Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

オトナにおくる、アメーバニュース。スポーツやビジネス、デジタルの情報からグラビア・アイドル、政治・社会ニュースまで、webで話題になっているニュースを配信します。

older | 1 | .... | 1099 | 1100 | (Page 1101) | 1102 | 1103 | .... | 1145 | newer

    0 0

    アーティストのライブ映像を無料配信するサービスGYAO! MUSIC LIVEにて、大森靖子の「TOKYO BLACK HOLE」ライブ映像を本日より配信開始した。

    本ライブは、大森靖子が3月23日リリースするアルバム「TOKYO BLACK HOLE」の発売にむけて、2月24日に実施した生配信ライブ番組より弾き語りライブ映像を配信する。配信期間は本日3月7日から3月27日までとなる。

    配信情報
    GYAO! MUSIC LIVE「TOKYO BLACK HOLE」発売記念弾き語りライブ
    配信期間:2016年3月7日〜2016年3月27日
    視聴URL:http://gyao.yahoo.co.jp/music-live/player/oomoriseiko

    関連リンク
    GYAO! MUSIC LIVEhttp://gyao.yahoo.co.jp/music-live/


    0 0

    昨年9月10日・11日の2日間、東京・渋谷CLUB QUATTROにてワンマンライブ「ウルトラチャレンジOR DIE!!!〜燃えろ!クアトロ地獄!2日で100曲カブリ無し!!!〜」というハードなライブに挑んだPOLYSICS。今年3月4日は大阪BIGCATにて、19周年を記念して、「20周年まであと1年!!!〜まだまだやるで無茶なこと!!!1日100曲かましたる!!!」という、その名の通り、今回は1日で100曲に挑む最高に無謀なライブに挑んだ。ちなみに、この日のライブはニコ生でも生配信された。夜7時、ライブがスタート。

    SOLD OUTで超満員の会場が暗転になり、登場SEが流れると、オーディエンスはハンドクラップと大歓声でメンバーを迎える。ステージ両サイドには、曲数をカウント表示するモニターが用意。雪崩れ込むかのように演奏が始まり、ハヤシ(G,Vo,Syn,Programming)は「トイス!」とお馴染みの挨拶で煽っていく。

    1曲目「Introduction!」を経て、2005年リリースのアルバム「Now is the time!」からオープニングナンバーの「Tei! Tei! Tei!」がかまされる。初っ端からフロアは波打つくらいに盛り上がり、「Moog is Love」ではフロア全員が手を上げてジャンプする壮大な光景が見られた。

    6曲終えた時点で息が上がっているハヤシは「やべえんじゃねえの?!でも、20周年まで後1年!今日は100曲ぶちかましてやるぜ!!」と自らも鼓舞するかのように、オーディエンスに訴えかける。「Bero Bero」ではハヤシが演奏に合わせて、ズッコケたり、ピタッと止まるモーションを見せていく。「Pike」ではハヤシがトランペットを披露して、歓声が起きる一幕も。

    ハヤシとフミ(B,Vo,Syn)がイベントタイトルを観客に関西弁で読ませたりと遊んだりしながら、3月2日にリリースされた最新アルバム「What’s This???」の話題に。ハヤシの「新曲をコンコンコンとやっていこうと思います!」という言葉を皮切りに、「アルプスルンルン」、「8 Beat Division」と続き、「299」では猫の肉球をイメージさせるキュートな振り付けをオーディエンスに伝授。フロア全体で猫ダンスが繰り広げられる様は、微笑ましかった。

    13曲が終わった時点で既に約50分が経過しており、ハヤシは「この調子だと深夜2時、3時になるので、ここから一気にトントントンと稼ぎます!去年、渋谷でやった『スペシャルメドレー 2016BIGCAT19周年バージョン』にいってみよー!」と長い尺のメドレーコーナーへ。ヤノ(Dr)も「トイス!」と叫び、「踊れHeaven」から怒涛の時間へと突入する。

    「We are Oil Loverd〜ペスター、タッコング、オイルドリンカー登場〜」では、ハヤシ、フミ、ヤノの3人が楽器を持たず、打込みサウンドに合わせて踊っていく。「Boy’s Head」ではヤノがトランペットを吹き、「KI.KA.I.DA!」ではハヤシとフミが拡声器で歌い、ヤノがギターを弾く貴重な演出も。

    「COLON」はヤノとフミがメガホンを持ち、ハヤシが「♪なんなんなんなんでやねんねんねん!」と歌うなど、3人のユーモラス性が爆発する。「テクノドラキュラ」では完全なるテクノサウンドを鳴らし、「Ski Ski Die Ski(n)」では人文字ダンスを披露。そして、あの聞き覚えのあるサイレンが場内に鳴り響き、ハヤシのギターの伴奏に合わせて、フミとヤノはカズーを吹き、「I My Me Mine」を。ギターとベースとドラムという普段の編成に捉われないパフォーマンスを10曲以上に渡って堪能できた。

    ハヤシはギター、フミはベース、ヤノはドラムと普段の体制に戻ってからも、3人は止まる事を知らない。2002年リリースのミニアルバム「LO-BITS」に収録の「Code4」「Code4」では自然に手拍子が起き、気付くとオーディエンス全員がスペイシーにサウンドにノリながら、拳を突き上げる。結果、「機械食べちゃいました」まで計24曲に及ぶコーナーが終わった。

    この時点で41曲が終わるが、ヤノは「ギター以上にカズーが難しかった…。疲れた…」と冗談交じりに弱音を吐く中、ハヤシから提案が。「物凄い速い曲をクイッククイックでメドレーするのは、どうかな?! ずっと暴れまわる感じかな!」と説明され、「Life In Yellow」から「Pretty Good」まで計11曲が、たった4分で物凄いスピードで演奏された。

    「半分終わったぜ! 少しBPMを下げようか!」と「ラスポテトメモリーズ」や「Cleaning」といった速すぎない心地よいテンポの楽曲が続く。「DTMK未来」では、60曲目にしてメンバー紹介がされる。20曲が演奏されたが、徐々に熱が帯びていきBPMも速くなっていき、最後はがっつり激しい状態に。

    改めてハヤシが「今日は、みんな無茶しに来たんだろ?!俺も無茶するよ!打ち上げに行かず、ラウンドワンとかに行くよ!こっから飛ばすぞ!」と「MS-17」や2000年リリースのメジャーデビューシングル「XCT」など本当に飛ばしていく。「MAD MAC」では勢いあまり、この日初となるダイブをハヤシが敢行。「Young OH! OH!」では、「ウッハ!ウッウッハ!」とオーディンエンスが叫びまくる。フロアは手が入り乱れるかのように、全員が手を振っていく。「ピーチパイ・オン・ザ・ピーチ」では、3人共に金色のポンポンをカツラのように頭に装着。ヤノはスティックを握る両手にも装着し、煌びやかに演奏する。

    ハヤシは「後は、ゆっくりした曲はやりません!もっとダバダバしたいんじゃないの?!」と、この日のために用意したという「Let’s ダバダバ」の特別バージョンを73曲目で披露。そして、ステージ後方には「POLYSICS SINCE1997」とデザインされた巨大フラッグが現れる。よく見ると「POLYSICS」の「LY」部分が19周年にかけて「19」という数字をかたどっている事がわかった。

    粋な演出に見惚れながらも、Styx「Mr.Roboto」のリメイクである「ドモアリガトミスターロボット」ではドラマチックな曲展開でオーディエンスを魅了する。81曲目で再度「Let’s ダバダバ」へと戻り、ハヤシはギターを持ったままフロアへと身を委ね、オーディエンスに支えられながらギターをかき鳴らしていく。大合唱の中、ハヤシは「ダバダバスペシャルメドレーでした!」と、このコーナーを〆る。

    残り19曲の中、ハヤシは「1日で100曲というのは準備が相当大変で、ライブをするも20曲足りていない夢を観たりしたよ!」と苦労を語りながらも、笑い飛ばす。「こっからもペース配分はしてらんない!燃え尽きようぜ!灰になる!打ち上げ行けないくらいに、出しきるぜ!!」と絶叫。「Rocket」では最初ゆっくり振られていたオーディエンスの両手が、どんどん激しく振られていく。

    円谷プロとのコラボが話題となった去年リリースのミニアルバム「HEN 愛 LET’S GO! 2 〜ウルトラ怪獣総進撃〜」からは、ゴモラの鳴き声がたまらない「怪獣殿下〜古代怪獣ゴモラ登場〜」を。ラウドすぎるほどのロックがオーディエンスを襲っていく。「MEGA OVER DRIVE」では、ハヤシがショルダーキーボードを操る。「カジャカジャグー」、「シーラカンス イズ アンドロイド」では、あまりの激しい演奏っぷりに、演奏中にスタッフがハヤシの背中に水を差しかけていく。そんなシーンからも、いかにこのライブが過酷であり、何よりも本気で3人が向き合っている事が伝わってきて、胸が熱くなる。

    88曲目「Dr Pepper!!!!!」からは「ほぼフル尺で!」という宣言通り、じっくりと聴かせていく。カヨ脱退後の3人体制初となるミニアルバム「eee-P!!!」収録でPVも話題になった「How are you?」では、メインボーカルのフミの歌声が凛々しくてグッとくる。ここでまた、ハヤシはギターを持ったままフロアへダイブ。「URGE ON!!」では音が鳴り出した瞬間、フロアが荒れはじめ、それに呼応したかの様にハヤシは口に含んだ水をフロアへ吐きかける。「100曲’s High」とでも言うのか、ハヤシが一気にテンションが上がっていくのが手に取るかのようにわかる。

    「Hot Stuff」では、自らの熱を下げるかのように頭から水を浴びるというエモーショナルな状態に。1999年リリースのインディーズデビューアルバム「1st P」収録の色褪せないハードチューン「Buggie Technica」での鬼気迫るヴォコーダーボイスは、95曲目というのに、今から何かが始まる衝動感に溢れていた。フロアも全く静まる気配がない。しかし、ここで本編は終了となる。時刻は夜9時53分、スタートしてから3時間弱が経過。満身創痍の3人は、袖へとはけて行く。

    「P・O・L・Y・S・I・C・S!!!」とアルファベットで彼らを呼び、アンコールを求めるオーディエンス。再び3人が登場して、ハヤシは「19周年ライブで1日100曲とか無謀な事をやっているのに、盛り上がってくれて感謝しています。こんなファンがいてくれて、嬉しいです。こういう面白い事をやっていきたいよね。それに新しいアルバムの『What’s This???』も繰り返し聞くと、色んな発見があるので宜しくお願いします!!」と感謝と決意を述べる。

    こよなくライブハウスを愛する彼らは、「キュー!ワシャー!グチュー!ライブハウスは、そんな密な空間です!!!なので有効利用をしたいし、これから先もPOLYSICSは楽しいライブしかしません!!!」とも誓った。96曲目は感謝の気持ちを込めた「ありがTOISU!」。続いて、キラーチューンの「Baby BIAS」ではフミがハヤシを蹴るアクションを見せるなど最後の最後まで全力で魅せてくれる。

    初めてファンへの想いを込めたナンバーとしても知られる「Electric Surfin’Go Go」、最新アルバムから「SUN ELECTRIC」と立て続けに投下。本当の最後となる100曲目は、赤いピコピコハンマーを持ったフミと黄金のピコピコハンマーを持ったハヤシがオーディエンスの頭を、まるでモグラ叩きの様に叩いていく「AT-AT」がぶちかまされる。

    ヤノも負けじと全力でシンバルを叩いてゆく。ハヤシのシンセ、フミのシーケンス、ヤノのドラムと3人の音が入り乱れたまま終わりへ。足腰が疲弊しきって、3人とも立っているのがやっとなのが、2階の関係者にも伝わってくる。たった3時間強で100曲をライブで表現する事が、いかに大変な事かが改めてわかる。そして、それをやりきった姿は感動すら覚えるし、かっこいいとしか言い様がない。「好きやで〜大阪!ポリシックのみんな、大好きやで〜!バイバイ!!」とハヤシは叫び、最後は「トイス!」を連呼して、「おやすみ〜!!」と去って行く。時刻は夜10時16分、魂のこもった前人未到の宴は幕を閉じた。

    Text by 鈴木淳史

    Photo by 渡邉一生

    関連リンク
    POLYSICS オフィシャルサイトhttp://www.polysics.com/


    0 0

    HIPHOPアイドルユニット・lyrical school(リリカルスクール)が、3月6日に新宿BLAZEで行われたワンマンライブにて新曲「RUN and RUN」を初披露した。

    この日は、新メンバー・hime(元ライムベリー)が加入してから初のワンマンライブということもあり、会場はヘッズ(リリスクファンの呼び名)たちの熱気であふれていた。

    定刻通りライブはスタート、1曲目から新曲「RUN and RUN」を、新ビジュアルと共にパフォーマンス。会場内の熱気は最初から最高潮をむかえた。この勢いのまま「I.D.O.L.R.A.P」「S.T.A.G.E」「tengal6」「おいでよ」など人気曲を立て続けに披露。

    ブレイクタイムのMCでは、「まさか1曲めで新曲やるとは思わなかったでしょ!?」とヘッズたちを煽り、続け「FRESH!!!」「プチャヘンザ!」「リボンをぎゅっと」「PARADE」「photograph」と、パーティーチューンを披露。

    ここで、今回の新ビジュアルに関してayakaが「スニーカーがみんなナイキのハライチなんだよ!!」とコメント。すかさずメンバー全員から「ハラチだよ!ナイキのエアハラチ!!お笑い芸人じゃないよ!笑」と突っ込みが入る。デビュー当時からシューズはナイキで統一されており今回はエアハラチに、ランナースタイルのウェアー衣装となっている。

    そして本編の終わりが近づき、「後から来た人のためにもう1回この曲をやります!」と「RUN and RUN」を再び披露。meiが「ここにいるヘッズは、もう2回めだから歌えるよね!?」と煽り、コール&レスポンスを完璧にこなすヘッズたちと共に大合唱となった。

    meiはこの曲に関して、「デモ音源の段階で泣いた。私たちも4月からメジャーデビューするから私たちの背中を後押ししてくれる曲でもある、歌ってるメンバーも聞いているみんなも。4月から一緒に私たちと走り出して欲しい。」と新曲への思いを語った。

    Photo by 沼田学

    <lyrical school oenman live 2016 セットリスト>
    01. RUN and RUN
    02. S.T.A.G.E
    03. brand new day
    04. I.D.O.L.R.A.P
    05. まちがう
    06. もし
    07. Akikaze
    08. P.S.
    09. CAR
    10. ゆめであいたいね
    11. おいでよ
    12. Perfect☆キラリ
    13. Maybe Love
    14. tengal6
    15. FRESH!!!
    16. プチャヘンザ!
    17. リボンをきゅっと
    18. PARADE
    19. photograph
    20. RUN and RUN
    <アンコール>
    21. ワンダーグラウンド

    リリース情報

    シングル「RUN and RUN」(ランエンドラン)
    2016年4月27日(水)発売
    初回限定盤 KICM-91669 1,500円+税
    通常盤 KICM-1670 1,000円+税

    関連リンク
    lyrical school オフィシャルサイトhttp://lyricalschool.com/
    lyrical school オフィシャルTwitter@lyri_sch


    0 0

    櫻井敦司(BUCK-TICK)率いるTHE MORTALが、3月9日発売ライブDVD&BDの発売を記念して、スマートフォン及びiphone対応待ち受け画像の無料配布をオフィシャルHP上にて、スタートした。なお、こちらは本日より1週間限定での配布とのこと。

    また、「TOUR THE MORTAL 2015」ライブ映像のトレーラーロングバージョンも同じく公開となった。

    こちらは、DVD収録内容から、天使/DEAD CAN DANCE/Fantomas -展覧会の男/月 /SACRIFICE/ハレルヤ!/惑星/Barbaric Man/Mortalと新旧の楽曲を織り交ぜた初公 開のロング尺トレーラー映像となる。

    無料配布壁紙URL
    http://the-mortal.com/news/detail.php?id=1032953

    THE MORTAL / 3/9発売 DVD&Blu-ray【IMMORTAL】Trailer

    リリース情報

    ライブ映像作品「IMMORTAL」
    2016年3月9日発売
    初回限定生産盤(Blu-ray+2LIVE CD)CTXR-92109/B~C 11,000円+税
    初回限定生産盤(2DVD+2LIVE CD)CTBR-92107~8/B~C 10,000円+税
    通常盤(Blu-ray)CTXR-92112 6,500円+税
    通常盤(DVD)CTBR-92110~1 5,500円+税

    関連リンク
    THE MORTAL オフィシャルサイトhttp://the-mortal.com
    THE MORTAL facebookhttp://www.facebook.com/TheMortal2015
    THE MORTAL Twitterhttp://twitter.com/TheMortal2015
    THE MORTAL Instagramhttp://instagram.com/the_mortal2015


    0 0

    ぼくのりりっくのぼうよみが、1stアルバム「hollow world」から「Sunrise(re-build)」のミュージックビデオを公開した。

    本作は池田エライザ、池田大、吉村界人といった注目の若手俳優陣が出演し話題となっている「sub/objective」、「CITI」の続編であり、3曲の時間軸をまたがってストーリーが展開される群像劇3部作ミュージックビデオの最終作。

    ミュージックビデオは、東市篤憲が監督を務め、映画『hollow world』として完結することも明らかになっている。また、映像には吉村界人の主演映画『いいにおいのする映画』にも出演しているバンド・Vampiliaのmicci the mistake(Bass & Dance)が特別ゲストとしてビデオに参加している。

    映画『hollow world』特設サイト
    http://hollowworld.jp/

    ぼくのりりっくのぼうよみ - 「Sunrise(re-build)」ミュージックビデオ

    関連リンク
    ぼくのりりっくのぼうよみ オフィシャルサイトhttp://bokuriri.com
    ぼくのりりっくのぼうよみ オフィシャルtwitterhttps://twitter.com/bokuriri_info
    ぼくのりりっくのぼうよみ本人twitterhttps://twitter.com/sigaisen2


    0 0

    話題の人気作品を連載する「週刊少年ジャンプ」(集英社)が受験生を対象に、ユニークなプレゼントキャンペーンをスタートした。受験生限定で、「週刊少年ジャンプ」デジタル版バックナンバー1年分を抽選で無料プレゼントする。
    「少年ジャンプ+「受験生お疲れ様!」キャンペーン!!」とタイトルしたもので、対象は2016年に高校、高専、大学、短期大学、専門学校のいずれかを受験した人が対象だ。受験期間読めなかった作品をまとめて振り返って欲しいというものだ。

    「週刊少年ジャンプ」は1968年の創刊の人気の少年マンガ誌だ。同誌が掲げる「友情・努力・勝利」のキーワードはよく知られている。少年だけでなく、幅広い年齢層の読者から支持されている。
    今回のキャンペーンは、受験期間に重なる2015年14号~2016年13号までの49冊を全てプレゼントするというもの。マンガも我慢しながら受験勉強に勤しんだという人には、その疲れが一瞬で吹き飛んでしまいそうな企画となっている。

    応募条件は受験経験のほか、2016年3月分のデジタル版「週刊少年ジャンプ」を定期購読していることも条件となっている。また当選した場合は受験事実の確認の確認をするという。応募の締め切りは2016年3月31日(木)の23時59分まで。
    今回のプレゼントであるデジタル版はマンガアプリ「少年ジャンプ+」で読むことができる。2016年3月7日現在までに450万ダウンロードを突す破する人気アプリだが、キャンペーンはアプリの認知度アップにも力を発揮しそうだ。

    画像 (C)SHUEISHA Inc. All rights reserved.

    【関連写真】受験生限定!「週刊少年ジャンプ」過去1年分をデジタル版バックナンバーで5名にプレゼント

    ■関連記事
    「エルドライブ【elDLIVE】」2017年テレビアニメ化 制作はstudioぴえろ
    「少年ジャンプ+」の『ラブデスター』が映画「ロブスター」とコラボ 描き下ろしイラスト公開
    「ローゼンメイデン0-ゼロ-」連載開始 大正を舞台に知られざる過去をウルトラジャンプで描く
    「山手線キングダム展」開催決定 全11車両完全ジャックでミュージアムに様変わり

    0 0

    BIGBANGが、本日3月7日に本国デビュー10周年を記念して、7月に大阪・ヤンマースタジアム長居にて初の野外スタジアムライブの開催を発表した。

    「BIGBANG 10th Anniversary Stadium Live 2016 in Japan (仮)」と冠された自身初となるスタジアムライブは、7月30日・31日の2日間の開催で11万人を動員する見込みとなっている。

    本ライブのチケット先行抽選予約受付は、BIGBANGオフィシャルファンクラブ「VIP JAPAN」に3月14日の23:59までに入会すると申し込み可能とのこと。

    ライブ情報
    BIGBANG 10周年記念スタジアムライブ「BIGBANG 10th Anniversary Stadium Live 2016 in Japan (仮)」
    7月30日(土) 大阪・ヤンマースタジアム長居 開場15:00 / 開演17:00
    7月31日(日) 大阪・ヤンマースタジアム長居 開場15:00 / 開演17:00
    料金:全席指定 12,000円(税込)※プレゼント付
    年齢制限:3歳以上よりチケット必要。3歳未満は入場不可
    <チケット先行>
    ・BIGBANGオフィシャルファンクラブ「VIP JAPAN」 第1弾チケット先行抽選予約受付
    http://fc.avex.jp/vip/

    関連リンク
    BIGBANG オフィシャルサイト:http://ygex.jp/bigbang/
    BIGBANG オフィシャルファンクラブ「VIP JAPAN」:http://fc.avex.jp/vip/
    BIGBANG オフィシャルモバイルサイト「BIGBANG☆WORLD」http://bigbang-world.com/ (スマートフォン)
    ■BIGBANG オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/ygbigbang/


    0 0

    UVERworldが3月5日、東京・duo MUSIC EXCHANGEでファンクラブ「Neo SOUND WAVE」会員限定ライブを開催した。

    UVERworld 3月5日 duo MUSIC EXCHANGE ライブ写真

    ファンクラブサイト内で掲載されている「TAKUYA∞’s blog」の730日連続更新記念として行われたこのライブは、いまや日本を代表するバンドとなったUVERworldのステージを至近距離で体感できる、きわめて貴重なものとなった。

    ライブはヘビィな手触りのアッパーチューン「Collide」でスタート。いきなり大合唱が生まれ、会場の熱気が一気に上がっていく。「ここはどんなに騒いでも怒られない。てめえら、好きに暴れろ!」というTAKUYA∞のシャウトに導かれたヒットシングル「I LOVE THE WORLD」によって、ライブは早くも最初のピークへ。超貴重なチケットを手にしたオーディエンスは拳を突き上げ、激しく体を揺らしまくる。

    「730日連続でブログを続けた、そのご褒美がこのライブ。今日は俺の好きな曲を好きなようにやらせてもらうからよ!」というTAKUYA∞からも、このスペシャルなライブを全身で楽しんでいることが真っ直ぐに伝わってきた。

    ライブ前半の軸になっていたのは、8thアルバム「φ CHOIR」の収録曲だった。「Enough-1」「在るべき形」「誰が言った」などの濃密なメッセージが込められたナンバーによって、最新型のUVERworldをストレートに表現。ヘビィロック、ヒップホップ、エレクトロなどを独自のセンスで融合させたバンドサウンド、そして、オーディエンスと視線を交わし、興奮の度合いを上昇させるメンバーのステージングも素晴らしい。結成15周年・デビュー10周年のアニバーサリーを経たUVERworldは、音楽性、パフォーマンスを含め、ロックバンドとしてさらなる進化を果たしていた。

    その中心にあるのはTAKUYA∞の言葉だ。彼自身の生き様が強く刻み込まれた歌詞、「俺のなかにあった闇はもう消えた。それはUVERworldがあるからだし、こうやって一緒に楽しんでくれるみんなのおかげなんだ」という真摯なMCが、すべての観客の心に突き刺さっているのがはっきりと感じられる。フロアとステージの距離が限りなく近いライブハウスというシチュエーションのなかで、バンドとファンの絆の強さをいつも以上に体感できたのもこのライブの大きな収穫だろう。

    「ドームよりもアリーナよりも最高の空間をduoで作ろうぜ!」(TAKUYA∞)というシャウトから始まったライブ後半では「7th Trigger」「ナノ・セカンド」など、ここ数年のUVERworldの軸になっているシングル曲が披露される。汗を飛び散らしながら強烈なグルーヴを生み出すメンバーのテンションも最高潮。特に「IMPACT」の強靭なサウンド、「φ choir」の壮大なメロディラインは、現在のUVERworldの魅力をダイレクトに示していたと思う。

    ライブ終盤にTAKUYA∞は「ブログ、また1年続けてやるよ。ひとつひとつ、ちゃんと意味のある言葉を残すよ」「最高の曲を届けるから、またライブハウスで遊ぼうぜ!」と宣言。オーディエンスからは歓喜の声が上がった(「TAKUYA∞’s blog」は書籍化され、ファンクラブ会員限定で販売されることも決定)。ブログをきっかけに実現した貴重なライブハウス公演で、ロックバンドとしての無限のポテンシャルを改めて見せつけたUVERworld。制作が進んでいるという新曲への期待がさらに高まる、きわめて意義深いライブだったと思う。(文:森朋之)

    UVERworldファンクラブサイト
    http://www.neosoundwave.com
    入会費:1,00円年会費:3,300円

    商品情報
    「TAKUYA∞’s blog」730日連続更新記念本
    『死ぬ間際に物やお金を欲しがる人はきっと居ない僕の そんなものを探す730日』
    3月中旬頃よりファンクラブ会員限定の通信販売を予定(数量限定)
    四六版・2冊組(1冊 416ページ)
    スリーブケース・メモ欄付 TAKUYA∞プロデュース撮り下ろし写真あり。
    価格:5,000円(税込)
    1冊目:興味を持てば 全て楽しい 僕の そんな365日
    ・収録内容 2014年2月26日〜2015年2月25日
    2冊目:どんな華麗なシュートも 制限時間を1秒でも過ぎれば、得点にはならない 僕の そんな365日
    ・収録内容 2015年2月26日〜2016年2月14日+過去のブログ記事より厳選された11の記事

    関連リンク
    UVERworld オフィシャルサイトhttp://www.uverworld.com/
    UVERworld 携帯公式サイト LIFEsizehttp://www.uverworld.com/lifesize/
    UVERworld オフィシャルファンクラブ Neo SOUND WAVEhttp://www.neosoundwave.com

    UVERworld、「TAKUYA∞’s blog」730日連続更新の記念ライブを敢行(2/2)

    UVERworld 3月5日 duo MUSIC EXCHANGE ライブ写真



    0 0

    Perfumeの3月16日に配信リリースされる新曲「FLASH」が、映画『ちはやふる』の主題歌を担当。ジャケットを『ちはやふる』原作者の末次由紀が描き下ろしたことがわかった。

    Perfumeは原作『ちはやふる』の大ファンで、今回主題歌を配信リリースするにあたり、Perfumeサイドからジャケットのイラストを依頼し今回のコラボが実現した。Perfumeサイドからは「漫画[FLASH]があったとしたら、その第一巻の表紙になるようなイラストイメージ」とリクエスト。それに末次が応える形で、春らしい、Perfume3人が躍動するイラストが完成した。

    さらに、4月6日には、「FLASH」が収録されたPerfumeの約2年半ぶりのオリジナルニューアルバム「COSMIC EXPLORER」がリリースされるが、同日、映画『ちはやふる』オリジナルサウンドトラック、小泉徳宏監督監修の映画『ちはやふる』イメージコンピレーションアルバム「こいのうた 〜Inspired by ちはやふる」、そして、映画連動企画CD「朗詠 小倉百人一首」の3タイトルも同時発売される。

    末次由紀 コメント
    FLASHというタイトルがまず秀逸!閃きや火花など、印象的な歌詞がものすごくメロディと物語に合っていてびっくりしました。Perfumeさんの歌声のピュアさと作りこまれたデジタルサウンドのマッチングに、昔と今を網羅するおおきなイメージを感じることが出来ました。大好きな曲です。

    Perfume コメント
    あの憧れの末次先生に、まさか自分たちを描いてもらえるなんて光栄すぎて鳥肌がとまりません!!!先生の思う私たちはこんな風に見えてるんだって思ったら、すっごい嬉しくて…本当に可愛く描いてくださいました(笑)こんなに爽やかに、そして今にも踊りだしそうな躍動感のある感じが末次先生のファンとしても、イラストを見ていてドキドキします。少しずつ散らばっているお花も、すごく末次先生らしさがあって感動ですし、逆に星のこのポップな感じは私達にとっても珍しいので、新しい末次先生の思う私達なんだなぁと思うとまた嬉しかったです。とっても気に入っています!この衣装ほんとに着れたら面白いなぁ〜。

    リリース情報
    アルバム「COSMIC EXPLORER」
    2016年4月6日(水)発売

    初回限定盤A(CD+CD+Blu-ray)UPCP-9013 4,644円(税込)
    初回限定盤B(CD+CD+DVD)UPCP-9014 4,212円(税込)

    通常盤(CD)UPCP-1002 3,240円(税込)

    関連リンク
    Perfume オフィシャルサイト:http://www.perfume-web.jp/
    ■Perfume Anniversary Websitehttp://www.perfume-web.jp/anniversary/
    Perfume オフィシャルグローバルサイト:www.perfume-global.com
    Perfume Global Facebookhttp://www.facebook.com/Perfume.global
    Perfume - iTunes Storehttps://itunes.apple.com/jp/artist/perfume/id351343399
    Perfume - レコチョクhttp://recochoku.jp/artist/30037573/



    0 0

    約1年振りとなるアルバム「パンチドランク・ラヴ」を3月23日にリリースする及川光博。大晦日に行われた、カウントダウンライヴ2015-2016「ゆくミッチーくるミッチー」のステージ上にてアルバムリリースが発表、そのリード曲「メロディアス」ミュージックビデオがGYAO!でいち早く公開され、ミッチーが老若男女と覚えやすいサビの振付を含むハッピーなダンスパフォーマンス映像が明らかになった。

    アルバムのリード曲となる「メロディアス」はミッチー作詞・作曲の花咲く春にぴったりなダンスチューンに仕上がっている。「サビの部分は老若男女みんなで踊れる振付を」とミュージックビデオを作成するにあたりミッチーの全国ワンマンショーツアーでもファンにはバックダンサーとしてお馴染みのカオリンさんに振付を依頼、「フラッシュモブ的な撮影が出来れば」と老若男女の出演者が集合して撮影は敢行された。

    ミュージックビデオは春らしい花を大胆に取り入れたスーツを着たミッチーが老若男女、様々なカップルや悩める女子の間に入り、魂を解放して元気になる様に「レッツ自己解放」してくれる妖精のような役回りで出演、様々なカップルや悩める女子からは見えないミッチーが元気付けながらキレのあるダンスパフォーマンスも織り交ぜながら撮影は進行した。

    撮影当日は1月の寒い屋外で撮影されたが出演者総勢15名との歌唱&ダンスシーンでは小学生カップルからおじいちゃんおばあちゃんカップルまでの老若男女と楽しくミッチーを中心に踊り撮影は進行していった。何回かテイクを重ねていく中、アドリブでミッチーが絡んでいくシーンもあり、花咲く春にぴったりな皆で楽しく踊るパフォーマンス映像となった。

    この話題必至のミュージックビデオはwebでは動画サイトGyaOにていち早くオンエア中。アルバムリリース週末の3月26日には川崎ラゾーナでのアルバム「パンチドランク・ラヴ」リリース記念イベントも決定している。

    及川光博「メロディアス」GYAO! URL
    http://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10130/v0994000000000543151/

    リリース情報
    アルバム「パンチドランク・ラヴ」
    2016年3月23日(水)発売

    通常盤(CD)VICL-64543 2,500円+税

    初回限定盤A(CD+DVD)VIZL-944 5,500円+税

    初回限定盤B(CD+DVD)VIZL-944 3,500円+税

    イベント情報
    及川光博 ニューアルバム「パンチドランク・ラヴ」リリース記念スペシャルイベント
    3月26日(土)ラゾーナ川崎プラザ 2F ルーファ広場 グランドステージ START 14:00
    内容:ミニライブ+特典お渡し会
    詳細:http://jvcmusic.co.jp/mitchy/

    関連リンク
    及川光博 オフィシャルサイトhttp://www.oikawa-mitsuhiro.com/
    及川光博 レーベルサイトhttp://jvcmusic.co.jp/mitchy/


    0 0

    EXILEの壮大なスケールの物語を展開したライブツアー「EXILE LIVE TOUR 2015 “AMAZING WORLD”」。その歴史的なライブを完全映像化したライブDVDが、4月13日のリリースに先駆けてジャケット写真と収録内容が公開された。

    今回公開されたジャケット写真は、このライブのオープニングのワンシーンを切り取ったもの。ジャケット写真からも感じられる壮大なスケールのセットは、幅77m、高さ28mに及ぶ超巨大メインステージ、アリーナを縦横無尽に動き回る移動式ステージと、会場全体を使った迫力の演出がなされ、総勢244人のサポートダンサーが演出を彩る。

    物語は人間が本能的に持つ六つの感情「楽・喜・怒・憎・哀・愛」をテーマに、EXILE第一章から第四章に至るまでの数々の楽曲とともに三幕構成で繰り広げられている。また、本ライブは松本利夫、USA、MAKIDAIにとってラストライブであり、2014年に加入した新メンバー5人にとっては初めてのライブとなるEXILEの歴史を受け継ぎ、また新たな時代へと進むEXILEの歴史が築かれていく様を感じられるライブとなった。

    収録内容は、ライブ映像、ドキュメンタリー、フォトブック、そして今作からはスマホでライブが楽しめるスマプラムービーが加わり、初回限定の豪華版には、ライブで躍動するメンバーの一瞬の瞬間を切り取った60Pフォトブックが付属する。

    リリース情報

    DVD&Blu-ray「EXILE LIVE TOUR 2015 ”AMAZING WORLD”」
    2016年4月13日発売
    (ドキュメンタリー付き豪華盤)3DVD+スマプラ・ムービー(RZBD-86062〜4)6,480円(税別)
    2Blu-ray+スマプラ・ムービー(RZXD-86065〜6)7,480円(税別)
    ※初回限定特大BOX仕様&60P特大フォトブック付き
    (通常盤)2DVD+スマプラ・ムービー(RZBD-86067〜8)4,980円(税別)
    Blu-ray+スマプラ・ムービー(RZXD-86069)5,980円(税別)
    <セットリスト>
    ・第一幕
    AMAZING WORLD
    NEW HORIZON
    DANCE INTO FANTASY
    Believe in Yourself
    Each Other’s Way 〜旅の途中〜
    Choo Choo TRAIN
    Carry On
    HERO
    Your eyes only 〜曖昧なぼくの輪郭〜
    ただ・・・逢いたくて
    LA・LA・LA LOVE SONG
    VICTORY
    I Wish For You
    ALL NIGHT LONG
    BOW & ARROWS
    Flower Song
    ・第二幕
    情熱の花
    Lovers Again
    Craving In My Soul
    UPSIDE DOWN / EXILE ATSUSHI
    DANCER’S ANTHEM 2015ver.
    悲しみの果てに・・・
    ・第三幕
    EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜
    No Limit
    SUPER SHINE
    Ki・mi・ni・mu・chu
    Someday
    銀河鉄道999
    Rising Sun
    〈ENCORE〉
    24karats GOLD SOUL
    Love,Dream & Happiness
    AMAZING WORLD -epilogue-
    <ドキュメンタリー>
    EXILE 松本利夫・USA・MAKIDAI 2015 Last Tour Documentary

    関連リンク
    EXILE Official Sitehttp://exile.jp/
    ■EXILE mobilehttp://m.ex-m.jp/q?i=artist/exile/album/19/index


    0 0

    空知英秋の人気マンガをアニメ化した『銀魂』のイベント「銀魂晴祭り2016(仮)」が、3月6日(日)、東京・両国国技館で開催された。昼夜2回の公演には、延べ3万5000人もの銀魂ファンが集結した。さらに昼公演の様子は、50ヵ所をつないだライブビューイングで全国に届けられた。
    『銀魂』は2003年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載を開始した。独特なギャグと作風で、熱狂的なファンを多く獲得している。テレビアニメは2006年にスタート、今年で放送開始10周年を迎える。
    そんな中でテレビアニメでは3月の放送終了に向けて、怒涛のクライマックスに突入している。そんななかでのイベントだけに、会場の盛りあがりも一際熱かった。

    そんなファンの期待に応えるかのように、当日は出演も豪華だった。坂田銀時役の杉田智和、新八役の阪口大助、神楽役の釘宮理恵の万屋の面々。そして千葉進歩(近藤勲役)、中井和哉(土方十四郎役)、鈴村健一(沖田総悟役)、太田哲治(山崎退役)、石田彰(桂小太郎役)の真選組一同も揃った。さらにお通、定春役の高橋美佳子も姿をみせる。もちろんお馴染みの「お通ライブ」も開催された。
    加えてスペシャルゲストの参加もあった。徳川茂茂役の小野友樹、猿飛あやめ役の小林ゆう、神威役の日野聡、沖田ミツバ役の島本須美らである。当日はこうした面々により、生アフレコによる名場面もあった。

    イベントのスタートは、“謝罪会見”というかたちだ。これはテレビアニメの放送再開時と同じ、『銀魂』らしい演出だ。そこから生アフレコ、さらにアーティストライブへと展開していった。
    アーティストもファンが感涙ものの布陣である。BLUE ENCOUNT、ねごと、CHiCO with HoneyWorks、THREE LIGHT DOWN KINGS、DOESと主題歌を担当してきたアーティスト陣による夢の共演となった。
    なかでも人気エピソード「さらば真選組篇」の名場面を生アフレコとDOESのライブ演奏で再現したパートが会場に感動をもたらした。

    ラストは、原作者・空知英秋からメッセージが届けられた。それは藤田陽一監督と鈴村健一にも縁が深い『おそ松さん』をネタにしたもの。最後は会場全員での「シェー!」の大合唱となった。
    そしてさらにここからサプライズが待っていた。現在原作で展開中のエピソードの1シーンをキャスト陣が演じる映像がモニタに映し出され。その映像が内を意味するのかは説明されなかったが、今後もさらなる展開がありそうだ。

    「銀魂晴祭り2016(仮)」 http://www.sunrise-inc.co.jp/gintama/2016event/

    写真: (C) 空知英秋/英社・テレビ東京・電通・サンライズ・アニプレックス

    【関連写真】「銀魂晴祭り2016(仮)」に3万5000人が大熱狂 サプライズなエンディングの意味は?

    ■関連記事
    「銀魂」土方十四郎が1位 “心に残る名脇役”男性編 
    「銀魂」デザインTカード登場 描きおろしイラスト使用で3月15日から発行
    「銀魂」J-WORLDで期間限定イベント 第一部は将軍暗殺篇がモチーフ
    「銀魂°」新エンディング「グロリアスデイズ」のCM公開 ナレーションは銀さん

    0 0

    div id="yui_3_2_0_1_14573537493531599">映画『桜ノ雨』が5日、公開初日を迎え、主演の山本舞香さん、浅香航大さん、広田亮平さん、久松郁実さん、ウエダアツシ監督が登壇し初日舞台挨拶を行った。「わたしの初主演映画ということで、もう本当に…胸がいっぱいというか、本当に嬉しいです」と喜びを表した山本さん。イベント中、ウエダ監督からのサプライズもあり、山本さんは大粒の涙をこぼした。



    ミリオンヒットとなったボーカロイド楽曲で、卒業ソングの定番となった『桜ノ雨』の世界観を元にした青春グラフティの本作。海辺の町の高校合唱部を舞台に、内気な少女が部活、進路、淡い恋愛に葛藤しながら前進していく。



    山本さんは「初主演ということでプレッシャーがすごくあったんですが、撮影に入るまえのリハーサルでみんなと仲良くなったので、とてもお芝居しやすい現場でした。一緒にいる時間は短いんですけど一緒に合唱を歌うっていうのが、とてもいい思い出になりました」と撮影を振り返った。また瑠華役を演じた久松さんは「合唱のシーンでは、瑠華は涙を流すのか、いろいろ考えていたんですけど、いざあの場所に立つと自然と涙が流れていましたね」と思い出を語った。





    イベントでは、映画初主演のプレッシャーの中、この日を迎えるまで本作を引っ張った座長・山本舞香さんへ、ウエダアツシ監督から門出を祝す手紙の朗読と卒業証書の授与のサプライズ。「中学校も仕事で友達と一緒に卒業式を迎えられなかった」と語っていた山本さんは驚きの表情を見せた。





     監督から「今日は映画『桜ノ雨』の門出の日でもあり、主演女優・山本舞香の門出の日でもあります。この映画『桜ノ雨』は山本舞香の映画です。僕はそう思って作りました。そして、ほかのスタッフ・キャストもあなたのためにできる努力を惜しまなかったはずです。それはあなたに女優としてだけでなく人としての魅力があるからです。その負けん気の強さ、謙虚さ、感性を生かしてあなたらしい女優の道を歩んでください」との言葉が送られると、山本は大粒の涙。涙をぬぐいながら「今、たぶん世界で一番幸せだと思います」と語った。



    ■関連ニュース
    山本舞香が『桜ノ雨』試写会で生合唱を披露 「このメンバーだからこそ、いい作品ができた」 (2016年03月04日)
    欅坂46 土生&平手&菅井トリオでフレッシュなグラビア 「卒業」をテーマに撮影 (2016年03月07日)
    東京パフォーマンスドール・上西星来、テレビCM初出演!「私なりに全力疾走しようと」 (2016年03月05日)

    0 0

    今春、高校卒業を迎える現役JKシンガーソングライター井上苑子。3月16日にリリースする 1st フルアルバム「Hello」の発売を記念して、リリース日前夜となる3月15日深夜2:35より「井上苑子 高校卒業記念スペシャル」と題した、初のテレビ特番がテレビ東京で放送されることが決定した。

    番組の内容は井上苑子スペシャルライブとして、10代のリアルヒット曲となった代表曲「大切な君へ」、ライブでは欠かせないインディーズ時代の代表曲「線香花火」、そして自身の卒業をテーマに書き下ろした最新曲「君に出会えてよかった」の3曲をバンドセットで披露。そして、同世代で活躍する"女子高生社長 ” 椎木里佳、"モデル ” 江野沢愛美を招いて収めたスペシャル対談を織り交ぜた内容。学校、恋、将来の話等、それぞれ活躍の分野の異なる同世代の彼女たちの等身大トークにも注目。

    井上苑子の天真爛漫な明るいキャラクターと、シンガーソングライターとしてのアーティスティックな姿と、2つの魅力が十二分に伝わる30分番組。

    番組情報
    「井上苑子 高校卒業記念スペシャル」
    テレビ東京 3月15日(火)26:35〜27:05
    BS JAPAN 3月23日(水)23:30〜24:00
    出演者
    井上苑子/江野沢愛美(Seventeen専属モデル)・椎木里佳(株式会社AMF 代表取締役)
    番組HP
    http://www.ttmnet.co.jp/inouesonoko

    関連リンク
    井上苑子 オフィシャルサイトhttp://www.inoue-sonoko.com
    ■井上苑子 ユニバーサルミュージックオフィシャルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/inoue-sonoko
    井上苑子 ブログhttp://ameblo.jp/sonoko-i/
    井上苑子 Twitterhttps://twitter.com/inouesonoko
    ■井上苑子 Twitcashttp://twitcasting.tv/inouesonoko


    0 0

    アイドル横丁とASOBISYSTEMが立ち上げたアイドルレーベル「フジヤマプロジェクトジャパン」が一周年を迎え、4月23日に大阪、5月3日に東京の2会場で初となるレーベル主催イベントを開催する。

    大阪、東京共に、1部、2部での開催となる。

    イベント情報
    フジヤマプロジェクトジャパン 1周年興行 〜大阪場所〜
    2016年4月23日(土)大阪・ESAKA MUSE
    1部 開場11:00/開演12:00
    出演:愛乙女★DOLL、山口活性学園、虹のコンキスタドール、sora tob sakana、大阪☆春夏秋冬、むすびズム
    2部 開場17:00/開演18:00
    出演:愛乙女★DOLL、虹のコンキスタドール、sora tob sakana、大阪☆春夏秋冬、むすびズム
    チケット料金:前売 3,500-(入場時ワンドリンク必要)当日4,000円
    一般発売:3月12日(土)10:00〜
    プレイガイド:チケットぴあ 0570-02-9999[Pコード:292-9 47 ] http://t.pia.jp/
    ローソンチケット 0570-084-003[Lコード:54574] http://l-tike.com/
    e+(イープラス)http://eplus.jp
    主催:サウンドクリエーター
    企画制作:フジヤマプロジェクトジャパン / HLE
    問い合わせ:サウンドクリエーター 06-6357-4400(平日12:00〜19:00)http://www.sound-c.co.jp

    フジヤマプロジェクトジャパン 1周年興行 〜東京場所〜
    2016年5月3日(火・祝)東京・新宿BLAZE
    1部 開場12:00/開演12:30
    出演:虹のコンキスタドール、sora tob sakana、大阪☆春夏秋冬、むすびズム
    2部 開場17:00/開演18:00
    出演:愛乙女★DOLL、山口活性学園、虹のコンキスタドール、sora tob sakana、大阪☆春夏秋冬、むすびズム
    チケット料金:前売 3,500-(入場時ワンドリンク必要)当日4,000円
    一般発売:3月12日(土)10:00〜
    プレイガイド:チケットぴあ 0570-02-9999[Pコード:292-983] http://t.pia.jp/
    ローソンチケット 0570-084-003[Lコード:74526] http://l-tike.com/
    e+(イープラス)http://eplus.jp
    主催:ネクストロード
    企画制作:フジヤマプロジェクトジャパン / HLE
    問い合わせ:ネクストロード 03-5114-7444(平日14:00〜18:00)
    ※出演メンバーについては、各アーティスト公式サイトまで。

    関連リンク
    フジヤマプロジェクトジャパン オフィシャルサイトhttp://fpj.asobisystem.com/


    0 0

    TOKYO FMをはじめとするJFN(全国FM放送協議会)加盟38社では、ステーションメッセージである「アースコンシャス〜地球を愛し、感じる心」「ヒューマンコンシャス〜生命を愛し、つながる心」の理念を象徴するコンサート「TOKYO FM&JFN present EARTH×HEART(アース・バイ・ハート)LIVE 2016」を、4月20日東京国際フォーラムホールAで開催する。

    チケットは、全席指定5,500円(税込)にて、4月3日より一般発売。これに先がけて、TOKYO FM限定・先行予約(抽選)を3月8日10:00より実施する。

    1990年の第1回開催から27年目を迎えるこのコンサートでは、音楽と映像のパワーを通じて、世界の若者たちとつながり、ともに地球環境の未来を考えてきた。今年のメインアクトは、ジャパニーズポップカルチャー最先端アイドルユニットとして海外でも人気のでんぱ組.inc。ヨーロッパでのイベント出演やアジアでのコンサートツアーなど、世界で活躍するでんぱ組.inc。が、トーキョーと世界をつなぎ、地球への愛を個性あふれるパフォーマンスで表現する。

    オープニングアクトには、圧巻の歌唱力とハーモニーで人気急上昇中のヴォ―カルグループLittle GleeMonsterが登場する。

    ライブの模様は、アースデーである4月22日19:00〜21:00、TOKYO FMをはじめJFN全国38局で放送するほか、アジア各国、アメリカのカレッジFMなど、海外FM局でも放送される予定。さらに、世界最大級のオーディオネットワーク「TuneIn」と連携した多言語情報配信チャネル「TOKYO FM WORLD」でも配信する。

    常識にとらわれない自由な発想で環境問題を解決するアイディアを募集するラジオの中の研究所「LOVEEARTH LAB(ラブ・アース・ラボ)」も始動する。寄せられたアイディアを検証するラボの所長に、現代アーティストのスプツニ子!、研究員に、でんぱ組.incが就任。

    ただ今、TOKYO FMのワイド番組「TOKYO FMWORLD」(月〜水曜20:00〜21:15)を拠点にアイディアを募集中。国際フォーラムのステージでは、「LOVEEARTH LAB」の研究成果をスプツニ子!がプレゼンテーションし、さらにぶっとびアイディアの数々を、映像ディレクターの志賀匠が映像化する。

    地球がいつまでも緑の惑星であるために、私たちに何ができるのか。4月20日、国際フォーラムのステージから世界へ発信する。

    多言語情報配信チャネル「TOKYO FM WORLD」
    http://www.tfm.co.jp/tfmworld

    イベント情報
    TOKYO FM&JFN present EARTH×HEART LIVE 2016
    2016年4月20日(水)東京国際フォーラム ホールA 開場18:30 / 開演19:30
    出演:でんぱ組Inc./Little Glee Monster and more
       スプツニ子!(「LOVE❤EARTH LAB」所長)
       映像ディレクション:志賀匠
    料 金:全席指定5,500円(税込)
    発売日:一般発売4月3日(ローソンチケット、イープラス、チケットぴあ)
    主 催:TOKYO FM/JFN
    企画制作:TOKYO FM/JFN
    制作協力:ディスクガレージ
    お問合せ:ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)
    ウェブサイト:http://www.tfm.co.jp/eh

    関連リンク
    「EARTH×HEART LIVE 2016」http://www.tfm.co.jp/eh/


    0 0

    4月よりテレビアニメシリーズの第3期「デス・バスターズ編」の放送が始まる『美少女戦士セーラームーンCrystal』。その主題歌を担当するアーティストが発表された。
    まずオープニングに大物が登場する。アーティスト、作詞作曲、音楽プロデューサーとして活躍するやくしまるえつこを起用する。またエンディングは本編に登場するセーラーウラヌスとセーラーネプチューンがデュエットで歌唱するかたちとなる。

    はやくしまるえつこが歌うのは「ニュームーンに恋して」、作詞作曲も自身で行う。そのタイトルからも『美少女戦士セーラームーンCrystal』の世界観を取り入れていることが感じられ、ファンの期待を高めそうだ。やくしまるは2014年に発売された同作のトリビュートアルバムで人気曲「乙女のポリシー」をカバーしており、本作との関わりは深い。
    エンディングのタイトルは「eternal eternity」だ。歌うのはセーラーウラヌス役の皆川純子とセーラーネプチューン役の大原さやかとこちらも豪華な組み合わとなった。ウラヌスとネプチューンは原作でも人気キャラクターだけに、どのような曲になるか興味深い。

    また3月6日には、アニメイト池袋店にて第1話先行上映会が開催された。上映会では、今回新たにシリーズディレクターに就任した今千秋と原作担当編集の小佐野氏が登場しトークを繰り広げた。スタッフが一新され、新しくなったキャラクターデザインや変身シーンの話題を中心に制作エピソードを披露した。
    『美少女戦士セーラームーンCrystal』は2014年7月よりニコニコ動画にて第1期と第2期が配信され、2015年4月から9月にかけてTVアニメとして放送された。新たなシリーズの登場が話題を呼んでいる。



    アニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』第3期<デス・バスターズ編>

    [スタッフ]
    原作: 武内直子
    監督: 今千秋
    脚本・シリーズ構成: 小林雄次
    キャラクターデザイン: 高橋晃
    美術監督: 倉橋隆
    音楽: 高梨康治(Team-MAX)
    音楽制作: キングレコード
    アニメーション制作: 東映アニメーション
    (C)武内直子・PNP・講談社・東映アニメーション

    【関連写真】「セーラームーンCrystal」第3期OPにやくしまるえつこ、EDはウラヌスとネプチューンのデュエット

    ■関連記事
    「セーラームーンCrystal」JINSのコラボメガネが登場 オトナ女子向けの全8種
    「セーラームーン Crystal」キャスト発表会レポ 新セーラー戦士役に皆川純子、大原さやか
    「セーラームーン Crystal」に新プロジェクト? AnimeJapan2016ステージ出展で発表を告知
    「美少女戦士セーラームーンCrystal」第3期は春スタート 1月27日にニコ生でキャスト発表

    0 0

    “太陽の歌声” Leolaが、4月にデビューシングル「Rainbow」をリリースすることが分かった。

    ハワイ語でLeoは“声”、laは“太陽”を表し、「いつも優しく、ときに力強く、降り注ぐ太陽のように聴く人の心を晴天にしたい、あなたの心の太陽でいたい」という想いを込めて彼女自ら命名した。

    デビューシングルでは、悩みから抜け出せない歌詞の中の主人公に対して、「君の心は雨模様 晴らす事なんて出来ないけど せめてこの傘をどうぞ」「傷ついてそこで知った痛み それもいつか宝物」「向かい風も振り返れば 追い風に変わるよ」「It’s gonna be alright!」と悩んでいる”あなた”の肩にそっと手を置いてくれるような応援歌に。また、サウンドは「ビーチミュージック」や「サーフミュージック」を根底に感じさせる、、心も身体も自然に動き出す楽曲に仕上がっている。

    リリース情報
    シングル「Rainbow」
    2016年4月メジャーデビュー
    ※商品概要は追って発表します。

    ライブ情報
    「Soul Flower〜Ray yamada × ORICA × Leola〜」
    日程:3月13日(日)
    時間:18:30 open / 19:00 start
    会場:SHIBUYA LOOP ANNEX
    http://www.live-loop.com/

    関連リンク
    Leola オフィシャルサイトhttp://www.leolalala.com/


    0 0

    ©Babys
    忌野清志郎がライブで必ず「日本の有名なロックンロール!」と紹介し歌唱していた坂本九のカヴァー曲「上を向いて歩こう」。1979年7月21日にRCサクセションのシングル「ステップ! / 上を向いて歩こう」としてとして発売された同曲が、5月14日公開の映画『殿、利息でござる!』の主題歌となることが決定した。

    楽曲起用の理由について、松竹のプロデューサー・池田史嗣氏は「まず、曲から決めました。『上を向いて歩こう』はビルボードで全米1位を取った唯一の日本語楽曲。また多くの悲しみに直面したときに、人々が口ずさむ名曲中の名曲です。目の前の問題と向き合いながら、悲しみをこらえ、未来に向かって進んで行く庶民にとってこれ以上の応援歌はありません。数多あるカバーの中からRCを選んだのは、そこに込められたスピリットが今回の映画製作の志と完全に共鳴したから。勿論、監督も私もRCサクセションの大ファンです。」と語り、また「清志郎さんはライブのクライマックスでよく『上を向いて歩こう』を歌い、その際に必ず『日本の有名なロックンロール!』と紹介していたのは有名な話。“キング・オブ・ロック”忌野清志郎さんは、原曲が持つ単なる歌謡曲に留まらない魅力から、『名もなき者が持つ強さ』いう、ロックにとって何よりも大切なマインドを感じ取っていた(だからこそ大胆にアレンジしてカバーした)…のかもしれません。」と語った。

    なお、5月7日には2011年以降開催されている「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー」が、日比谷野外音楽堂で開催される。チケットの一般販売は、4月2日10:00より開始。

    ライブ情報
    「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日比谷野外音楽堂 Love&Peace 2016年5月7日」
    日時:2016年5月7日(土)
    PEN16:00/START16:30/FINISH20:15(予定)
    会場:日比谷野外大音楽堂
    料金:全席指定 6,960円(税込) ※手ぬぐい付
    チケット一般発売:2016年4月2日(土) 10:00〜
    出演:※50音順・敬称略 忌野清志郎/黒猫チェルシー/サニーデイ・サービス/シアターブルック with 仲井戸麗市・TOSHI-LOW・梅津和時(A.Sax)・片山広(T.Sax)/JUN SKY WALKER(S) Field Design:Candle JUNE
    問合わせ:SOGO TOKYO 03-3405-9999(日・祝除く12:00〜13:00/16:00〜19:00) ※雨天決行・荒天中止

    映画情報
    ©2016「殿、利息でござる!」製作委員会
    映画『殿、利息でござる!』
    5月14日 全国公開
    原作:磯田道史『無私の日本人』所収「穀田屋十三郎」(文春文庫刊)
    出演:阿部サダヲ 瑛太 妻夫木聡 竹内結子 松田龍平 他
    監督:中村義洋
    製作:「殿、利息でござる!」製作委員会
    配給:松竹
    「殿、利息でござる!」公式HP:http://www.tono-gozaru.jp/

    関連リンク
    RCサクセション ユニバーサルミュージックサイトhttp://www.universal-music.co.jp/rc-succession/
    忌野清志郎 公式サイトhttp://www.kiyoshiro.co.jp/


    0 0

    唯一無二の幻想世界を得意とするV系バンドDのVocal.ASAGIが、2016年の春、ついにソロとしてメジャーデビューする。

    今回はトリプルA面ということで、メインである3曲それぞれが特別な立ち位置として存在している。よってMVも3曲それぞれのバージョンが用意されており、限定盤の3タイプに収録されることになっている。

    その濃厚な世界観を打ち出した3本のMVは、それぞれが洗煉されており、ひとつひとつの物語でありながら、3部作の映画の様でもある。まずは母体であるグレーを貴重とした「Seventh Sense」だが、この曲はこの先に続く物語の分岐点になるという。

    タイトルが意味なす"7番目の能力"、そして退廃的な塔の中で齎される未来とは?続く黒をイメージした「屍の王者」と、白をイメージした「アンプサイ」は「Seventh Sense」から分かれた別の未来が描かれているというのだ。

    また通常盤のみに収録される「ZERO」は「Seventh Sense」の前日譚が描かれているという。全ての作品を聞き、そして見ることでASAGIの創る世界を感じることが可能になる。今作は豪華ゲストミュージシャンも多数参加。まさにASAGIの音楽活動二十周年を記念とした作品に成り得るだろう。

    リリース情報
    シングル「Seventh Sense/屍の王者/アンプサイ」
    2016年4月27日発売
    限定盤A-TYPE(CD+DVD)VBZJ-16 1,800円+税
    限定盤B-TYPE(CD+DVD)VBZJ-17 1,800円+税
    限定盤C-TYPE(CD+DVD)VBZJ-18 1,800円+税
    通常盤D-TYPE(CD)VBCJ-30007 1400円+税

    CD(限定盤A-TYPE)
    1. Seventh Sense
    2. 屍の王者
    3. アンプサイ
    4. Seventh Sense(Instrumental)
    DVD(限定盤A-TYPE)
    1. Seventh Sense(Music Video)
    2. Seventh Sense(Music Video with lyrics)
    3. Seventh Sense(Music Video Making)

    CD(限定盤B-TYPE)
    1. 屍の王者
    2. アンプサイ
    3. Seventh Sense
    4. 屍の王者(Instrumental)
    DVD(限定盤B-TYPE)
    1. 屍の王者(Music Video)
    2. 屍の王者(Music Video with lyrics)
    3. 屍の王者(Music Video Making)

    CD(限定盤C-TYPE)
    1. アンプサイ
    2. Seventh Sense
    3. 屍の王者
    4. アンプサイ(Instrumental)
    DVD(限定盤C-TYPE)
    1. アンプサイ(Music Video)
    2. アンプサイ(Music Video with lyrics)
    3. アンプサイ(Music Video Making)

    CD(通常盤D-TYPE)
    1. Seventh Sense
    2. 屍の王者
    3. アンプサイ
    4. ZERO
    5. ZERO(Instrumental)

    GUEST MUSICIANS
    岡野ハジメ
    K-A-Z(SADS)
    咲人(NIGHTMARE)
    Sakura(ex.L’Arc〜en〜Ciel / Rayflower / ZIGZO / S.O.A.P、...and more.)
    SHUSE(†яi¢к / La’cryma Christi / Acid Black Cherry)
    真矢(LUNA SEA)
    Shinya(DIR EN GREY)
    中村佳嗣(Eins:Vier / alcana)
    人時(黒夢 / Creature Creature)
    HIRO(La’cryma Christi / Creature Creature)
    Heather Paauwe
    藤原いくろう
    都啓一(SOPHIA / Rayflower)
    森岡賢(ex.SOFT BALLET / minus(-))

    (50音順/敬称略)

    特典情報
    「全4形態同時予約購入特典」
    4形態収納オリジナルスリーブケース
    ※一部ショップでは特典のご用意がない場合がございます。詳しくは各ショップに問い合わせ下さい。
    ※特典は全て先着となり、無くなり次第終了となりますので予めご了承下さい。

    「Seventh Sense/屍の王者/アンプサイ」CD封入スペシャルキャンペーン
    今作の限定盤A-TYPE、限定盤B-TYPE、限定盤C-TYPE、通常盤D-TYPEの
    4形態それぞれに封入されている応募券を4枚集めてご応募いただいた方の中から抽選で、下記特典をプレゼントいたします。
    ・A賞(10名):「Seventh Sense/屍の王者/アンプサイ」オリジナルグッズ
    ・B賞(応募者全員プレゼント):「Seventh Sense/屍の王者/アンプサイ」非公開写真(直筆サイン入り2L版/集合)

    対象商品
    限定盤A-TYPE VBZJ-16 1,800(税抜き)
    限定盤B-TYPE VBZJ-17 1,800(税抜き)
    限定盤C-TYPE VBZJ-18 1,800(税抜き)
    通常盤D-TYPE VBCJ-30007 1,400(税抜き)

    応募方法
    「Seventh Sense/屍の王者/アンプサイ」の全形態それぞれに封入されているチラシの下部に印刷されている「「Seventh Sense/屍の王者/アンプサイ」応募券」を切り取り、
    郵便ハガキにしっかりと4枚を貼り付け、所定の郵便料金分の切手を貼ってご応募下さい。
    4枚の応募券が貼り付けられていないもの、コピーされた応募券などを貼ったものは対象外とさせて頂きます。
    応募券は4枚で一口(郵便ハガキ1枚)です。一口につき「Seventh Sense/屍の王者/アンプサイ」賞・「応募者全員プレゼント」のいずれかひとつのキャンペーンにご応募頂けます。

    応募締切
    2016年5月16日(月)当日消印有効
    その他詳しくは商品封入チラシをご覧下さい。

    関連リンク
    ASAGI オフィシャルサイトhttp://www.god-child-records.com/asagi/
    ASAGI レーベルサイトhttp://jvcmusic.co.jp/asagi


older | 1 | .... | 1099 | 1100 | (Page 1101) | 1102 | 1103 | .... | 1145 | newer