Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 22321 to 22340 of 22890)
(showing articles 22321 to 22340 of 22890)

Channel Description:

オトナにおくる、アメーバニュース。スポーツやビジネス、デジタルの情報からグラビア・アイドル、政治・社会ニュースまで、webで話題になっているニュースを配信します。

older | 1 | .... | 1115 | 1116 | (Page 1117) | 1118 | 1119 | .... | 1145 | newer

    0 0

    夢みるアドレセンスの4thシングルリリースイベントと、forTUNE musicイベントの開催が決定した。

    今作は両A面シングルで、それぞれの楽曲を志磨遼平・ドレスコーズと首藤義勝・KEYTALKが作詞作曲を務める楽曲が収録となる意欲作となっている。

    リリースイベントではミニライブを開催、forTUNE musicでは「ユメ(トモ)の国 春の挨拶!名刺お渡し会」と、「ユメ(トモ)の国 入国検査定期健康診断」といったユニークなイベントを開催する。

    イベント情報
    forTUNE musicイベント「ユメ(トモ)の国 春の挨拶!名刺お渡し会」
    2016年4月9日(土)東京都内某所

    「ユメ(トモ)の国 入国検査定期健康診断」
    2016年5月7日(土)名古屋市内某所
    2016年5月8日(日)大阪府内某所
    2016年5月22日(日)東京都内某所
    ※全日程、グループチェキ会・個別握手会・個別チェキ会も同日開催
    https://fortunemusic.jp/yumeado_201604_main/

    「4thシングル発売記念リリースイベント」
    2016年4月16日(土)名古屋近鉄パッセ 屋上イベントスペース
    (1)13:00〜 / (2)16:00〜 

    2016年4月17日(日)阪急西宮ガーデンズ 4階スカイガーデン・木の葉のステージ
    (1)13:00〜 / (2)16:00 〜

    2016年4月27日(水)東武百貨店池袋店 8F スカイデッキ広場
    (1)18:00〜

    2016年4月29日(祝)タワーレコード吉祥寺店 ヨドバシ吉祥寺2Fイベントスペース
    (1)13:00〜 / (2)16:00〜 

    2016年4月30日(土)東武百貨店池袋店 8F スカイデッキ広場
    (1)13:00〜 / (2)16:00〜

    2016年5月 1日(日)ららぽーと豊洲シーサイドデッキメインステージ
    (1)13:00〜 / (2)16:00〜

    リリース情報
    4thシングル「タイトル未定」
    4月27日発売
    初回生産限定盤A(CD+DVD)AICL-3091-92 2,000円(税込)
    初回生産限定盤B(CD)AICL-3093 1,000円(税込)
    初回生産限定盤C(CD)AICL-3094 1,000円(税込)
    初回生産限定盤D(CD)AICL-3095 1,000円(税込)
    初回生産限定盤E(CD)AICL-3096 1,000円(税込)
    初回生産限定盤F(CD)AICL-3097 1,000円(税込)
    通常盤(CD)AICL-3098 1,000円(税込)

    関連リンク
    夢みるアドレセンス オフィシャルサイトhttp://yumeado.com/
    ■夢みるアドレセンス Official Twitter
    https://twitter.com/Y_Adolescence(グループ)
    https://twitter.com/karin_ogino(荻野可鈴)
    https://twitter.com/akari_cham(山田朱莉)
    https://twitter.com/Yuumi_Shida(志田友美)
    https://twitter.com/Kobayashi_Rei(小林玲)
    https://twitter.com/Kyouka_02(京佳)
    ■夢みるアドレセンス Official Blog
    http://ameblo.jp/ogino-karinn/(荻野可鈴)
    http://ameblo.jp/yamada-akari/(山田朱莉)
    http://ameblo.jp/sida-yuumi/(志田友美)
    http://ameblo.jp/kobayashi-rei/(小林玲)
    http://ameblo.jp/kyouka-tambourine/(京佳)
    ■夢みるアドレセンス SHOWROOMhttps://www.showroom-live.com/yumeado


    0 0

    3月13日、しなまゆがラゾーナ川崎プラザルーファ広場にてミニアルバム「ヘンシン」の発売を記念したミニライブを行った。

    当日は昨年スタートしたテレビ神奈川『MUTOMA』番組内で、JR南武線の立川駅から川崎駅までの各駅を紹介する人気コーナー「しなまゆの南武線ドミネーション」の公開収録も行われた。

    その日メンバーは番組の企画そのまま南武線の立川駅で乗車すると、川崎駅で下車しステージまで徒歩で乗り込み、寒空の中待っていたオーディエンスからの暖かな拍手で迎えられイベントがスタートした。

    ステージの前半は「しなまゆの南武線ドミネーション」の公開収録。しなまゆのメンバーと番組ディレクターによるいつもの“切れ味鋭い脱力トーク”でスタート地点の立川駅から、それぞれ思い出の駅を振り返り、ボーカルのモリユイは分倍河原駅での即興ソングを披露したことなどを話し、その経験を「しなまゆの音楽からではなく、番組を通して私たち自 身からしなまゆの音楽に触れてくれた人がいることが嬉しい」と喜びと感謝を伝えた。

    後半ではミニアルバム「ヘンシン」について「今の自分から“変わりたい”と思っている 人たちの背中を推せるようにとの意味を込めた」と語り、「恋をしている目をしている」そして「not yet」の2曲を披露し“南武線ドミネーション大打ち上げ大会”は幕を閉じた。

    なお本イベントの模様は、3月30日24:00に放送されるtvk『MUTOMA』番組内でオンエアされる。

    番組情報
    テレビ神奈川『MUTOMA』
    レギュラーコーナー「しなまゆの南武線ドミネーション」
    放送日時:毎週水曜 24:00〜
    http://www.tvk-yokohama.com/mutoma/

    関連リンク
    しなまゆ オフィシャルサイトhttp://shinamayu.com/
    しなまゆ レーベルサイトhttp://www.forlife.co.jp/artist/fl01488/


    0 0

    アミューズは、3月15日付の人事異動を発表した。

    <2016年3月15日付>

    (新任)執行役員(ビジネスアライアンス部担当)
        香川 健二郎 氏(かがわ けんじろう)

    主な経歴
    香川 健二郎 氏(昭和39年7月9日生)
    昭和63年4月 株式会社電通入社
    平成13年12月 Dentsu Asia Pte Ltd(シンガポール)General Manager
    平成20年1月 株式会社電通東京本社 国際事業部門 部長
    平成21年12月 PT Dentsu Strat(インドネシア)Chief Consultant
    平成24年4月 Dentsu Asia Pte Ltd(シンガポール)Managing Director
    平成25年7月 株式会社電通東京本社 国際事業部門 局次長
    平成27年3月 退社

    関連リンク
    アミューズ:http://ir.amuse.co.jp/


    0 0

    サブスクリプション型(定額制)音楽配信サービス「AWA」は、2016年2月の楽曲再生回数ランキングを発表した。

    2月の月間楽曲再生ランキングでは、西野カナ「トリセツ」が、1月に引き続き、2カ月連続首位を獲得した。「トリセツ」は2015年9月にリリースされてから、AWAの再生ランキングでは常に上位にランクインしており、根強い人気が伺える。また、先月初のランクインとなった浦島太郎(桐谷健太)「海の声」は、8位からさらに順位を上げ、3位にランクインした。さらに「海の声」は、AWAで2月に最もお気に入りに追加された楽曲でもあり、テレビCMでの情感溢れる歌声が反響を呼び、人気を集めている。

    2016年2月月間楽曲再生ランキング
    AWAの大きな特徴として、その月に起こった出来事やイベントなど、ユーザーによって作成されるプレイリストに世相がリアルタイムに反映される傾向が挙げられる。2月は”バレンタイン”や”恋愛”などのキーワードで、多くのプレイリストが作成された。これにより、加藤ミリヤ「Aitai」やTEE「ベイビー・アイラブユー」などの過去の人気曲が多数のプレイリストに選曲され、大きく再生数を伸ばしている。また”バレンタイン”をテーマにしたプレイリストの合計再生回数は10万回を超える結果となった。

    また、最近のユーザー動向を調査したところ、AWAを利用しているユーザーは、利用開始から1か月で平均約90ものアーティストの楽曲を聴いていることが分かった。これだけ多くのアーティストの楽曲を楽しめるのもサブスクリプション型音楽配信サービスならではの現象といえる。さらに、AWAの利用開始から5ヶ月間で、平均で約300ものアーティストの楽曲を聴いており、「AWA」を利用することで、ユーザーは常に新しいアーティストや楽曲と出会い、聴く音楽の幅が広がっているようだ。

    AWAは3月8日に、リコメンド機能の大幅な拡充を行い、AWA内でのコンテンツ表示に新たなロジックを採用したほか、プレイリスト詳細画面やアーティスト詳細画面のUIもリニューアルしたことで、ユーザーは継続的に途切れることなく好みの楽曲やアーティスト、プレイリストに出会えるようになった。

    関連リンク
    「AWA」公式サイト
    「AWA」The Official Media
    「AWA」Official Twitter
    「AWA」Official Instagram
    エイベックス
    サイバーエージェント


    0 0

    2015年にデビュー25周年を迎えたBEGIN。沖縄・石垣島と東京をつないだレコーディングにより誕生した、約3年ぶりとなるオリジナルアルバム「Sugar Cane Cable Network」には、25年の想いが詰め込まれ、そのアルバムを携え2015年10月から展開中のツアーでは、各会場でファンを笑顔にしている。今回、その記念すべきツアーから、3月20日に東京・両国国技館で行なわれる最終公演を独占生中継する。

    BEGINは、自らが生まれ育った島の音楽を慈しみ、一方で世界中の音楽にも耳を傾け、それらに精いっぱいのリスペクトを込めて自分たちのサウンドへと昇華させ、数々の名曲を世に送り出してきた唯一無二のバンドだ。

    3月20日に両国国技館で行なわれる最終公演では、BEGINが紡ぎ出す音楽を通して、25年という時間がもたらす最上級の味わいを感じられるはずだ。WOWOWでは彼らのアニバーサリーイヤーに密着したドキュメンタリーも放送する。

    番組情報
    生中継! BEGIN 25周年記念コンサート「Sugar Cane Cable Network」ツアー 2015-2016
    3月20日(日・祝)15:00[WOWOWライブ]
    http://www.wowow.co.jp/music/begin/
    収録日:2016年3月20日
    収録場所:東京 両国国技館

    「放送直前! BEGIN 25周年記念コンサート」
    3月18日(金)18:00 WOWOWライブ(無料)

    関連リンク
    WOWOWhttp://www.wowow.co.jp/


    0 0

    現在、大ヒット上映中の劇場版シリーズ最新作『さらば あぶない刑事』。この公開に併せ、これまで30年にわたりリリースされてきたサントラ・アルバムを、レーベルの枠を超え集大成したCD BOXセット「あぶない刑事 ORIGINAL ALBUM COMPLETE」がついに登場。4月6日に発売される。

    全10枚組から成るこのCD BOXセット。当時LP盤にてリリースされたアルバムは「紙ジャケ」での完全復刻。CD盤にてリリースされたアルバムは当時の仕様を再現し、新たに紙ジャケも制作し同梱。(全曲2016年最新リマスター、高品質Blu-specCD2仕様)全48Pのブックレットでは、各DISC解説の他、当時の音楽スタッフによる「あぶない刑事」音楽について語る座談会の模様も掲載。今回、10枚組の豪華仕様を特別価格15000円+税にて発売。

    未発表音源を収録した特典盤(DISC1)のジャケットには、中条静夫さん演じる近藤課長の写真を使用。製作スタッフはもちろん、ファンにも愛された近藤課長の姿がここに蘇る。この特典盤には、舘ひろしが歌うエンディングテーマ「冷たい太陽」の未発表DEMO音源も収録。この音源は「さらば あぶない刑事」サウンド・トラック制作中に偶然発見されたカセットテープの中に収録されていたもの。この貴重な音源を、「あぶない刑事」音源の最後のリリースということで、最新リマスターにより今回特別収録が実現した。

    リリース情報

    アルバム「あぶない刑事 ORIGINAL ALBUM COMPLETE」
    2016年4月6日発売
    完全生産限定盤(10CD)MHCL 30356〜30365 15,000円+税

    ソニーミュージック 「あぶない刑事 ORIGINAL ALBUM COMPLETE」スペシャルサイト
    http://www.110107.com/abudeka


    0 0

    シシド・カフカが、約2年7ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバム「トリドリ」を4月27日に発売することが明らかになった。

    今作は、斉藤和義や甲本ヒロトら豪華ミュージシャンとセッションした前作「K5(Kの累乗)」に続き、プロデューサー陣とのセッションアルバムに挑戦している。

    大島賢治、大西省吾、奥野真哉、織田哲郎、亀田誠治、蔦谷好位置、平出悟、K.MASAKI(moumoon)、松本晃彦ら今の音楽業界を彩るプロデューサー陣を迎え、ドラムボーカルを軸とし“LIVE”を意識したカフカ流ロックチューン全快のアルバムに仕上がっている。

    アルバムには、前作「K5(Kの累乗)」にも収録されたヒット曲「Don’t be love feat.斉藤和義」と「バネのうた- feat.甲本ヒロト」を含む全13曲を収録。また初回限定生産となるBlu-ray商品には、新曲2曲のミュージックビデオと、去年9月にZepp Tokyoで行われたワンマンライブ「ミディアム・レア」の模様を約90分収録した映像作品が付属する。

    シシド・カフカ コメント
    2年7ヶ月ぶりのオリジナルアルバム。“K5(Kの累乗)”で学んだ「脱力」をテーマに、沢山の方々に御力を貸して頂きながら、私なりに体現しました。作品達は”ライブ”を念頭に置いての制作。皆さんと共有出来る時が楽しみです。歌にもドラムにも、今現在の、等身大のシシド・カフカが詰まっています。盛り沢山な1枚を。トリドリなシシド・カフカを。是非御堪能ください。

    リリース情報
    アルバム「トリドリ」
    2016年4月27日(水)発売
    (CD+Blu-ray 初回限定生産)AVCD-93430/B 5,800円(税抜)
    (CD+DVD)AVCD-93431/B 3,800円(税抜)
    (CD ONLY)AVCD-93432 3,000円(税抜)
    <CD収録内容>※CDの収録内容は全形態共通
    1:Obertura
    松本晃彦プロデュース楽曲
    2:Get up!
    蔦谷好位置プロデュース楽曲
    3:さようなら あたし
    亀田誠治プロデュース楽曲
    4:朝までsugar me
    奥野真哉プロデュース楽曲
    5:crying
    織田哲郎プロデュース楽曲
    ※NHK プレミアムよるドラマ「はぶらし/女友だち」主題歌
    6:Don’t be love feat.斉藤和義
    斉藤和義プロデュース楽曲
    ※フジテレビ系ドラマ木曜劇場「医師たちの恋愛事情」主題歌
    7:明日を鳴らせ
    平出悟プロデュース楽曲
    ※テレビ東京系アニメ「フェアリーテイル」オープニングテーマ
    8:Spider trap
    奥野真哉プロデュース楽曲
    9:ROLLING ROLLING
    大島賢治プロデュース楽曲
    10:特別な人
    K.MASAKI (moumoon)プロデュース楽曲
    11:バネのうた- feat.甲本ヒロト
    大島賢治プロデュース楽曲
    12:最低な夜のあと
    大西省吾プロデュース楽曲
    13:春の約束
    亀田誠治プロデュース楽曲
    <Blu-ray収録内容>
    1:朝までsugar me(Video Clip)
    2:Get up!(Video Clip)
    3:ミディアム・レア at Zepp Tokyo 2015.09.05(約90分収録予定)
    <DVD収録内容>
    1:朝までsugar me(Video Clip)
    2:Get up!(Video Clip)
    3:ミディアム・レア at Zepp Tokyo 2015.09.05(LIVE映像の中から3曲を収録予定)

    ツアー情報
    2016年5月7日(土) 千葉 : 柏 PALOOZA 17:30 / 18:00
    2016年5月15日(日) 北海道 : 札幌 cube garden 17:30 / 18:00
    2016年5月29日(日) 愛知 : 名古屋 ell fits all 17:30 / 18:00
    2016年6月4日(土) 福岡 : DRUM SON 17:30 / 18:00
    2016年6月11日(土) 宮城 : 仙台MACANA 17:30 / 18:00
    2016年6月12日(日) 栃木 : HEAVEN’S ROCK宇都宮 17:30 / 18:00
    2016年6月18日(土) 京都 : 京都MUSE 17:30 / 18:00
    2016年6月19日(日) 大阪 : 梅田シャングリラ 17:30 / 18:00
    2016年6月26日(日) 東京 : shibuya duo music exchange 17:30 / 18:00
    <券種>
    一般スタンディングチケット 3,500円(税込)
    ※整理番号順の入場となります。
    ※入場時別途ドリンク代500円。
    (仙台MACANA公演と京都MUSE公演のみ600円。)
    ※小学生以上有料。未就学児童入場不可
    <シシド・カフカ第二次SNS先行受付>
    受付期間:3月12日(土)15:00〜3月20日(日)23:59
    受付URL:http://eplus.jp/shishido-kavka-sns2/

    関連リンク
    シシド・カフカ オフィシャルサイトhttp://www.shishido-kavka.com/
    シシド・カフカinstagramhttps://instagram.com/shishido_kavka/
    シシド・カフカtwitterhttps://twitter.com/shishido_kavka
    シシド・カフカ YouTubeオフィシャルチャンネルhttps://www.youtube.com/user/drumkvk


    0 0

    4月27日にDVDで発売される、ジョニー・ウィンターの泥まみれの人生を描いたドキュメンタリー映画『ダウン&ダーティー』の発売に先駆け、4月16日から22日の1週間限定で劇場公開が決定した。

    良質の劇場未公開作・DVDスルーの作品を紹介する新宿シネマカリテの名物企画「オトカリテ」でのレイトショーにて公開され、料金はワンコイン500円で、毎日21:00から上映される予定。

    2014年7月に亡くなった白人ブルースギタリスト・ジョニー・ウィンター。アルビノ(先天性白皮症)で生まれたことで差別や視覚障害に苦しみながら、60年代にギターの才能を開花させ、“百万ドルのギタリスト”と讃えられたが、「死ななかったのは運が良かっただけ」と語るほどヘロインに溺れ、当時はまともに受け答えもできなかった。しかし、悪徳マネージャーと決別し2000年代に入り復活を遂げるなど、彼の波乱万丈の人生は多くのミュージシャンに影響を与えた。

    2014年のSXSWフィルム・フェスティバルで初公開された本映画は、2012年フロリダ〜フランス〜テキサス〜メンフィス〜香港〜日本のツアーに密着。映画はジョニー本人と晩年マネージャーでもあったプロデューサー/ギタリスト・ポール・ネルソンのインタビューを中心に進み、エアロスミスのジョー・ペリーやZZトップのビリー・ギボンズ、デレク・トラックスなど多くのギタリストが彼から影響を証言している。

    また劇中では、B.B.キングやマディ・ウォーターズとの貴重な共演映像や、東京・日比谷野外音楽堂や川崎・クラブチッタでのライヴ演奏シーンも収められている。

    監督はヘビーメタル・バンド、モーターヘッドのレミー・キルミスターの半生を描いたドキュメンタリー『極悪レミー』のグレッグ・オリヴァーが務める。DVDにはボーナス映像として、映画には盛り込み切れなかったインタビューや演奏シーンなどが60分以上収録されている。

    映画『ダウン&ダーティー』トレーラー映像(字幕無し)

    映画情報

    ドキュメンタリー映画『ダウン&ダーティー』劇場公開
    期間:4月16日(土)〜22日(金)
    毎日21:00よりレイトショー公開
    上映館:新宿シネマカリテ
    料金:500円
    http://qualite.musashino-k.jp/

    リリース情報

    DVD『ジョニー・ウィンター:ダウン&ダーティー』
    2016年4月27日発売
    (SIBP-268)3,800円+税
    153分(本編86分+ボーナス映像67分収録)
    <DVDボーナス映像>
    「デス・レター」Music Video/ギター・デモ/メンフィス・ブルース・アワード/マディ・セッションなど計67分収録


    0 0

    Photo by Soren Starbird
    先月開催されたアメリカン・フットボールの大試合「スーパー・ボウル」のサンフランシスコでの開催を記念して行われたイベントではフルセットのライヴを披露、そしてさらにそれを世界同時ネット配信するという相変わらず「規格外」なアクションで我々を驚かせてくれる世界最強のメタル・バンド=メタリカ。そんな彼らがさらに規格外な情報をこの度公開した。

    30年を超えるキャリアでこれまでに9枚のオリジナル・アルバムをリリースしてきたが、未発表音源やライヴをボーナス・トラックとして加えたリイシューを行ったことのなかった彼らが遂に初となるリイシューを行うことになったのだ。今回1stアルバム「キル・エム・オール」と2ndアルバム「ライド・ザ・ライトニング」がリマスター・デラックス・ボックス・セットとして蘇る。海外は4月15日、日本では4月29日に直輸入国内仕様としてリリースとなる。

    83年にリリースされたデビュー作「キル・エム・オール」は荒削りながら若きメタリカが自身のルーツを取り込み、“スラッシュ・メタル”の礎ともいえるフォーミュラを早くも作り上げた作品で、「最高のデビュー・アルバム」というカテゴリーでアルバムをメディアが選出する際などに欠かせない作品となっている。この作品が4アナログ / 5CD / 1DVDというボリュームでリイシューされる。

    そして2ndアルバム「ライド・ザ・ライトニング」は前作以上にドラマティックな構成を持った曲が増え、バンドとしての幅も大きく広がり、「このアルバムでメタリカは現代メタル・シーンの主役となった」と言わしめた傑作。84年発表。この作品も4アナログ / 6CD / 1DVDにてリイシューされる。

    数年前にバンド自身が当時の記録を求めてファンへサポートを呼びかけたものがここに帰結することとなった。未発表音源、デモ、ライヴ映像等、当時を知る貴重な素材がふんだんに盛り込まれた作品となった。

    なお、4月16日は全世界で「レコード・ストア・デイ」が開催される。アメリカをはじめ世界21の国と地域で開催され、レコード・ショップを、音楽を祝う日となるが、メタリカは今年その「レコード・ストア・デイ」のアメリカのアンバサダーを務めており、この2作品に加えて、レコード・ストア・デイ限定作品として「Liberté, Egalité, Fraternité, Metallica! - Live at Le Bataclan. Paris, France - June 11th, 2003」というライヴ・アルバムをリリースし、同作品からの収益をチャリティに寄付することを表明している。

    リリース情報
    「キル・エム・オール - リマスター・デラックス・ボックス・セット」
    2016年4月29日発売
    UICR-9037(直輸入仕様)27,000円+税
    詳細:http://store.universal-music.co.jp/product/uicr9037/

    「ライド・ザ・ライトニング - リマスター・デラックス・ボックス・セット」
    2016年4月29日発売
    UICR-9038(直輸入仕様)27,000円+税
    詳細:http://store.universal-music.co.jp/product/uicr9038/

    関連リンク
    メタリカ オフィシャルサイトhttp://www.metallica.com/
    メタリカ ユニバーサルミュージック オフィシャルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/metallica


    0 0

    3月26日に公開を控える映画『仮面ライダー1号』。新たな情報が出るたびに大きく注目を集める本作が、3月15日に東京・新宿バルト9にて完成披露を行った。
    イベントには『仮面ライダーゴースト』から西銘駿、大沢ひかる、柳喬之、山本亮介。そして『仮面ライダー1号』からは大杉漣、岡本夏美、長澤奈央、阿部力、武田幸三、そして主役である藤岡弘、が登場した。

    まずは今回のゲストが勢揃い、ところがこの中には藤岡弘、の姿はなかった。司会者から「ショッカーを倒してからくる」との伝言が伝えられ、集まったファンも思わず納得だ。
    一方、7年ぶりに地獄大使を演じる大杉漣は、オファーに二つ返事で応えたと、「地獄大使だけど気持ちは天国」と喜びを語った。

    『仮面ライダーゴースト』のメンバーからは、藤岡弘、との共演に対して「緊張した」という言葉が次々と飛び出した。主人公を演じる西銘は「夢のような現場」と、演技や演技における目を合わせることの大切さなどを教えてもらったという。
    さらに山本は、藤岡手製のコーヒーを差し入れでもらったエピソードを披露。大杉も「敵役なのに…」と自身もコーヒーをもらったことを明かした。現場を豊かに暖かくしてくれる藤岡の人柄がコーヒーにも出ていたともこと。
    撮影現場で藤岡との共演シーンが多かった岡本は、撮影初日にとりわけ大事なシーンがあったと話す。その撮影前の時間に、藤岡から『仮面ライダー』や、そのテーマである「命」のことを聞いたそうだ。しかし2人で楽しむシーンは大いにはしゃぎ、自分よりも藤岡の方がはしゃいでいたという。

    会場が盛り上がったところで、そしていよいよ藤岡弘、が登場、その身には仮面ライダー1号のライダースーツをまとい、さらにライダーマスクは手に持っての姿だ。
    実はこのマスクオフの姿はテレビシリーズ第1話でしか登場しておらず、この姿も45年ぶりと貴重なものだ。ファンからは歓声が上がり、「帰ってまいりました」と藤岡が言うとさらに盛り上がった。本作について、改めて本郷猛を演じることに「感無量」、そして「ライダー魂の血が騒いでいる」と。ライダーに対して「愛と正義と勇気」そして「侍魂」を持っていると話し、「世界が誇るべき、日本のヒーローだと思う」と語った。去り際も手を振る藤岡弘、の人柄の暖かさが出たイベントとなった。

    『仮面ライダー1号』
    3月26日全国公開

    【関連写真】45年ぶりのマスクオフ姿!藤岡弘、再び「仮面ライダー1号」ライダースーツで参上

    ■関連記事
    「仮面ライダー1号」入場者プレゼントに懐かしの“ライダーカード”
    「仮面ライダー1号」新たな敵は危険ドラッグ 警視庁の薬物乱用防止キャンペーンで活躍
    「仮面ライダークウガ グロンギナイト」サプライズゲストにダグバ役浦井健治 オダギリ ジョーにも出演打診
    「仮面ライダー1号」 2016年の本郷猛はこう変身する 予告編で最後のポーズ披露

    0 0

    元・乃木坂46の第1期生・大和里菜が、3月16日にリリースするソロデビューCD「sakura」のミュージックビデオが公開された。

    また、アルバムの発売を記念して、ミニライブ&握手&サイン会が決定。ソロデビュー日の3月16日はタワーレコード渋谷店、3月18日にはHMVエソラ池袋にて行う。3月20日はタワーレコード新宿店にてチェキ撮影会を開催する。詳細は大和里菜のオフィシャルサイトにて確認。

    大和里菜「sakura」ミュージックビデオ

    イベント情報
    「大和里菜ミ二アルバム「sakura」発売記念ミニライブ&握手&サイン会」
    2016年3月16日(水) 17:00〜
    場所:タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース イベント
    内容:ミニライブ&握手&サイン会
    参加方法:観覧フリー

    2016年3月18日(金) 19:00〜
    場所:HMVエソラ池袋 店内イベントスペース
    内容:ミニライブ&握手&サイン会
    参加方法:観覧フリー

    「大和里菜 チェキ撮影会」
    2016年03月20日(日)19:00〜
    場所:タワーレコード新宿店 7F特設カウンター

    リリース情報

    シングル「sakura」
    2016年3月16日発売
    BZCS-1132 2,000円(税込)

    関連リンク
    大和里菜オフィシャルサイトhttps://yamatorina.com/
    大和里菜オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/rinay1214/
    大和里菜オフィシャルtwitter@rina_yamat0



    0 0

    アミューズの連結子会社である希船工房は、アパレルブランド「MUVEIL」を展開するFRIENDS、「agris」を展開するarounds、「junhashimoto」を展開するCOMITAS、また、グッズ事業を展開するTRANSPLUS、以上4社の株式を取得し子会社化する。

    アミューズは、音楽を始めとする様々なエンターテインメントコンテンツの創出に取り組む中、ここ数年来、販売が好調であるアーティストグッズ制作等の更なる効率化、高付加価値商品の開発や、アパレルブランド事業や外食事業といったアーティスト非関連事業の拡大・強化を図る為、2015年10月にROOL PARTNERSとの共同出資により、希船工房を設立している。

    今回、FRIENDS、arounds、COMITASを子会社化する事により、アパレルブラント事業を強化すると同時に、デザイナーやクリエーターの才能のプロデュース等、新たな取り組みを目指す。

    また、TRANSPLUSでは、グッズ事業の強化において、商品単体だけではなくイベント、プロジェクトとしての企画提案や、若手クリエーターや新規アパレルブランドのサポート等を行う予定。

    株式取得日は平成28年4月1日を予定。

    関連リンク
    アミューズ:http://ir.amuse.co.jp/


    0 0

    2016年3月13日。20歳を迎えてから初めてとなる沖ちづるのツアー「新しい日々」のファイナル公演(東京2日目)が行なわれた。

    名古屋、大阪、東京とまわったこのツアーのステージは2部構成となっていたのだが、「二十歳のあなたへ」を元に、演劇的な演出がほどこされた第1部は「沖ちづるの1人劇」ともいうべきものとなった。

    この夜のレポートを始める前に、まずセカンドシングル「旅立ち」に収録された「二十歳のあなたへ」について触れたい。この曲は中学時代の沖ちづるが20歳の自分に向けて書いた手紙が元になっている。そこには大人でもない、子どもでもない少女の、立つ瀬のない場所でゆれる孤独な心が綴られている。家族への苛立ち。虚勢。不安や自信のなさ。好きと言えないのに好きと言ってほしい身勝手さ。何もできない無力さ、もどかしさ。そんな自己嫌悪と自己憐憫にまみれている。

    「早く大人になりたい」。少女は願う。どんな大人になっているのかなんて想像もできないが、今よりはましであってほしい。「ここではないどこか」。つまりは「青春期における永遠のテーマ」のもと、沖ちづるはこの手紙で何かにすがるように二十歳の自分に語りかける。親孝行はできていますか。素直になれていますか。優しい大人になれていますか。夢は覚えていますか。ここではないどこかにいる二十歳の自分にすがるより、宙ぶらりんな自分にはなす術はないとでもいうかのように……。二十歳になった沖ちづるは今、歌手になるという「あの頃の夢見た場所」に立っている。

    「『二十歳のあなたへ』をもとにしたライブショー」と開演前にナレーションされた第1部が始まった。ほの暗いステージに沖ちづるが現れる。ボタンを上まで留め白いシャツに黒いロングスカート。いつになく静謐でストイックな雰囲気をまとっている。

    ステージにはボーカル用のマイクが2本。向かって左側にスタンディングのマイクが。右側に座った位置にセットされたマイクが置かれている。静かにギターのストラップを肩にかけ、ハーモニカホルダーをセットする。と、いきなりスタンディングのマイクの前で朗読が始まった。

    未来の自分にすがるしかなかったあの頃の自分に、二十歳になった沖ちづるが語りかける。今のことも、昔のあなたのことも笑い話にできるくらい、強くて優しい大人になる。そのためにこれからも新しい日々を重ねていく、と。

    「私は元気です。あなたもお元気で」。少しの静寂の後、ステージをスポットが照らす。視界がパッと開けていくように「旅立ち」が歌われる。この場所に立つために歩いてきたんだ。生きてきたんだ。壁に手をついても……。奮い立つ心意気が、勇壮なフレーズに乗せて聴こえてくる。沖ちづるは堂々としていた。

    ステージ向かって右側。マイクの前にある椅子に沖ちづるが座る。髪を後ろでたばね、眼鏡をかける。再び朗読が始まる。中学生の沖ちづるが語りかける。うまくいかないことばかり、どうせ自分なんかいない方がいい、と……。「いとまごい」が歌われる。早く大人になりたい、学校も先生もクラスメイトもいない、自由な大人になりたいと痛切につぶやいた後には「はなれてごらん」が。

    どうやら、スタンディングのマイクでの朗読は「今の私」、座ってのマイクでの朗読は「あの頃の私」によるものだとわかってくる。2人の沖ちづるが「あの頃」と「今」という2つの場面を行き来しながら、私信を交わしていく。

    15歳の頃に亡くなったクラスメイトへ手向けた新曲の「クラスメイト」が語るような口調で淡々と歌われる。調子はどうだい。何してるんだい。この間、みんなで飲んだよ……。ぼんやりと遠くを眺めるような近況報告が牧歌的なメロディに乗り、優しい痛みとなって胸に刺さる。

    いつか全てが綺麗な思い出になる。あの頃の私がそうつぶやき「blue light」に続いていく。

    朗読と歌。あの頃と今との対話。いつに増して歌の世界に引き込まれていく。心の襞の動きまで伝わってくるように。その理由は「沖ちづるという物語」を挟むことで、心深くから生まれたそれぞれ歌が繋がって見えてきたからだ。あの歌とこの歌は、地続きとなったひとつの物語だったんだな、とはっきり感じとれた。

    以前、沖ちづるは「blue light」を「終わりの時を歌った曲」だと言ったが、「クラスメイト」とその後の朗読のおかげで、終わりの寂寥感が感覚として理解できた。ひとつの曲のなかでも豊かな物語を作れる沖ちづるだが、この夜まではどうしても曲単体で聴こえていたきらいがあった。それがすっと、それぞれの曲同士がリアルな生身感をもって繋がっていったのだ。

    コンプレックスだらけの自分を認めてもいいんだ。だから歌い続けてもいいんだと決意させた沖ちづるの「光」の前には、今の沖ちづるはこんなことを語りかけた。(あの頃の私が夢見た)歌い続けることの困難さを日々、感じています。時々、逃げ出したくなります。それでもあなたが作った歌を歌い続けます、と。沖ちづるは声を高くして、外へ響くように「光」を歌った。

    第一部は、沖ちづるが高校を卒業して歌に本格的に取り組み出してから「何故か毎日のようにいる」街、下北沢で繰り広げられる喧噪を群像劇として綴った「下北沢」から、このライブの芯となった「二十歳のあなたへ」で終了。息を抜く間もなく濃密な60分弱が過ぎていった。

    特に、ということで言うと、オープニングの「旅立ち」が鳴った瞬間や、「クラスメイト」から第一部最後の「二十歳のあなたへ」までのドラマチックな物語展開は鳥肌ものだった。胸を熱くさせ、また、ざわざわとかき乱すエネルギーにあふれていた。

    少しの休憩を挟み、第2部が始まる。コバルトブルーのワンピースの沖ちづる。耳元ではイヤリングがゆれている。第1部とうってかわって沖ちづるは笑顔。和らいだ空気のなかでライブは進んでいった。

    まずは新曲でスタート。かわいらしくもある、ささやかでありふれた日々。そんな日々も、そこにあった恋も、いずれは終わってしまう。そこから私はこぼれ落ちてしまう人間なんだ……。幸せのなかにあるあやうさが終わりの恋の物語として歌われる。

    第2部では、白昼夢のような春のまどろみのなかで終わりを迎える恋を歌った「春は何処に」。漂白された悲しみに彩られた森田童子のカバー「たとえば僕が死んだら」。行き止まりで言葉を無くし、やさしさからたったひと言の「さよなら」が言えないことで、かえって相手を傷つけてしまう「高架下の二人」など、関係性の終わりを繊細な感性で描いた曲が中心となっていた。

    行き場を無くした2人。恋人がいるべき場所からこぼれ落ちてしまう性分の2人。幸せであっていいはずなのに、そうはならない運命を静かに受けとめる2人の物語が続く。せつなさ、寂寥感、あきらめ……。そんな言葉が頭に浮かぶ。だが、不思議と失望感のようなものは感じられない。

    離れゆく相手への愛情がささやかに、しぶとく、伝わってくるからかもしれない。いつか2人は、見知らぬどこかで、見知らぬ姿で巡り合うのかも。そんな気がした。ただ、もし、そうだとしても、言葉は交わさないのだろう。

    「さよなら」はひどいものばかりではない。優しさや愛情からできた「さよなら」はいっぱいある。音楽や映画、演劇は「さよなら」の美学をたくさん教えてくれる。

    第2部は「街の灯かり」をラストナンバーにして幕を閉じた。終わりがあるから嘆くことはない。いつか失うから捨てることはない。ぬぐえない諦観と、終わりまでは歩み続けるという生命力が、ひとり歩く帰り道の情景のなかで描かれる。この美しく静かなバラードは、まるで青春映画のエンディングロールのように、この夜の出来事を思い起こさせてくれた。

    昨年の7月に行なわれた新宿シアターモリエールでの完全生音ライブでも演劇的手法が全編に渡って盛り込まれていたが、ストーリーテラー・沖ちづるの世界観は劇的な空間ととても相性がいい。この夜にみせた朗読と歌という実験的なひとり芝居は、沖ちづるにとって新しい日々のきっかけになりそうだ。

    5月20日に東京・六本木VARIT.で行なわれる新しい自主企画「わたしたちの時間」も楽しみに待ちたい。(文:山本貴政)

    写真:川崎龍弥

    2016年3月13日 恵比寿天窓.switch
    2nd Single「旅立ち」リリースツアー“新しい日々”
    東京公演2日目
    セットリスト


    【1部】
    01.旅立ち
    02.いとまごい
    03.はなれてごらん
    04.クラスメイト
    05.blue light
    06.光
    07.下北沢
    08.二十歳のあなたへ

    【2部】
    09.新曲
    10.春は何処に
    11.たとえばぼくが死んだら
    12.メッセージ
    13.高架下の二人
    14.街の灯かり

    関連リンク
    沖ちづる オフィシャルサイトhttp://chizuruoki.tumblr.com/
    沖ちづる オフィシャルYouTubehttps://www.youtube.com/user/okiokioki555
    沖ちづる Twitter@okichizuru


    0 0

    DCコミックスの悪役たちが主人公の映画『スーサイド・スクワッド』が2016年9月10日に全国公開となる。奇抜なストーリーで注目される本作の予告編がいよいよ披露された。
    DCコミックスの悪役を代表する「バットマン」シリーズでお馴染みの敵役ジョーカーも登場する。映画ファン、メコミファン必見のトレーラーとなった。

    『スーサイド・スクワッド』の予告編第1弾は刑務所で拷問されるウィル・スミスの姿が描かれている。近年は『アフター・アース』や『幸せのちから』で実の息子と共演を果たし、近年は良き父親役のイメージもある彼が、スーサイド・スクワッドの鍵を握る悪役・デッドショットを演じる。
    さらにジョーカー役は『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞を受賞したジャレッド・レトが担当。全身にタトゥーを刻んだ新たなジョーカー像を生み出している。1989年公開の『バットマン』ではジャック・ニコルソン、2008年公開の『ダークナイト』でヒース・レジャーが担当したスーパー・ヴィランをどのように表現するのだろうか。


    予告編のBGMにはイギリスのロックバンド・クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」が使用された。派手なアクションシーンとスタイリッシュなロックがシンクロし、何でもありな世界観を描き出している。脚本・監督は『フューリー』のデヴィッド・エアーが務める。
    DCコミックス原作のDCフィルムズは3月25日に第1弾『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が公開され、『スーサイド・スクワッド』はそれに続く第2弾となる。二大ヒーローの激突や、ヴィランによる史上最狂チームの活躍など、今後も多彩なアクション大作を堪能できそうだ。
    [高橋克則]

    『スーサイド・スクワッド』
    2016年9月10日日本公開
    配給: ワーナー・ブラザース映画
    全米公開: 2016年8月5日
    (c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

    【関連写真】DCコミックス悪役ばかりの「スーサイド・スクワッド」いよいよ予告編公開 ジョーカーも登場

    ■関連記事
    「スーサイド・スクワッド」日本公開 は9月10日、日本人女優が演じるヴィランも登場
    DCコミックス“敵役”がドリームチームを結成 「スーサイド・スクワッド」2016年日本公開決定
    「スーパーガール」「アロー」「フラッシュ」も  DCコミックスはドラマもアツい!
    「バットマン vs スーパーマン」撮影使用コスチュームが日本初上陸 六本木で展示中

    0 0

    AKB48の43rdシングル「君はメロディー」(キングレコード/3月9日発売)が発売初週に123.8万枚を売り上げ、今週発表の最新3月21日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:3月7日~3月13日)で初登場1位を獲得した。

    シングル連続1位獲得作品数および同・通算1位獲得作品数が、ともに節目となる30作連続、通算30作目に到達したAKB48は、自身が歴代1位記録を持つ「⼥性アーティストによるシングル連続1位獲得作品数」と「⼥性グループによるシングル通算1位獲得作品数」をともに更新。

    さらにAKB48は、自身がアーティスト歴代1位の座を盤石なものとしている「シングルミリオン達成作品数」を通算25作目、「同・連続達成作品数」も「桜の木になろう」(2011年2月発売)から24作連続としており、他を寄せつけない爆発⼒で記録更新となった。

    AKB48の10周年記念シングルとなる今作表題曲は、HKT48と兼任の宮脇咲良が初の単独センターを担当。ミュージックビデオの監督は蜷川実花氏が務め、メンバーたちはOGの前⽥敦⼦、⼤島優⼦、板野友美、篠⽥⿇⾥⼦、4月に卒業を控える高橋みなみらとともにカラフルで艶やかな着物姿で歌い踊り、“ポップな⼤奥”の世界観を表現している。

    関連リンク
    ■AKB48 公式サイトhttp://www.akb48.co.jp/


    0 0

    2月14日の金沢を皮切りに全国7カ所で開催されたSKY-HIのホールツアーの最終公演が3月13日、東京ドームシティホールで行われた。

    昨年末に東名阪のZeppツアーを成功させたばかりのSKY-HIが挑んだ自身初のホールツアー。短いスパンとはいえ、両ツアーのあいだにリリースされ、オリコンウィークリーランキング5位を記録した2ndアルバム「カタルシス」(1月20日発売)を携える形となった。

    その緻密に構築されたアルバムの楽曲群をどんなバンドサウンドに仕立てるのか、「生と死」を問うた世界観は生身のライブにおいていかに表現されるのか。アルバムの完成度が高いからこその注目が集まるなか、この日約3,000人(ツアー総動員では1万3,000人)のオーディエンスはそれぞれの想像をはるかに超える光景を目の当たりにすることになった。

    紗幕の向こう側にSKY-HIシルエットが浮かびあがる“フリージア 〜Prologue〜”の演出で神々しいまでのオープニングを迎えると、「君の!君の!君の人生をひっくり返しにきた!」という宣言とともに「トリックスター」を始め新旧のパーティチューンを連続投下。バンドとのタイトなグルーヴをつくりながら、高度なラップを(さらに、フックでは歌いあげたり!)繰り出し、且つ、ダンサーを従えて目一杯踊るという離れ業はまさに天はSKY-HIに二物も三物も与えたのではないかという印象を与える。一気にヒートアップさせたあとは、「LUCE」「Young , Gifted and Yellow」「As a Sugar」「F-3」「Enter the Dungeon」など、新しめの楽曲でゆったりさせたり、シリアスなリリックを畳みかけたりと、緩急自在なステージングで終始圧倒。

    おなじみのSKY-HI BANDは前回ツアーでのギター、ベース、ドラム、キーボード、ホーンセクション(Tp, Sx, Tb)、DJに、新たにコーラス2名が加わり、もはやバックバンドを背負ったラッパーという域を越え、SKY-HI自身によって完全にステージがコントロールされていた。このあたりのSKY-HI自身による徹底したライブの作り込みについては、5月11日発売のシングル「クロノグラフ」にライブリハーサルの模様が収録された「ツアーメイキング映像」があるので、SKY-HIのこだわりっぷりを覗くことができるだろう。

    ライブ終盤では「『カタルシス』をリリースした後、どうしてもこのツアーに間に合わせたくて作りました」という言葉とともに新曲「クロノグラフ」を披露。別れの曲でありながらも、どこか前向きで温かみを孕んだ歌詞とサウンドだ。生きる死ぬの生死観を歌ったアルバム「カタルシス」を経て、次なるシングルで“別れ”を綴ったSKY-HIの境地とはどんなものだろうか...。

    MCで「別れは悲しくて寂しいけど、そんな別れを愛する歌です」と語ったように、この曲の温かみにはそんな奥深さが寄り添っていることをしっかり感じさせてくれるパフォーマンスとなった。

    関連リンク
    SKY-HI オフィシャルサイトhttp://avex.jp/skyhi/
    SKY-HI facebookhttp://www.facebook.com/skyhi19861212
    SKY-HI YouTubehttp://www.youtube.com/user/SKYHICHANNEL
    SKY-HI twitterhttps://twitter.com/SkyHidaka
    SKY-HI オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/sky-hi-blog/


    0 0

    本日3月15日のいきものがかりデビュー10周年記念ベストアルバム「超いきものばかり〜てんねん記念メンバーズBESTセレクション」の発売を記念し、LINE LIVE生特番として「超いきものカウントダウン〜10周年を祝いまSHOW〜」が配信された。

    番組は、トークテーマがかかれたカードを一人ずつ引いていき、いきものがかりの10周年をトークで振り返ろうという内容。リーダーの水野良樹が引いたカードには、“「SAKURA」生演奏”の文字。3人はデビュー曲「SAKURA」を心を込めて披露し、吉岡聖恵は情感たっぷりに歌声を響かせた。コメント欄には視聴者の喜びのメッセージが飛び交った。演奏後、水野が「何度も歌ってるけど「SAKURA」は緊張する?」と問いかけると、吉岡は「私は“緊張しい”だから…。「SAKURA」は何回も歌ってるけど、新鮮なんですよね」とコメント。山下穂尊は「一生で一番歌ってきた曲だからね」とデビュー曲について振り返った。

    他にも、グループ名の由来や、初めて会ったときの印象、路上ライブでのエピソードなど、思い出話は止まらない。2010年に初めて行った日本武道館ライブについては、「周りのスタッフが泣いている姿を見て、あ、もう3人じゃないんだなと感じた」と水野がしみじみと語った。また、“10年前の自分は何を言っていたでしょうクイズ”では、水野がずっと内緒にしてきた「美顔器にハマっていた」ことをうっかり告白したり、“吉岡の髪型はロングとショートのどちらがいいか”をテーマに視聴者アンケートをとったり、吉岡がサインペンのキャップを閉じてなかったことで普段温和な山下が激怒したエピソードを暴露したり、赤面&爆笑トークで盛り上がった。

    デビュー10周年を迎える3月15日午前0時には、視聴者と一緒にカウントダウンを行い、くすだまとクラッカーでお祝い。吉岡は、「ありがとうございます!とにかく健康体で、一曲一曲がんばっていきたいと思います」と感謝とともにこれからの意気込みを語った。

    また、視聴者がアプリの「ハート」ボタンを押した回数が10万回に達したら、新曲「Sweet! Sweet! Music!」のMVを世界初公開する企画も実施。水野が説明をしている間になんと10万回超えを達成し、急きょ、100万回に変更になった。それでも勢いは止まらず、番組開始からわずか10分足らずで100万回を達成してしまった。これには、メンバーも大喜び。その後も増え続け、番組終了時には500万回を突破し、LINE LIVE歴代最高記録を打ち出した。

    番組概要
    超いきものカウントダウン〜10周年を祝いまSHOW〜
    配信日時:2016年3月14日(木) 23:00〜24:10
    出演者:いきものがかり
    動画URL:https://live.line.me/r/channels/21/broadcast/2483
    ※3月15日(火) 23:59まで視聴可能

    いきものがかりデビュー10周年特設サイト
    http://ikimonogakari.com/cho-10nen/

    リリース情報

    アルバム「超いきものばかり〜てんねん記念メンバーズBESTセレクション〜」
    2016年3月15日(火)発売
    初回生産限定盤(4CD)ESCL-5555〜58 4,444円+税
    初回仕様限定盤(3CD)ESCL-5560〜62 3,333円+税

    関連リンク
    いきものがかり オフィシャルサイトhttp://ikimonogakari.com/


    0 0

    5月20日に発売されるアリアナ・グランデ3rdアルバム「デンジャラス・ウーマン」。このニュー・アルバムのリリースを記念して、アリアナ・グランデにそっくりな“Ariガール”を発掘する全国オーディションの開催が発表された。

    オーディションでは、1次審査(写真・動画審査)通過者が全国6都市(東京、仙台、名古屋、札幌、福岡、大阪)で開催される2次審査(地区オーディション)へ進出し、地区オーディションでは“あなたなりの表現”(歌、ダンス、メイク、ファッションなど)でアリアナ・グランデになりきり、各地区で代表者が選ばれる。

    地区代表者は5月21日に東京都内で行われる最終オーディションへ進み、グランプリが決定する流れとなっている。グランプリである「アリアナ・グランデ賞」は、アリアナ・グランデの日本プロモーション隊長に任命され、豪華特典が贈呈される。

    アリアナ・グランデ 全国オーディション〜“#Ariガール”を探せ〜特設サイト
    http://sp.universal-music.co.jp/ariana-grande/ari-girl/

    リリース情報

    アルバム「デンジャラス・ウーマン」
    2016年5月20日(金)世界同時発売
    アルバムタイトル曲「デンジャラス・ウーマン」配信中
    http://po.st/AriDW

    関連リンク
    アリアナ・グランデ 日本公式サイトhttp://www.universal-music.co.jp/ariana-grande
    アリアナ・グランデ twitterhttps://twitter.com/ArianaGrande


    0 0

    3月15日22時より「dヒッツ」で、aikoの最新曲「もっと」を含む人気曲を配信開始する。定額制音楽配信サービスでaikoの楽曲を聴けるのは「dヒッツ」だけとなっている。

    aikoの2016年最初のシングル「もっと」は、TBS系火曜ドラマ「ダメな私に恋してください」(毎週火曜日)22:00の主題歌として話題の、せつないラブソング。その「もっと」も聴ける「dヒッツ」の「aiko特集プログラム」が、ドラマの最終回オンエアにあわせて、3月15日22時より公開。

    このドラマは、人気漫画家・中原アヤが「YOU(集英社)で連載中の同名漫画が原作。30歳独身彼氏なしの女主人公・ミチコを演じるのは深田恭子。ミチコを見かねてアルバイトとして彼女を拾った喫茶店「ひまわり」のマスターにして、前の職場でミチコを罵倒し続けたドSな元上司・黑沢歩役をDEAN FUJIOKAが務めている。

    放送毎にSNSでも大きな反響を呼んでいる「ダメな私に恋してください」。ドラマ終盤で「もっと」が流 れると、ストーリーがさらに盛り上がっていくと話題になっている。そんな「もっと」をはじめ、「カブトムシ」「ボーイフレンド」「桜の時」などaikoの楽曲の世界観にひたれる「dヒッツ」の楽曲プログラムとなっている。

    配信情報
    【dヒッツ「aiko」プログラム】(2016年3月15日 22:00〜)
    http://rd.music.docomomarket.ne.jp/dhits/aiko/0315/

    リリース情報
    シングル「もっと」発売中

    初回限定仕様盤/通常盤
    PCCA.15019 1,200円+税

    関連リンク
    ■aiko official websitehttp://aiko.com
    ■aiko official YouTubehttp://www.youtube.com/user/aikoOfficial
    ■aiko official on Twitter@aiko_dochibi
    ■aiko official Facebookhttps://www.facebook.com/aiko
    ■aiko 公式LINEアカウントLINE ID:@aiko


    0 0

    2015年の米アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされ、高い評価を受けた『ダム・キーパー』を手掛けたトンコハウスの展覧会が東京・銀座で行われる。
    展覧会は「『ダム・キーパー』の旅」と題され、3月25日より銀座のクリエイションギャラリーG8で約1ヶ月開催する。キャラクターデザインや背景、ストーリー設定など貴重なアートワークが展示される。

    『ダム・キーパー』は、トンコハウスの創立者である堤大介とロバート・コンドウが監督を務めた短編アニメーションだ。ベルリン国際映画祭などでも上映され、世界各地の映画祭で20以上の賞を受賞している。2月にはNHKでも放送され、大きく話題となった。
    堤大介とロバート・コンドウは、ピクサーで『トイ・ストーリー3』や『モンスターズ・ユニバーシティ』などのアートディレクターを担当したベテランクリエイターである。トンコハウスは二人が設立したアニメーションスタジオで、本展は初の展覧会となる。

    期間中は展示のほか、スペシャル企画として、新作のコラボレーションも展示される。コラボレーションにはコマ撮りアニメーションのスタジオでお馴染みのドワーフや、ジオラマアーティストである荒木智などが参加する。
    さらにサンフランシスコにあるトンコハウスを再現したスペースも登場する。進行中のプロジェクトや今までの仕事の紹介も展示される。

    本展は3月25日から4月28日まで。銀座のクリエイションギャラリーG8が会場となる。入場は無料だ。
    展示の他にも、『ダム・キーパー』のBlu-ray&DVDやトンコハウスの新商品なども販売される。3月26日には、両監督が出演するトークショー、27日には展示解説とサイン会も実施される。ファンにとっても盛りだくさんのイベントとなる。

    トンコハウス展 「ダム・キーパー」の旅
    入場無料
    会期: 2016年3月25日(金)~4月28日(木)11:00~19:00
    日曜・祝日休館※3月27日(日)は開館
    会場: クリエイションギャラリーG8

    【関連写真】「ダム・キーパー」の旅 トンコハウス展が3月25日より銀座で開催

    ■関連記事
    「ダム・キーパー」堤大介&ロバート・コンドウ監督 新作「ムーム」を日本のアニメーションスタジオと制作中
    アカデミー賞ノミネート「ダム・キーパー」 日本語版制作で音声収録完了
    アニメーションマスタークラス今年も開催 講師は「ダム・キーパー」堤大介氏
    「ダム・キーパー」米国アカデミー短編アニメ部門ノミネート 2年連続で日本人アーティスト

older | 1 | .... | 1115 | 1116 | (Page 1117) | 1118 | 1119 | .... | 1145 | newer