア:北村耕太インタビュー
    AnimeJapan 2016でのビジネス施策を訊く 黒田千智氏インタビュー 
    【ステージ観覧抽選応募権チケット】販売〆切直前 AnimeJapan 2016:廣岡祐次氏インタビュー 

    0 0

    The Cheseraseraが、3月13日に下北沢CLUB Queにて自主企画ライブイベント「歌い手、冥利につき」を開催した。

    このライブイベントはThe Cheseraseraの宍戸翼(Vo/g)が自らの音楽のルーツとなった先輩ヴォーカリストと対談する企画から生まれたものだ。初回はセカイイチを迎えてのツーマンライヴとなった。

    まず登場したのはセカイイチ。MCでThe Cheseraseraの宍戸も大絶賛した3月30日発売の新アルバム「Round Table」から「Grave of Music」を披露。燦然と輝くネオンの下で聴きたいファンキーなロックチューンだ。「Daylight」では歌詞が飛んでしまうと、そのままフリースタイルラップへ突入。アクシデントをあっという間にエンターテイメントへと変える流石の対応で、フロアを熱狂させた。これには改めてセカイイチというバンドの持つ音楽力を見せつけられた。

    「ケセラセラ、今日は呼んでくれてありがとう。お前たちにこの曲を捧げます」と、ラストはバンドマンによる、バンドマンの為の曲「バンドマン」を後輩へのバトン代わりに歌い上げた。

    The Cheseraseraは「灰色の虹」でスタート。そのまま「BLUE」「Youth」と疾走感溢れるナンバーを畳み掛ける。とにかく丁寧に、という意気込みが演奏に若干の硬さをもたらしていたものの、3人の表情は笑顔だ。「お客さんとしてセカイイチを観て帰ってもいいくらいだけど、ケセラセラも準備してきたので聴いてください!」と宍戸。セカイイチに続いて、この日はThe Cheseraseraも4月6日発売のアルバム「Time To Go」より新曲を4曲披露。

    サビの晴やかな展開が気持ち良い「ファンファーレ」では硬さも取れ、宍戸の歌がのびのびと響き渡る。続いて演奏された「Lullaby」はセンチメンタルな焦燥がぎゅっと詰まったThe Cheseraseraらしいナンバーだ。美代一貴(Dr)のドラミングが弾けた「まっすぐに」も痛快。西田裕作(Ba)の奏でる優雅なベースラインも相俟って、3人の奏でる音が完全にひとつのハーモニーとして完成した。

    そして特筆すべきは、ヒリついたサウンドが印象的なインディーズ時代のほろ苦いナンバー「彗星」から、前作の名曲「インスタントテレビマン」、新アルバムのラストナンバー「After party lululu」へと続いたシーンだ。「After party lululu」は「インスタントテレビマン」で掴んだ、拭いきれない孤独感を壮大で優しいサウンドと柔らかな歌声で表現するというThe Cheseraseraの新しい魅力がよりいっそう強く表れた1曲だ。バンドの永遠のテーマとも言える「やるせない想い」への表現が、どんどん多彩になってゆくのが窺えたシーンだった。

    本編を代表曲「月と太陽の日々」で締め括り、アンコールは「でくの坊」と定番の「SHORT HOPE」。思わずこぼれる笑みをおさえることもせずに、がむしゃらに鳴らしきった。

    なお、次回の「歌い手、冥利につき」は4月9日 Zher the ZOO YOYOGIにてLOST IN TIMEを迎えて行われる。

    Text by イシハラ マイ
    Photo by バッド・ミュージック・グループ音楽出版

    関連リンク
    The Cheserasera 公式サイトhttp://www.thecheserasera.com
    The Cheserasera 公式Facebookhttps://www.facebook.com/pages/The-Cheserasera/287641434603136
    The Cheserasera 公式twitter@The_Cheserasera
    The Cheserasera 公式YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCstVFtzka7nTLQGiVp8KRCw


older | 1 | .... | 1121 | 1122 | (Page 1123) | 1124 | 1125 | .... | 1145 | newer