Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

オトナにおくる、アメーバニュース。スポーツやビジネス、デジタルの情報からグラビア・アイドル、政治・社会ニュースまで、webで話題になっているニュースを配信します。

older | 1 | .... | 1106 | 1107 | (Page 1108) | 1109 | 1110 | .... | 1145 | newer

    0 0

    キングレコード新部署、キング・アミューズメントクリエイティブ本部の関係者向けコンベンションが3月9日にEX THEATERで行われ、所属アーティストがパフォーマンスを行うなど賑わいを見せた。

    キングレコードは、2月1日付にて組織再編を行い、アニメ関連の映像・音楽や声優・アニソンアーティストといった事業を行ってきた二部署“スターチャイルドレコード”と“第三クリエイティブ本部”を統合。新部署「キング・アミューズメント・クリエイティブ本部」を立ち上げた。今回行われたコンベンションは新部署立ち上げを記念して開催されたもので、関係者約700名が招待された。

    冒頭、キングレコード代表取締役重村社長がステージへ登壇。今回の組織再編について、「昨今、アニメを取り巻くあらゆる変化が生じてくる中、ここ数十年でそれぞれ進化した二部署を統合することで、アニメビジネスが更なる拡大強化路線につながるであろうと判断し、大きな変化にチャレンジしていこうと踏み切った」と述べた。

    そして、続けて現在放送中のTVアニメ『うたわれるもの偽りの仮面』、『亜人』、『昭和元禄落語心中』や、4月より放送の『ニンジャスレイヤーフロムアニメイション』、『坂本ですが?』に加え、さらに夏以降のラインナップ映像も特別に披露するなど、新部署としても多くのアニメ作品へ携わることが発表された。

    コンベンション後半では、所属アーティストの中から、林原めぐみ、水樹奈々、angela、宮野真守、ゆいかおり、上坂すみれ、小倉唯、水瀬いのりが次々と登場。それぞれパフォーマンスを披露し、会場からは大きな歓声と拍手が沸き起こっていた。

    また、パフォーマンス後に出演アーティストが一堂に会したステージ上では、3月1日より同部署に新たに加入した蒼井翔太が紹介され登壇。「皆様が笑顔になれる、そして幸せになれるような夢を、演技や歌を通してお届けできるように精一杯頑張りたいと思っております」と意気込みを語った。

    最後に各アーティストからも新部署に対する各々の想いが語られる中、水樹からは「本当にここでしか作れない音楽がたくさん詰まっているなと感じました」とあり、続けて林原からは「そこに歌がある限り、歌っていくんだと思います」という熱い言葉を語り、コンベンションは終了した。

    Photo by 江頭はんな(SHERPA+)

    関連リンク
    ■KING AMUSEMENT CREATIVEhttp://king-cr.jp/sp/


    0 0

    SHISHAMOの初となるライブ音源「LIVE@LINE MUSIC LAB.」が、本日3月10日よりLINE MUSICで独占配信をスタートした。

    SHISHAMOがLINEのライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」の音楽番組『LINE MUSIC LAB.』でのスタジオライブで生披露した「僕に彼女ができたんだ」「みんなのうた」など、全5曲を配信している。

    配信情報

    ライブ音源「LIVE@LINE MUSIC LAB.」
    <収録曲>
    01.僕に彼女ができたんだ (STUDIO LIVE)
    02.僕、実は (STUDIO LIVE)
    03.量産型彼氏 (STUDIO LIVE)
    04.旅がえり (STUDIO LIVE)
    05.みんなのうた (STUDIO LIVE)
    LINE MUSIC:https://lin.ee/7tQB09F/lnms

    関連リンク
    SHISHAMOオフィシャルHP:http://shishamo.biz/
    SHISHAMOオフィシャルTwitter:https://twitter.com/SHISHAMO_BAND


    0 0

    3月31日、アニメ制作ワークフローセミナー第15弾「日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング」が東京工芸大学 中野キャンパスにて開催される。講師としてスタジオカラー デジタル部の松井祐亮と仲眞良一が登壇。小林浩康監督とコヤマシゲトもゲスト出演し、制作現場でのエピソードを披露する。

    アニメ制作ワークフローセミナーは、クリエイティブ市場の総合商社・株式会社Tooが主催を務める人気イベントである。アニメ・映像制作の関係者や、3DCGツールの導入を検討中の人々に向けて、デジタルでのアニメ制作ワークフローを紹介してきた。
    その第15弾「日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング」は、2016年1月に博多で開催されて好評を集めた。スタジオカラー デジタル部のスタッフによる人気セミナーが、いよいよ東京でも行われる。

    セミナーには『カセットガール』でCGI作画監督を務めた松井祐亮と、スペシャルエフェクトアニメーターの仲眞良一が登壇。CGを用いながら、80年代アニメへのオマージュも詰め込んだ本作について解き明かしていく。
    スペシャルゲストとして小林浩康監督とアートディレクション・キャラクターデザインのコヤマシゲトが参加する予定だ。小林監督は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズでCGI監督を務め、コヤマは『HEROMAN』『ガンダム Gのレコンギスタ』など話題作に多数参加した実績を持つ。約3時間という長丁場のセミナーで、どんな発言が飛び交うのか要注目である。

    「『カセットガール』メイキング」の受講料は無料だが、特設サイトから申し込みが必要だ。定員は180人で、応募者多数の場合は抽選となる。
    [高橋克則]

    アニメ制作ワークフローセミナー 第15弾 in 東京
    日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング
    日時: 2016年3月31日15:00~18:00 (14:30 受付開始)
    会場: 東京工芸大学 中野キャンパス 芸術情報館
    定員: 180名
    受講料: 無料

    ■関連記事
    アニメ制作ワークフローセミナーが福岡で開催 題材に日本アニメ(ーター)見本市『カセットガール』
    アニメ「信長協奏曲」メイキングセミナー 監督らがロトスコープを用いた3DCG技術を紹介
    「アルドノア・ゼロ」メイキングで学ぶデジタルアニメ制作セミナー Tooが開催
    映像コンテンツ海外進出セミナー 福岡で開催 ASEANのコンテンツビジネス事情を探る

    0 0

    独自の歌声と存在感で幅広い世代を魅了し続けるCharaが、韻シストBANDと共に、5・6月に特別公演を行うことが発表された。

    ブルーノート東京、名古屋ブルーノート、ビルボードライブ大阪、モーション・ブルー・ヨコハマという4つの特別な場所で行われる、特別な公演は「LIVE LIFE 3 〜Birdfunk〜」と名づけられた。

    昨年クリスマスに東京グローブ座で行われた、同編成のスペシャルライブは、そのファンキーでソウルフルなステージに大反響を呼んだ。

    更に、今回のステージはデビュー25周年を控え、デビュー当時から現在までのヒット曲、名曲の数々が披露される予定とのこと。最高の音楽環境の中で、世代を超えて楽しめる公演となりそうだ。

    ライブ情報
    Chara x 韻シストBAND 「LIVE LIFE 3 〜Birdfunk〜」

    〈出演者〉
    Chara(vo)
    韻シストBAND[TAKU(g,cho)、 SHYOU(b,cho)TAROW-ONE(ds)]
    Kan Sano(key)
    mabanua(Manipulator,cho)
    KEN-T(sax)
    Kenichi Takemoto(cho)

    〈ブルーノート東京公演〉
    ・5月27日(金)
    1st stage open 17:30 / start 18:30
    2nd stage open 20:20 / start 21:00
    ・5月28日(土)
    1st stage open 16:00 / start 17:00
    2nd stage open 19:00 / start 20:00

    料金:自由席 9,000円(税込) ※指定席は別途シートチャージがかかります。 ※ご飲食別
    Jan Session会員先行発売日:3月23日(水)
    インターネット先行発売日:3月30日(水)
    一般電話予約受付開始日:4月2日(日)
    電話予約: BLUE NOTE TOKYO 03-5485-0088
    インターネット予約:http://www.bluenote.co.jp/

    〈名古屋ブルーノート公演〉
    ・6月10日(金)
    1st stage open 17:30 / start 18:30
    2nd stage open 20:30 / start 21:15
    ・6月11日(土)
    1st stage open 16:00 / start 17:00
    2nd stage open 19:00 / start 20:00

    料金:自由席 9,000円(税込) / メンバーズ料金 8,550円 ※ご飲食別
    メンバーズ先行発売日:3月30日(水)
    一般電話予約受付開始日:4月6日(水)
    電話予約: NAGOYA Blue Note 052-961-6311
    インターネット予約:http://www.nagoya-bluenote.com

    〈ビルボードライブ大阪公演〉
    ・6月13日(月)
    1st stage open 17:30 / start 18:30
    2nd stage open 20:30 / start 21:30
    ・6月14日(火)
    1st stage open 17:30 / start 18:30
    2nd stage open 20:30 / start 21:30

    料金:自由席 8,900円(税込) カジュアル席 7,900円(税込)※ご飲食別
    Club BBL会員先行発売日:3月26日(土)
    一般電話予約受付開始日:4月2日(土)
    電話予約: BillBoard Live OSAKA 06-6342-7722
    インターネット予約:http://www.billboard-live.com


    〈モーション・ブルー・ヨコハマ公演〉
    ・6月26日(日)
    1st stage open 15:15 / start 16:30
    2nd stage open 18:15 / start 19:30

    料金:自由席 9,000円(税込) BOX席 42,000円(税込、4名様まで利用可) ※ご飲食別
    インターネット先行発売日:3月23日(水)
    一般電話予約受付開始日:3月30日(水)
    主催:Motion Blue yokohama
    電話予約番号:045-226-1919
    インターネット予約:http://www.motionblue.co.jp

    関連リンク
    Chara オフィシャルサイトhttp://charaweb.net/
    Chara オフィシャルFacebookhttps://www.facebook.com/Chara.Official/
    Chara オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/Chara_xxx_


    0 0

    アニメ制作会社「TRIGGER」の新作TVアニメ『キズナイーバー』エンディングテーマに抜擢された、三月のパンタシアのメジャーデビューシングル「はじまりの速度」の詳細第一弾が明らかになった。

    同曲は初夏に発売予定で、作曲・編曲はARCHITECT、作詞には同アニメのシリーズ構成・脚本を手掛ける岡田麿里を迎えて制作された。

    なお、先日発売の「リスアニ!Vol.24」にて巻頭特集が組まれており、自身初のインタビューを含めこれまでの活動のヒストリーも紹介されている。

    岡田麿里 コメント
    “キズナイーバー”の世界とシンクロさせつつ、なおかつ青春の甘酸っぱさのある歌詞を」というオーダーがあったのですが、すさまじく悩みました。“キズナイーバー”は思春期の子らがわんさか出てはくるものの、甘さは控えめ……というか、残念ながらほぼ皆無なので。けれど、三月のパンタシアさんの楽曲の爽やかさと、みあさんの声に救われました。みあさんは瑞々しさと思慮深さを持ちあわせた、とても物語のある声の持ち主だなと思います。これから新しい世界に走り出していく、三月のパンタシアさんのお力に少しでもなれたら幸せです。

    番組情報
    ©TRIGGER・岡田麿里/キズナイーバー製作委員会
    TVアニメ『キズナイーバー』
    放送時期:2016年4月より、TOKYO MX、ABC朝日放送、BS11ほかにて放送開始
    公式サイト:http://kiznaiver.jp/
    公式Twitterアカウント:@kiznaiver
    <メインスタッフ>
    原作:TRIGGER・岡田麿里
    監督:小林 寛
    シリーズ構成・脚本:岡田麿里
    キャラクター原案:三輪士郎
    キャラクターデザイン:米山 舞
    美術監督:野村正信(美峰)
    色彩設計:三笠 修
    撮影監督:田村 仁・山本弥芳(グラフィニカ)
    編集:奥田浩史
    音楽:林ゆうき
    音響監督:亀山俊樹
    音響効果:倉橋裕宗
    アニメーション制作:TRIGGER
    オープニングテーマ:BOOM BOOM SATELLITES
    エンディングテーマ:三月のパンタシア
    <メインキャスト>
    阿形勝平:梶 裕貴
    園崎法子:山村 響
    高城千鳥:寺崎裕香
    天河 一 :前野智昭
    新山仁子:久野美咲
    由多次人:島﨑信長
    牧穂乃香:佐藤利奈
    日染芳春:西山宏太朗

    関連リンク
    三月のパンタシア | OFFICIAL WEB SITEhttp://www.phantasia.jp/
    三月のパンタシア(みあ)Twitterhttps://twitter.com/3_phantasia
    三月のパンタシア YouTube Channelhttps://www.youtube.com/channel/UC6f7fQM4BtnrfWgGc6iYsKQ


    0 0

    3月2日にシングル「アクセンティア」(PS Vita用ゲームソフト「デジモンワールド -next 0rder-」主題歌)を発売した藍井エイルが、昨日9日、シングルの発売を記念したLINE LIVE特番を配信した。

    今回の配信は、最新シングルに収録されているカップリング「春〜spring〜」に焦点を当て、この楽曲の作詞作曲者であり藍井エイルのライブツアーではサポートドラムも務める元Hystric Blueの楠瀬タクヤをゲストに招きトークを繰り広げた。

    藍井エイルは、「子供の頃によく歌っていたこの曲をカヴァー出来るなんて夢のよう!エイルバンドでお世話になっていた繋がりもあり、タクヤさんに直談判して実現しました!」と、楽曲カヴァーまでの経緯を興奮気味に語った。

    楠瀬タクヤは、「今の時代だからこそ出来る最新のアレンジをしたかった。更にパワーアップした「春〜spring〜」になったと思う。ライブで演奏するのが楽しみ!」と楽曲の仕上がりに太鼓判を押した。

    Hysteric Blueの「春〜spring〜」は1999年に発売されるやいなや大ヒットを記録し日本を代表する春ソングになったが、現在、藍井エイルの「春〜spring〜」もその兆しを見せている。

    カップリング曲という形態にも関わらずiTunes、moraをはじめとする各種配信チャートにてTOP10入りを果たし、無料動画GYAO!では、音楽映像デイリーランキングでいきなり2位を獲得するなど盛り上がりを見せている。

    各SNS上では「藍井エイル風なROCKなアレンジで最高!」「ヒスブルを歌いこなせるなんてすごい!」「早くライブで体感したいです!」などなど称賛の声が次々にあげられ、日を追うごとにその数は増え続けている。

    藍井エイルの「春〜spring〜」、もうすぐやってくる本格的な春の到来に向けて更に注目を浴びそうだ。

    藍井エイルは今月3月19日から全国16か所を回る、自身最大規模となる藍井エイルの全国ツアー「Eir Aoi LIVE TOUR 2016 "D’AZUR-ES」開催。6月23日に単独公演としては初となる、NHKホールでの追加公演「Eir Aoi EXTRA LIVE 2016 "D’AZUR-EST FINALE"」の実施も発表している。

    関連リンク
    藍井エイル オフィシャルサイトhttp://www.aoieir.com/
    藍井エイル Facebookhttp://www.facebook.com/aoieir/
    藍井エイル Twitter(@eir_ruru)http://twitter.com/eir_ruru
    藍井エイル ブログ(エイルるる♪)http://ameblo.jp/eir-ruru/
    藍井エイル mixiページhttp://p.mixi.jp/aoieir
    ■藍井エイル Google+https://plus.google.com/+aoieir/
    ■藍井エイル Official YouTube Channelhttp://www.youtube.com/user/aoieirSMEJ/
    ■藍井エイル スペシャルサイト“ROCK THE WORLD”http://www.aoieir.com/special/rocktheworld/
    電撃オンライン・連載コラム「藍井エイルのゲームは遊びじゃない。」http://news.dengeki.com/sp/aoieir/?rside


    0 0

    音楽評論家・小野島大が音楽の深い知識を持ち、レコーディングにこだわる音楽家を迎えるトーク・イベント「Astell&Kern×disk union presents Talkin’ Loud & Sayin’ Music」が3月26日にdues新宿で開催。第1回は“まりん”こと砂原良徳が登場する。

    ポータブルプレイヤーのハイエンドブランド「Astell&Kern」とdisk unionによる共同開催される本イベントは、小野島 大とゲストが選ぶ優れたレコーディング作品を高音質で聴きながら、その作品の魅力や音へのこだわりについて語り、音楽の新しい楽しみ方を探っていくことを目的としている。

    イベント終了後には「Astell&Kern」のポータブルプレイヤーの試聴や、小野島 大とゲストが選んだ作品の販売も行われる予定。チケットは、ディスクユニオン新宿ロック新品ストア(1F)で販売中。

    イベント情報

    「Astell&Kern×disk union presents Talkin’ Loud & Sayin’ Music」
    開催日:2016年3月26日(土) 18:30開場 / 19:00開演
    開催場所:dues新宿(東京都新宿区新宿3-28-4 新宿三峰ビル4F)
    出演:小野島 大、砂原良徳
    料金:2,000円(税込・ドリンク代別)
    ディスクユニオン新宿ロック新品ストア:http://diskunion.net/shop/ct/shinjuku_rock
    dues新宿:http://dues-shinjuku.diskunion.net/Date/20160326/1/
    Astell&Kern:http://www.iriver.jp/information/entry_879.php

    関連リンク
    ■Y.SUNAHARA’S STUDIO OFFICIALhttp://y-sunahara.com/


    0 0

    2016年春の新作テレビアニメ『ばくおん!!』の放送日時が決定した。4月4日24時よりTOKYO MX、サンテレビ、BS11で一斉にオンエアとなる。4月2日には「『ばくおん!!』“極上爆音”先行上映会」が行われ、5.1chサラウンド仕様の第1話が上映される。

    テレビアニメ『ばくおん!!』は4月4日24時よりTOKYO MX、サンテレビ、BS11で放送がスタート。全国の放送局で一斉オンエアされる。放送に先駆けて、Amazonプライム・ビデオでは4月3日24時から第1話の先行配信を開始する。Amazonはアニメの配信ラインナップを着実に増やしてきており、その動向も気になる発表となった。
    放送時間の発表に合わせて、新たなキービジュアルも公開された。ツーリング風景を切り取っており、オンエアへの期待が高まる1枚に仕上がった。

    4月2日には、立川シネマシティ シネマ・ツー b studioにて「『ばくおん!!』“極上爆音”先行上映会」が開催される。イベントで上映される第1話は、5.1chサラウンドで制作された特別仕様。バイクごとに実機の音を収録するなど、音響にもこだわった本作の世界観を堪能できる、嬉しい上映会である。
    ゲストとして上田麗奈、東山奈央、内山夕実、山口立花子、佐咲紗花とメインキャスト陣が登壇。トークはもちろん、オープニングテーマ「FEEL×ALIVE」のライブも予定している。チケットは3月11日10時から抽選申込受付がスタート。価格は2500円(税込)となる。
    そのほか、AnimeJapan 2016や第43回東京モーターサイクルショーでのステージイベント開催も決定した。オンエア前から様々な企画を実施して、作品を盛り上げていく。
    [高橋克則]

    「『ばくおん!!』“極上爆音”先行上映会」
    日程: 4月2日
    場所:立川シネマシティ シネマ・ツー b studio
    出演: 上田麗奈、東山奈央、内山夕実、山口立花子、佐咲紗花
    料金: 2500円(税込)
    抽選申込受付開始: 3月11日(金)10時~
    応募期間日時: 3月11日(金)~3月21日(月・祝)

    『ばくおん!!』
    (c)おりもとみまな(ヤングチャンピオン烈)/ばくおん!!製作委員会

    【関連写真】「ばくおん!!」の爆音上映会を先行開催 オンエアは4月4日一斉開始

    ■関連記事
    「ばくおん!!」バイクコラボが次々に 本編に実在のヘルメット登場も 
    「ばくおん!!」OP主題歌に佐咲紗花 EDはキャスト4人で歌う
    「ばくおん!!」新キャストは東山奈央、内山夕実、山口立花子 EDテーマはメインキャストが担当
    AnimeJapan2016、トムスブースが内容発表「弱虫ペダル」「D.Gray-man」「ばくおん!!」の最新グッズ

    0 0

    デビュー5周年を迎えたシンガーソングライター・ダイスケが、5周年イヤーでコラボレーションをしているゴーゴーカレーの全面協力のもと、念願のダイスケオリジナルレトルトカレーを制作していることが発表された。

    自他共に認めるカレー好きのダイスケが満を持して作るカレーということもあり、期待値は非常に高いものとなっている。多くのファンが女性ということから、野菜がゴロゴロ入りつつ発汗作用の高いスパイスをふんだんに使用し、ローカロリーを目指したカレーとなっているとのこと。

    詳細の発表は今後予定されているが、全国のゴーゴー―カレー店舗では一足早く、その制作模様がわかる特別番組が店内放送されている。

    関連リンク
    ダイスケ 公式サイトhttp://www.daisuke-music.com/
    ■ダイスケ 公式ブログhttp://ameblo.jp/daisuke-nikki/


    0 0

    横浜出身・在住の男女音楽ユニット、コアラモード.が3月9日に3枚目のシングル「さくらぼっち」の発売記念イベントを実施した。

    発売日を地元横浜で迎えたいという想いと、「さ (3)く(9)ら」にちなんだ場所で開催したいという想いで横浜市中区 CIAL桜木町にて実施された。

    イベント当日は雨天の為、室内となったが、華やかなピンク色のカーペットに桜のオーナメントが飾られたステージはまるで春が訪れたような空間となった。

    ミニライブでは地元横浜の風景描写を歌った「メモリーズ」からスタート。

    「本日はコアラモード.3rdシングル『さくらぼっち』発売記念イベントにお越し下さいましてありがとうございます。」とギター・ボーカルのあんにゅが挨拶をした。

    3月9日に桜木町にて「さくらぼっち」の発売イベントを実施した経緯を説明すると会場からは拍手がおこった。

    「そして、本日はもうひとつ。39(サンキュー)ということで“感謝の日”でもあります。次に歌う曲はコアラモード.の卒業ソング「ありがとう、そしてさよなら」です。

    先日、生蘭高等専修学校の卒業式でサプライズゲストとして歌わせて頂きました。卒業生の皆さんや先生、保護者の方の顔を見ていたら、私も泣きそうになりました。」

    メンバーの小幡康裕もこの楽曲が中学校の先輩の言葉から想い浮かび、中学時代から温めていた楽曲であったことを語った。そして、会場への感謝の気持ちも込めて「ありがとう、そしてさよなら」を披露した。

    続いて、軽快なサウンドにちょっぴりせつない歌詞を重ねたナンバー「さくらぼっち」をパフォーマンス。会場からは手拍子が起こり盛り上がりをみせた。

    デビュー曲「七色シンフォニー」を最期にミニライブは終了した。

    コアラモード.「ありがとう、そしてさよなら」

    コアラモード.「さくらぼっち」

    リリース情報
    シングル「さくらぼっち」
    2016年3月9日(3さ9くらの日)発売

    通常盤 BVCL-706 1,200円(税込)

    初回生産限定盤(CD+DVD)BVCL-704〜705 1,620円(税込)
    ※DVD「さくらぼっち」ミュージックビデオ

    ツアー情報
    コアラモード.初ワンマンツアー We Are Coalamode.!! 2016〜なんだか会いたくなっちゃった〜開催決定!
    5月1日(日)東京・TSUTAYA O-WEST 開場 18:00/開演 18:30 バンド形式
    5月7日(土)福岡・ROOMS 開場 16:30/開演 17:00 アコースティック編成(コアラモード.+パーカッション)
    5月8日(日)大阪・南堀江Knave 開場 16:30/開演 17:00 バンド形式
    チケット:全席自由 3,000円(税込)
    チケット先行受付:1月30日(土)12:00〜
    詳細:コアラモード.オフィシャルサイト http://coalamode.net/

    インストアライブ情報
    「さくらぼっち」発売記念ミニライブ&特典会イベント
    内容:ミニライブ&特典会(ミニライブ観覧はフリーです。)
    3月10日(木)19:00〜
    会場:タワーレコード横浜VIVRE店 店内イベントスペース
    3月11日(金)(1)16:00〜 (2)18:00〜
    会場:愛知県/ イオン八事店 4FG.Gモール イベントステージ
    3月12日(土)13:00〜
    会場:大阪/ タワーレコード難波店5F イベントスペース
    3月12日(土)17:00〜
    会場:兵庫県/ 阪急西宮ガーデンズ 4階スカイガーデン・木の葉のス テージ
    3月13日(日)(1)13:00〜 (2)15:00〜
    会場:千葉県/ カルチェ5柏  1階エントランス
    3月15日(火)19:00〜 
    会場:福岡県/ キャナルシティ博多B1F サンプラザステージ
    3月18日(金)18:30〜
    会場:神奈川県/ ラゾーナ川崎  ルーファ広場
    3月19日(土)13:00〜
    会場:千葉県/ イオン八千代緑が丘 ローズ広場
    3月21日(月・祝)(1)13:00〜 (2)15:00〜
    会場:千葉県/ イオン鎌取 4Fイ ベントスペース
    3月26日(土)16:30〜
    会場:高知県/ こうち旅広場 イベントステー ジ
    3月30日(水)(1)17:00〜 (2)19:00〜
    会場:神奈川県/ トレッサ横浜店 南棟1Fイベント広場
    4月2日(土)(1)13:00〜 (2)15:00〜 
    会場:千葉/ イオン市川妙典 2Fサークルデッキ
    4月9日(土)(1)13:00〜 (2)15:00〜
    会場:栃木/ イオンモール佐野新都市 1Fセントラルコート
    4月23日(土)(1)13:00〜 (2)15:00〜
    会場:イオンモール木更津 1Fサウスアトリウム
    4月24日(土)(1)13:00〜 (2)15:00〜 
    会場:イオンマリンピア  4Fイベントプラザ
    詳細はこちら

    関連リンク
    コアラモード.オフィシャルサイトhttp://coalamode.net/
    コアラモード.Facebookhttps://www.facebook.com/coalamode
    コアラモード.YouTube channelhttp://www.youtube.com/channel/UC5vaUl4Zw4RCsGA-mRuDDGg


    0 0

    3月28日〜4月1日の期間、東京・アンスティチュ・フランセ東京にて「第一回ミュージックアカデミー:ポップ・ジャズ・ロック・エレクトロ」が開催される。

    これは、日本で既にミュージシャンとして活躍している人や現在音楽家を目指している人を対象に、国際的に知られるフランス人一流ミュージシャンによる約1週間のマスタークラスとワークショップ。

    マスタークラスでは、ジャズ、ロック、ポップ、エレクトロなど幅広いジャンルのクラスを設けている。また、ワークショップでは、日本とフランスのミュージシャンが揃ってステージに上がれるまたとない機会となっている。

    コース紹介
    第一回ミュージックアカデミー:ポップ・ジャズ・ロック・エレクトロ
    日程:2016年3月28日〜4月1日
    場所:東京・アンスティチュ・フランセ東京
    マスタークラス:10:00〜13:00、ワークショップ:14:00〜18:00
    マスタークラスとワークショップ(5日間)80,000円
    マスタークラス(5日間/3時間X5)40,000円
    マスタークラス(1日/3時間)10,000円
    www.institutfrancais.jp/tokyo
    Facebook:facebook.com/IFJTokyo
    Twitter:@institut_tokyo

    講師:
    フィリップ・バラティエ(Philippe BALATIER)によるコンピュータ音楽
    作曲家、グループNOJAZZ創設メンバー
    マスタークラス:
    ・サンプリング:楽器や声からどのようにサンプルを取るか。サンプルをどのように使うか。テンポやハーモニーに応じ、どのようにサンプルを修正またはアレンジするか。
    ・プログラミング:どのように曲をプログラミングするか。LIVE(Ableton)、Logic Pro、Maschine(Native instrument)、3種のソフトウェアを使った異なるアプローチ法。
    ・コンピュータとミュージシャンのインタラクション:プログラミングとどのように向き合うか。リズムやハーモニー等、どのように曲を発展させるか。
    ・コンピュータやサンプラー等の機械を使った即興:機械をエンドレスに作動させたまま、ミュージシャンや歌手のサンプルを順番に取っていく。トランス状態となり、やがて音楽的なアイディア(テーマやリズム)が現れると各々の役割が分かってくる。その後、そのエレメンツを使いそれぞれに即興を行う。

    ドミニク・フィヨン(Dominique Fillon)によるピアノ
    ピアニスト、作家、作曲家
    マスタークラス:
    ・音楽家としての更なる成長を目指す。プロフェッショナル・レベルに達することができるように手助けし、また、現代におけるプロの音楽家の世界についてガイダンスする。
    ・アマチュア音楽家とプロの音楽家の違いについての詳細に考察する:準備、シークエンスあるいは一音(メトロノーム)を使ったソロまたはグループでの録音、集中力、他のミュージシャンの伴奏、聴く力、リズムとハーモニーの位置づけ、広義での即興、音楽的精神を理解し敬意をもつこと、プロジェクトやグループの方向性、等々。
    教材とする音楽:ジャズ、シャンソン、フュージョン、ワールド・ミュージック(サルサ、サンバ、ボサノバ等)、ポップ、ロック、即興。

    フランシス・アルノー(Francis Arnaud)によるドラム
    ドラマー
    マスタークラス:
    主たる目的は、ドラムの音楽的側面を学ぶこと。もちろん技術的側面も補完的に学ぶが、より関心を持ちたいのはテンポやダイナミクス、演奏意図、そして伴奏。伴奏はドラマーの第一の役割と言える。活動分野を広げるため様々なスタイルに触れる。また、それぞれのスタイルの特徴を理解する。

    ミシェル・オーモン(Michel Haumont)によるギター
    超絶技巧ギタリスト、作曲家、アレンジャー
    マスタークラス:
    ・ブルースやカントリー音楽、ケルト音楽のレパートリーを通し、フィンガー・スタイルのギターの様々なテクニックを学ぶ。
    ・ギターによる歌の伴奏とアレンジ(トラディッショナル、ポップ等)
    ・ギターによる作曲と即興(指使いや音色の習得)
    ・グループの中でのギターの位置づけ(スペクトルの選択、周波数の限界を守る)

    セバスチャン・ルヴァヌール(Sébastien Levanneur)によるベース
    ベーシスト、コントラバシスト(ファンク、ジャズ、ソウル)
    マスタークラス:
    ・ジャコ・パストリアス(Jaco Pastorius)、ジェームス・ジェマーソン(James Jamerson)、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)、ブーツィー・コリンズ(Bootsy Collins)、ロン・カーター(Ron Carter)、カチャーオ(Cachao)等のベーシストのスタイルを通して、ジャズ、ファンク、R’n’B、ポップ、ロック、レゲエ、ラテンのレパートリーを習得する。
    ・テクニック(指使い、メディエーター、スラップ、ハーモニー)
    ・リズム、グルーヴ、姿勢
    ・即興(伴奏、ソロ)
    ・音階、プロになること、イヤー・トレーニング


    0 0

    2016年3月26日から27日、東京ビッグサイトで開催されるAnimeJapan 2016のメインエリアで展開される主催企画のひとつが伝統工芸とアニメのコラボレーションだ。人気アニメと日本の伝統が結びつき新たなカルチャーを創りだす。
    第一弾発表は、『アイドルマスター シンデレラガールズ』『おそ松さん』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』『装甲騎兵ボトムズ』が登場し、話題となった。これに続き、第二弾のタイトル、商品が明かされた。

    「伝統工芸×アニメ」として、第二弾は怒涛の5タイトルである。『あらいぐまラスカル』『NARUTO-ナルト-疾風伝』『文豪ストレイドッグス』『刀剣乱舞-ONLINE-』『Fate/Grand Order』だ。
    「日常生活に、伝統とアニメを」をテーマに謳い、日本各地にある伝統工芸が人気作品とコラボレーションを行う。

    世界名作劇場の『あらいぐまラスカル』は、香川県の「香川漆器」とコラボ、朱と黒2種類の小皿を販売する。価格は4900円(税込)。
    海外からも人気の高い『NARUTO-ナルト-疾風伝』は三重県の伊賀焼、お馴染みの木の葉のマークと、火影の“火”という字が入った渋い木箱入りの茶碗となる。こちらは6,900円(税込)。
    2016年4月より放送開始となる『文豪ストレイドッグス』は山梨県の「甲州印伝」とコラボレーションする。鹿革に漆で太宰治の異能力である「人間失格」と誕生花である薔薇がデザインされ、9,800円(税込)である。

    ゲームからも二作品が登場、『刀剣乱舞-ONLINE-』は宮城県の玉虫塗とコラボを行い、手鏡を販売する。加州清光、鶯丸、歌仙兼定の3種類で、各キャラクターをイメージした朱、緑、紫色に染めている。金色で紋が描かれた艶やかなデザインで、2,800円(税込)となっている。
    『Fate/Grand Order』は石川県の金沢箔とコラボ、人気キャラクターであるギルガメッシュをデザインしたボールペンを販売する。イメージカラーである金を基調に、礼樹や甲冑の模様を青で描く。16,800円(税込)で、ビジュアルはまだ未公開だ。

    主催企画の中でも注目を集めているコラボレーションだが、開催に向けて様々な発表が行われている。コラボレーションは伝統工芸だけでなく、ファッションや2015年のコラボ10選なども用意されている。

    AnimeJapan 2016
    ビジネスエリア: 2016年3月25日(金)~3月26日(土)
    メインエリア: 2016年3月26日(土)~3月27日(日)
    場所: 東京ビッグサイト

    【関連写真】「NARUTO」や「刀剣乱舞」AnimeJapan 2016伝統工芸コラボグッズ第二弾を発表

    ■関連記事
    AnimeJapan 2016に4つの伝統工芸コラボ「おそ松さん」「オルフェンズ」「シンデレラガールズ」「ボトムズ」
    “子どもが楽しめるファミリーアニメフェスタ”AnimeJapanに併設 手塚健一氏に動画インタビュー
    “アニメ創りに憧れを持ってもらいたい” AnimeJapan 2016クリエイションエリア:北村耕太インタビュー
    AnimeJapan2016、トムスブースが内容発表「弱虫ペダル」「D.Gray-man」「ばくおん!!」の最新グッズ

    0 0

    SEKAI NO OWARIが立ち上げたライブハウス「clubEARTH」の10周年を記念したライブが、2016年6月10日に新木場Studio Coastで開催されることが決定した。

    今回のイベントの出演者は、SEKAI NO OWARIにゆかりがあるグループのラインナップとのことで、GOMESS、ぼくのりりっくのぼうよみ、神聖かまってちゃん、Charisma.com、そして、SEKAI NO OWARIの出演が発表されている。

    また、今回のイベントに一緒に出演を希望する出演者をオーディションで公募している。オーディションの方法は「clubEARTH」のホームページで確認のこと。公演の詳しい詳細、チケットの購入方法などは後日アナウンスされる。

    「clubEARTH」
    http://clubearth.jp/mob/index.php?site=earth&ima=1334

    イベント情報
    「clubEARTH 10th Anniversary」
    日程:2016年6月10日(金)
    会場:東京・新木場Studio Coast
    出演:GOMESS/ ぼくのりりっくのぼうよみ / 神聖かまってちゃん / Charisma.com /SEKAI NO OWARI +対バンオーディション優勝者
    ※詳しくは、http://clubearth.jp/mob/index.php?site=earth&ima=1334まで。
    ※その他詳細後日発表

    関連リンク
    SEKAI NO OWARI Official Sitehttp://sekainoowari.jp/
    SEKAI NO OWARI | TOY’S FACTORYhttp://www.toysfactory.co.jp/artist/sekainoowari


    0 0

    3月11日に「ねごと presents“お口ぽかーん!?~つまり2マンツアー 2016~”」を開催する ねごとが、ツアーの開催にあわせて、新ビジュアルが公開し、アーティストホームページもリニューアルされた。また、バンドのオフィシャルInstagramもスタートした。

    今回の2マンツアーは、昨年開催された全国ワンマンツアー「ねごと presents“お口ポカーン?!~VISIONは続くよどこまでも~”」で開催できていなかった土地を廻るもので、5都市で開催。京都はBrian the Sun、静岡は雨のパレード、茨城はフレデリック、長野は女王蜂、東京はパスピエと対バンする。

    ねごとInstagram オフィシャルアカウント
    https://www.instagram.com/negoto_official/

    ツアー情報
    「ねごと presents “お口ぽかーん!?〜つまり2マンツアー 2016〜”」
    3月11日(金)京都 MUSE 18:30 open / 19:00 start
    w / Brian the Sun
    前売り:3,300円
    e+
    ローソンチケット L:56577
    チケットぴあ P:285-074

    3月18日(金)静岡 浜松 FORCE 18:30 open / 19:00 start
    w / 雨のパレード
    前売り:3,300円
    e+
    ローソンチケット L:46447
    チケットぴあ P:285-700

    3月24日(木)茨城 水戸 ライトハウス 18:30 open / 19:00 start
    w / フレデリック
    前売り:3,300円
    e+
    ローソンチケット L:72252
    チケットぴあ P:285-771

    3月27日(日)長野 ライブハウスJ 17:30 open / 18:00 start
    w / 女王蜂
    前売り:3,300円
    e+
    ローソンチケット L:73645
    チケットぴあ P:285-541

    4月4日(月)東京 渋谷 TSUTAYA O-EAST 18:00 open / 19:00 start
    w / パスピエ
    前売り:3,800円
    e+
    ローソンチケット L:72253
    チケットぴあ P:285-771

    関連リンク
    ねごと オフィシャルサイトhttp://www.negoto.com
    ねごと オフィシャルTwitter@negoto69
    ねごと オフィシャルFacebookhttps://www.facebook.com/negoto
    オフィシャルモバイル会員サイトSMA☆アーティスト「ねごとひろば」http://smam.jp/negotohiroba/
    ねごと LINE公式アカウントhttp://line.me/ti/p/%40negoto


    0 0

    ディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』は恐竜が絶滅しなかったもう一つの地球を舞台に、弱虫な恐竜・アーロと怖いもの知らずの人間・スポットの冒険を描いたファンタジーアドベンチャーだ。知性を持った恐竜の姿や、アーロとスポットが迷い込む大自然の荒々しさ、そして言葉を交わせない二人の種を超えた友情が、ピクサーならではタッチで描かれている。
    3月12日のロードショーを直前に控え、プロデューサーのデニス・リームさんにお話を伺った。VFXスタジオのインダストリアル・ライト&マジック(ILM)出身で『スター・ウォーズ/エピソード3』の製作を務めるなど異色の前歴を持つ彼女が、作品の魅力や製作秘話を解き明かした。
    [取材・構成:高橋克則]

    『アーロと少年』
    http://www.disney.co.jp/movie/arlo.html

    ――絶滅を免れた恐竜がユニークな進化を遂げているというアイデアはどのように生まれたのでしょうか?

    デニス・リーム(以下、リーム)
    『アーロと少年』は2009年に企画がスタートし、当初の監督であったボブ・ピーターソンが世界観を生み出しました。彼は子供のときに万国博覧会で恐竜展を訪れて、子供ながら多くのインスピレーションを受けたんです。その気持ちを長年胸に抱いていて、「ピクサーならではの恐竜を作ってみたい」と考えたことが制作のきっかけになっています。

    ――畑を耕したり牛を飼ったりする恐竜たちに目を惹かれますが、ほかの動物も我々の地球とは異なる姿をしてますね。

    リーム
    恐竜が絶滅しなかった影響で、あらゆる生命体が独自に進化したんです。動物たちはかなり自由にデザインしていきました。とはいえ、あまりに荒唐無稽すぎてもいけないので、ジュラ紀に存在していた生物をモデルにしました。そこにピクサーなりの味付けを施すことによって、魅力的で興味深いキャラクターを創造できたと思っています。


    ――広大な自然の風景も印象的です。あの背景美術は実在の場所をモデルにしているのでしょうか?

    リーム
    谷で有名なワイオミング州のジャクソンホールをロケハンしました。背景は実際の地形をそのままベースにしています。アメリカ地質調査所の地形データをもとに、アート部門がイマジネーションを加えて作品舞台を構築しました。本編に登場するギザギザ山もグランド・ティトンという山がモデルです。西部劇の『シェーン』に出てきたので、ご存じの方も多いかも知れませんね。でも『アーロと少年』は恐竜の世界が舞台なので、より尖ったかたちにデフォルメしました。まるで恐竜の歯のようだと思いませんか?

    ――確かに迫力があります(笑)。背景はとても写実的に描かれていますが、恐竜たちはデフォルメされたデザインです。その理由について教えて下さい。

    リーム
    まず自然や背景をリアルに描いたのは、冒険に危機感を持たせるためです。アーロが遭遇する嵐や洪水を、ある種のパターンのように戯画化して描くこともできました。でもそれでは自然の脅威を表現できなくなってしまう。観客にインパクトを与えるためには本物の自然らしくする必要があったんです。
    一方でアーロとスポットを可愛らしいデザインにしたのは、たった二人で見知らぬ土地に放り込まれた不安な気持ちを描くためです。キャラクターに愛らしさがないと、そういった心象を描くのは難しいですからね。そこでリアルな自然とデフォルメしたキャラクター、二つのスタイルを組み合わせようと決めました。

    ――ピクサーはこれまでも様々なコンビを描いてきました。その中でもアーロとスポットは最もサイズが異なるペアではないでしょうか?

    リーム
    大きさがまったく違う二人をどうやって同じフレームに収めるか。それが『アーロと少年』にとって最大のチャレンジでした。アーロの全身を映そうとすると、スポットは豆粒のように小さくなる。彼も重要な主人公の一人ですから、それでは困ってしまいます。もともとアーロはもう少し大人の設定でしたが、子供の恐竜にすることでスポットと一緒にギリギリ収まるサイズになりました。


    ――二人が冒険の途中に出会うT・レックスの家族が印象的でした。とくに父親のブッチはアーロに指針を示す重要な役柄でもあります。あの一家はどのように生まれたのでしょうか?

    リーム
    実はT・レックスにはモデルとなった人物がいるんですよ。オレゴンで牧場を営んでいるジョー・マッケイという白人の一家で、映画と同じようにとても豪快な人たちです。ハイチから黒人の子供を5人も養子にとって、田舎の牧場で一緒に暮らしています。お父さんは完全にブッチそのものですね。子供たちの教育方針も手取り足取り教えるのではなく「俺の背中を見て覚えるんだ」というスタイルでしたし(笑)。T・レックスの造型にはかなり影響を受けました。

    ――リームさんはVFXスタジオのILMで『ハリー・ポッターと賢者の石』や『スター・ウォーズ/エピソード3』など実写映画にも携わってきました。その経験はピクサーでどう役立っていますか?

    リーム
    ILMの技術者がピクサーの技術部門に移ることはありますが、制作チームに入るのはかなり珍しいんです。そういった意味で、私はかなり変わった経歴と言えるでしょう。ILMはエフェクト会社なので、クライアントから作品単位で依頼を受ける、いわゆる請負仕事なんです。そのため自分たちの能力を発揮して作品を生み出すだけでなく、顧客が求めるニーズにも応えなければいけません。クライアントが何を求めているのか。それをきちんと感じ取って理解して、映像に反映させる仕事でした。その経験は映画プロデュースでも重宝しています。

    ――お気に入りのシーンはありますか?

    リーム
    アーロとスポットの二人が親友になって、鳥たちを追いかけて走っていくシーンが大好きなんです。自分の人生にとって初めての友達ができた喜びが感じられます。人生そのものが希望にあふれていて、とても気分が高揚する。あの場面は何度観てもグッと来ますね。日本の皆さんにも気に入ってもらえると思いますよ。

    ――本日はありがとうございました。


    『アーロと少年』
    3月12日(土)ロードショー
    (c)2016 DISNEY / PIXAR.

    【関連写真】映画「アーロと少年」デニス・リーム プロデューサーに訊く“ディズニー/ピクサーが届ける友情”

    ■関連記事
    ジョン・ラセターが「アーロと少年」と「トイ・ストーリー」を語る 特別映像公開
    「アーロと少年」プレミア試写 ママ役安田成美が“親友は木梨憲武”と笑顔で
    「アーロと少年」ピーター・ソーン監督来日記者会見 母との思い出が作品に反映
    「アーロと少年」、弱虫な恐竜アーロと父親の交流を描く 本編映像から公開

    0 0

    スペースシャワーTVにて、スタジオライブ番組『Untitled』が3月18日の23:30より初回放送を迎える。初回のゲストにはSuchmosの出演が決定した。

    番組では、Suchmosのスタジオライブを独占放送。これまで、昨年末に開催した自主企画ライブ「Suchmos The Blow Your Mind vol.1」など限られた場でしか披露したことのない、カバー曲「Blow Your Mind / Jamiroquai」の演奏も収録された。

    また、スタジオのロケーションを活かして行われたBBQやキャンプファイヤーの模様を交えながら、ステージでは見せることのない素顔が盛りだくさんのインタビューをお届けする。

    番組情報
    スペースシャワーTV『Untitled | Suchmos』
    初回放送:3月18日(金)23:30~24:00
    リピート放送:4月5日(火)25:30~、4月30日(土)26:00~
    Webサイト:http://sstv.jp/untitled

    関連リンク
    スペースシャワーTVhttp://www.spaceshowertv.com/


    0 0

    20世紀のジャズ・ジャイアンツ マイルス・デイビス生誕90年にして、没25年のメモリアル・イヤーとなる今年、新たな記念碑的プロジェクトとしてマイルス初の自伝的映画『マイルス・アヘッド』のオリジナル・サウンドトラックが4月27日に、グラスパーが手掛けるリミックス最新作「エヴリシング・イズ・ビューティフル」が5月25日に日本先行発売となる。

    「エヴリシング・イズ・ビューティフル」は、マイルス・デイビス&ロバート・グラスパーのダブル名義での発売となる。グラスパーが米コロンビア・レーベルのテープ保管庫でセレクトしたマイルスのオリジナル録音をベースに、マイルスの音世界をリミックスした意欲作となっている。

    本作には、マイルスの遺伝子を受け継ぐ多彩な顔ぶれのアーティストたちが参加しており、ビラル、イラ・J、エリカ・バドゥ、フォンテ、ハイエイタス・カイヨーテ、ローラ・マヴーラ、キング、ジョージア・アン・マルドロウ、スティーヴィー・ワンダー、そして、実際にマイルスのバンドでも演奏していたギタリスト、ジョン・スコフィールドと名を連ねる。

    アートワークはアメリカ現代アート界の旗手フランシーヌ・タークの書き下ろしで、グラスパーがマイルスの音楽を自由にコラージュしたアイディアにインスパイアされているとのこと。

    4月1日からアメリカで公開となるマイルス初の自伝的映画『マイルス・アヘッド』のサントラでは、マイルスが一時的に音楽界から引退していた1979年を軸に描かれ、ドン・チードルが主演・脚本・監督を務めている。ロバート・グラスパーが音楽監督の一人としてクレジットされており注目を集めている作品となっている。

    全24曲76分を越える長時間収録のサントラには、1956年から1981年に発売されたマイルスの代表的ナンバー11曲(*オリジナル音源/一部抜粋編集)と、ロバート・グラスパーが映画のために書き下ろした新録5曲が、ドン・チードルの劇中台詞とともに収録されている。

    映画本編中の演奏シーンで実際にトランペットを吹いているのは、ディアンジェロとの共演でも知られるキーヨン・ハロルド。そして、エンド・タイトルに流れる「ゴーン2015」ではラッパーのファロア・モンチをゲストに迎えている。

    グラスパー「エヴリシング・イズ・ビューティフル」についてコメント
    単なるリミックス・アルバムにはしたくなかった。マイルスがどれだけ人々に影響を与え、新しいアートを生み出す源になったのかを伝えたかったんだ。僕たちは今もマイルスのスピリットの中に生きている。

    映画『マイルス・アヘッド(原題)』US映画予告編

    『エヴリシング・イズ・ビューティフル』マイルス・デイビス&ロバート・グラスパー
    http://www.sonymusic.co.jp/artist/robertglasper/discography/SICJ-117

    『マイルス・アヘッド』オリジナル・サウンドトラック
    http://www.sonymusic.co.jp/artist/SoundTrackInt/discography/SICP-4776

    リリース情報

    マイルス・デイビス&ロバート・グラスパー「エヴリシング・イズ・ビューティフル」
    5月25日 日本先行発売
    CD:SICJ117 2200円+税
    <収録曲>
    1. トーキング・シット 
    2. ゲットー・ウォーキン feat.ビラル 
    3. ゼイ・キャント・ホールド・ミー・ダウン feat.イラ・J 
    4. マイシャ feat.エリカ・バドゥ 
    5. ヴァイオレッツ feat.フォンテ 
    6.リトル・チャーチ feat.ハイエイタス・カイヨーテ
    7. サイレンス・イズ・ザ・ウェイ feat.ローラ・マヴーラ 
    8. ソング・フォー・セリム feat.キング 
    9. マイルストーンズ feat.ジョージア・アン・マルドロウ 
    10. アイム・リーヴィング・ユー feat.ジョン・スコフィールド&レディシ
    11. ライト・オン・ブラザ feat.スティーヴィー・ワンダー 

    映画『マイルス・アヘッド(原題)』オリジナル・サウンドトラック
    4月27日国内盤発売
    SICP4776  2400円+税
    <収録曲>*タイトル後のカッコ内はマイルス・デイビスのオリジナル・アルバム・タイトルと発売年
    1. マイルス・アヘッド(「ブルー・ヘイズ」(56)より)
    2. 台詞 ”It takes a long time…”
    3. ソー・ホワット  (「カインド・オブ・ブルー」(59)より)
    4. テイラー・メイド  (ピアノ:テイラー・アイグスティ)
    5. 台詞 ”Listen, you talk too goddam much…”
    6. ソレア(抜粋)(「スケッチ・オブ・スペイン」(60)より)
    7. セヴン・ステップス・トゥ・ヘヴン(抜粋)「セヴン・ステップス・トゥ・ヘヴン」(63)より)
    8. 台詞 ”If you gonna tell a story…”
    9. ネフェルティティ(抜粋)  (「ネフェルティテイ」(68)より)
    10. ブラウン・ホーネット (「キリマンジャロの娘」(69)より)
    11. 台詞 ”Sometimes you have these thoughts…”
    12. デュラン(テイク6)(抜粋)  (「コンプリート・ジャック・ジョンソン・セッションズ」(03)より)
    13. 台詞 ”You own my music…”
    14. ゴー・アヘッド・ジョン(パート2C)(「コンプリート・ジャック・ジョンソン・セッションズ」(03)より)
    15. ブラック・サテン(抜粋)Black Satin (edit)(「オン・ザ・コーナー」(72)より)
    16. 台詞 ”Be musical about this shit…”
    17. プレリュード#2 Prelude #II  (「アガルタ」(75)より)
    18. 台詞 ”Y’all listening to them…?
    19. ジュニアズ・ジャム (演奏:ロバート・グラスパー、キーヨン・ハロルド、マーカス・ストリックランド)
    20. フランセッセンス  (演奏:ロバート・グラスパー、キーヨン・ハロルド、エレナ・ピンダーヒューズ)
    21. バック・ビート・ベティ(抜粋)(「ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン」(81)より)
    22. 台詞: ”I don’t like the word jazz…”
    23. ワッツ・ロング・ウィズ・ザット?(演奏:ドン・チードル、ロバート・グラスパー、ゲイリー・クラーク・ジュニア、ハービー・ハンコック、キーヨン・ハロルド、アントニオ・サンチェス、エスペランサ・スポルディング、ウェイン・ショーター)
    24. ゴーン2015 (Gone 2015 –パーソネル:ロバート・グラスパー、キーヨン・ハロルド、ファロア・モンチ)
    (*国内盤にはオリジナル台詞と対訳掲載)


    0 0

    miwaが、オリコンチャート1位を記録した初のバラードコレクションアルバム「miwa ballad collection 〜graduation〜」を携え、全国13都市18公演で展開したツアー「miwa "ballad collection" tour 2016 〜graduation〜」のファイナルを3月9日、東京・日本武道館で締めくくった。

    昨年3月にアコギ1本で開催された公演以来1年ぶり、バンドスタイルとしては初となる日本武道館での2DAYS。昨年末には3回目となる紅白歌合戦に出演し、今年のNHK合唱コンクール中学の部の課題曲も担当する等、勢いを増すmiwaのライブに集まった観客は2日間合わせて2万人。今回は初めてバラードコレクションツアーと銘打ち、しっとりとした大人の演出を多く取り入れた構成となっており、いつものmiwaのライブとはまた違う一面を魅せるツアーとなった。

    会場が暗転すると、miwaによるポエトリーリーディングが始まり、真剣に耳を傾ける観客。miwaの登場と共に会場のボルテージが上がると、1曲目からデビュー当時から絶大な人気を誇るバラード曲「めぐろ川」を披露し、早くも会場からはすすり泣く声が聞こえた。その後もホームページでファンから募集した曲にまつわるポエムを読みながら歌詞をしっかり噛みしめるように歌うmiwa。季節的には卒業を控えたファンもいるのだろう、デビュー当初に発表したスクール感溢れる曲に感情移入している様が見受けられた。

    着席しながらじっくり聴かせる曲が続いた後、「Chasing hearts」「春になったら」等リズムのある曲を続け会場を盛り上げ、ライブも中盤を経た頃、miwaのポエムにのせて登場したバイオリンの美しい旋律が奏でられ、芳醇な時間が漂う中スポットライトを浴びたその旋律の主はなんと美人バイオリニスト宮本笑里。会場が騒然となるとそのまま昨年大ヒットしたバラード「夜空。feat.ハジ→」のイントロが始まり、コラボをしたハジ→も登場し大きな拍手に包まれた。miwa、ハジ→、宮本笑里、となんとも新鮮でバラードツアーに相応しい豪華なサプライズに会場は一体となった。

    その後、miwaのバラード代表曲ともいえる「片想い」ではmiwaがステージセンターに設置されたグランドピアノに座り、弾き語りを披露。演奏中にバイオリンを手にした宮本笑里が再登壇し、ピアノとバイオリン2人だけによるアコースティックなセッションで観客を魅了した。お互いテレビ番組で一緒になりつつ、気になる存在だったそうで今回の共演に喜びを発散させた。2人にmiwaバンドとハジ→も加わったアップナンバー「ミラクル」では更に盛り上がりを見せると、「君に出会えたから」「ヒカリヘ」とシングル曲を続けた。昨年の11月にリリースされた“誕生”をテーマにしたバラード曲、「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」ではステージに映し出された映像マッピングに、赤ちゃんの写真が流れ(miwaの友人やスタッフの子供らしい)、miwaの伸びやかな歌声に相まって会場全体が温かく優しい空間となった。

    本編ラストでは、「皆のおかげで沢山の夢が叶いました。皆と会って新しい夢も出来ました。18才の時にこの曲を書きましたが、今もこの気持ちは変わらないです。」と語るとmiwaがデビュー前、高校生の時に作ったバラード「つよくなりたい」を会場の観客への応援と共に自分に言い聞かせるように歌い締めた。

    鳴り止まないmiwaコールに応えるように再登場したアンコールではmiwa本人が観客に対して振付を指導し、紅白で使用したギターを使って「fighting-φ-girls」をファンと大合唱。その後も昨年テレビ朝日系 金曜ナイトドラマ”民王”の主題歌で話題の「ストレスフリー」を披露した後、最終日となる公演に「このツアーはmiwa史上歴史に残る最高のツアーになりました。皆がいてくれたから強い想いを抱くことが出来ました。本当にありがとうございました」と涙を浮かべながら感謝の気持ちを伝え「これからも皆と未来を描いて沢山夢をかなえていきたいです」とラスト曲「Delight(English ver)」をギター1本、miwa1人の弾き語りで熱唱しツアーを締めくくった。

    Photo by 佐藤 薫

    miwa "ballad collection" tour 2016 〜graduation〜セットリスト
    M1 めぐろ川
    M2 ホイッスル〜君と過ごした日々〜
    M3 Dear days
    M4 Chasing hearts
    M5 春になったら
    M6 441
    M7 friend〜君が笑えば〜
    M8月食〜winter moon〜
    M9 夜空。feat.ハジ→(with 宮本笑里、ハジ→)
    M10 オトシモノ
    M11 片思い(with 宮本笑里)
    M12 ミラクル(with 宮本笑里、ハジ→)
    M13 君に出会えたから
    M14 ヒカリへ
    M15 あなたがここにいて抱きしめることができるなら
    M16 つよくなりたい

    EN1 fighting-φ-girls
    EN2 ストレスフリー
    EN3 again×again
    EN4 Delight(English ver.)

    関連リンク
    miwa official websitehttp://www.miwa-web.com/
    miwa ファンクラブ yaneura-no-nekohttp://www.tristone.co.jp/yaneura-no-neko/


    0 0

    西野カナの新曲「You & Me」が、今年6月4日に公開される映画『高台家の人々』主題歌に決定した。

    本映画は、『ごくせん』『デカワンコ』など数々のヒット作・映像化作品を誇る『高台家の人々』(集英社『月刊YOU』連載)森本梢子による実写映画化作品で、主演に綾瀬はるか他、斎藤工、水原希子、間宮祥太朗、大地真央、市村正親などキャスト陣に迎えた話題の映画となっている。

    監督は、フジテレビの『世にも奇妙な物語』シリーズをはじめとし、『ショムニ』シリーズ、『謎解きはディナーのあとで』『ゴーストライター』等、幅広いジャンルのテレビドラマを手掛けた土方政人が務める。

    監督・土方政人 コメント
    この物語は、口下手な分、妄想だけは得意な女子と、人の心を読める能力を持った男子の恋物語です。妄想とテレパスという、ともすると少し風変わりな作品に見えるかも知れません。でもそれは表面的なことで、誰しもが自分を置き換えて考えられるラブストーリーだと思っています。それをストレートに伝えたいと思い、恋する女子の心に寄り添う歌詞と圧倒的な歌唱力で男女問わず虜にする西野カナさんに是非主題歌をお願いしたいと思いました。西野さんが、書き下ろしてくれた今回の楽曲。流石です…!物語の本質を捉えていました。人の心を読めても読めなくても、その人の人となりは変わらないですし、相手を信じて全てを受け入れられるかどうか。これは恋愛だけでなく、広く人付き合いにも言えることだと思っています。

    綾瀬はるか コメント
    内気なんだけど妄想はじける木絵さんの頭の中や恋する気持ちが現れてるように感じて、とっても素敵な曲です。まだ作品の中に入った状態では聴いてませんが楽しみにしていますし、お客様にも西野カナさんの歌と共に、映画「高台家の人々」を観て、物語の余韻に浸ってもらいたいです!。西野カナさん素敵な曲をありがとうございます。

    西野カナ コメント
    この度、映画「高台家の人々」主題歌を担当させて頂き、とても光栄に思っています。主題歌「You & Me」は、カップルの間に自然と生まれるルールや「どっちもどっち」というお互いの性格を描いた曲です。恋人にまつわるエピソードは、皆さんそれぞれだと思いますが“長所”も“短所”も全部含めて『相性』として受け止めるカップルを表現しました。映画の中で描かれる妄想が趣味の主人公「平野木絵」と、人の心が読める「高台光正」。そんな互いの個性を尊重し合っている二人と照らし合わせながら主題歌「You & Me」を聴いて頂けると嬉しいです。

    映画「高台家の人々」オフィシャルサイト
    http://koudaike-movie.jp/

    関連リンク
    西野カナ オフィシャルサイトhttp://www.nishinokana.com/
    西野カナ twitter@kanayanofficial
    西野カナ official bloghttp://ameblo.jp/nishino-kana/
    西野カナ オフィシャルfacebookページ:https://www.facebook.com/nishinokanaofficial
    西野カナ official YouTubehttp://www.youtube.com/user/kananishinoSMEJ
    USTREAM番組「KANA CHANNEL」:http://www.ustream.tv/channel/kana-channel1


    0 0

    東方神起が、2016年4月より全国47都道府県で初のフィルムコンサート「東方神起 FILM CONCERT 2016 〜TILL〜」を敢行。それに合わせて「TOHOSHINKI Gallery 2016 〜FEEL〜」の開催が発表された。

    「TOHOSHINKI Gallery 2016」は、4月9日〜4月24日に博多阪急、5月13日〜5月29日に渋谷パルコ PART1にて開催され、ファン必見の秘蔵アイテムの多数展示とともに、2012年「TONE」TOURから2015年「WITH」TOURまでのライブの世界観を再現した空間となっている。

    また、特設サイトが本日3月10日にオープンした。様々なコンテンツとともに、東方神起「TILL」&「FEEL」を楽しむ“10”のポイントが掲載されており、見逃せない内容が盛り込まれたサイトとなっている。

    「TOHOSHINKI Gallery 2016 〜FEEL〜」特設サイト
    http://toho-jp.net/special/feel-till/

    関連リンク
    ■東方神起 オフィシャルサイトhttp://toho-jp.net/
    事務所オフィシャルサイトhttp://www.smtown.jp/


older | 1 | .... | 1106 | 1107 | (Page 1108) | 1109 | 1110 | .... | 1145 | newer