Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

オトナにおくる、アメーバニュース。スポーツやビジネス、デジタルの情報からグラビア・アイドル、政治・社会ニュースまで、webで話題になっているニュースを配信します。

older | 1 | .... | 1094 | 1095 | (Page 1096) | 1097 | 1098 | .... | 1145 | newer

    0 0

    現在バンド編成でのツアー中のチャラン・ポ・ランタンが5月よりスタートする2人編成ツアーの開催を発表した。

    昨年フジロックフェスティバルでは5ステージに出演。バンド編成の盛り上がりと同様に多くのベストアクト評価を得た2人編成のショウ。姉妹結成23年を迎えるこのユニットならではの息の合いようと臨機応変なパフォーマンス、2人きりとは思えない客席を巻き込んだ盛り上がりが楽しめると評判だ。

    2人編成のツアーでは、会場もバンド編成とは違った彼女たちならではのチョイス。観光がてら行きたい場所ばかりとなっている。なお、チャラン・ポ・ランタン オフィシャルファンクラブ“チャランポ王国”会員対象の最速先行受付が3月3日より開始している。

    ライブ情報
    チャラン・ポ・ランタン ツアー2016『唄とアコーディオンの姉妹劇場』
    5月15日(日)【東京】上野恩賜公園野外ステージ 開場/開演 15:00/16:00 全席指定 
    (問)ホットスタッフ・プロモーション TEL:03-5720-9999
    5月21日(土)【広島】ゲバントホール 開場/開演 16:30 / 17:00 全席指定 
    (問)夢番地 広島 TEL:082-249-3539
    5月22日(日)【福岡】住吉神社 能楽殿 開場/開演 16:30/17:00 全自由(整理番号付) 
    (問)キョードー西日本 TEL:092-714-0159
    5月28日(土)【山梨】桜座 開場/開演 15:30/16:00 全自由(整理番号付) 
    (問)ホットスタッフ・プロモーション TEL:03-5720-9999
    5月29日(日)【栃木】HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2 開場/開演 15:30/16:00 全自由(整理番号付) / 1D別途 
    (問)ホットスタッフ・プロモーション TEL:03-5720-9999
    6月5日(日)【岡山】岡山県立美術館ホール 開場/開演 16:30/17:00 全席指定 
    (問)夢番地 岡山 TEL:086-231-3531
    6月10日(金)【北海道】新札幌 サンピアザ劇場 開場/開演 18:30/19:00 全席指定 
    (問)マウントアライブ TEL:011-623-5555
    6月11日(土)【北海道】新札幌 サンピアザ劇場  開場/開演 15:30/16:00 全席指定 
    (問)マウントアライブ TEL:011-623-5555
    6月18日(土)【宮城】仙台 桜井薬局セントラルホール 開場/開演 16:30/17:00 全自由(整理番号付) 
    (問)GIP TEL:022-222-9000
    6月24日(金)【愛知】名古屋市芸術創造センター 開場/開演 18:30/19:00 全席指定 
    (問)ジェイルハウス TEL:052-936-6041
    6月26日(日)【大阪】味園ユニバース 開場/開演 16:30/17:00 全自由(整理番号付) / 1D別途 
    (問)キョードーインフォメーション TEL:0570-200-888

    【料金】前売 3,600(税込) /当日 4,100円(税込) / 3歳以上チケット必要(3歳未満の場合も座席必要な場合は有料)

    ■Official Fan Club“チャランポ王国”先行:3月3日(木)21:00-3月8日(火)23:59 <受付URL>sma-ticket.jp/crp201605-fc/
    ■オフィシャルHP先行:3月10日(木)12:00-3月13日(日)23:59
    ■一般発売:3月27日(日)より各プレイガイドで発売

    チャラン・ポ・ランタン OFFICIAL FAN CLUB“チャランポ王国”HP
    http://www.charanpokingdom.com/

    関連リンク
    チャラン・ポ・ランタン オフィシャルサイトhttp://www.charanporantan.net/


    0 0

    AKB48のDVD&Blu-rayスペシャルBOX2作品が4月27日に同日発売される。恒例のコメンタリ-も収録され、発売記念イベント開催も決定した。

    「AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016」では、AKB48が3日間5公演開催した楽曲版総選挙イベントの模様を余すことなく収録。3位には、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』主題歌として話題の「365日の紙飛行機」がランクイン。センターを務めた山本彩(NMB48)は、投票したファンに感謝の気持ちを伝え、AKB48で初のセンターを務めた朝ドラの主題歌を披露、「特別な楽曲です。」と感激しきりだった。2位には、チーム8の「47の素敵な街へ」がランクイン。会場は熱いコールで包まれた。そして、AKB48単独楽曲の頂点には、アルバム「ここがロドスだ、ここで跳べ!」に収録された松井珠理奈(SKE48)のソロ曲「赤いピンヒールとプロフェッサー」が輝いた。

    「AKBグループリクエストアワー セットリストベスト100 2016」では、AKBグループの楽曲が続々と披露され、連日満員の会場の盛り上がりは右肩あがりとなった。TOP10のうち、AKB48のシングル表題曲が4曲を占める中、第3位に単独リクアワでも2位にランクインした「47の素敵な街へ」がランクイン。チーム8全員が全力でパフォーマンスを披露した。2位には、SKE48初のドキュメンタリー映画の主題歌「僕は知っている」がランクイン。SKE48メンバーとファンの熱い絆が証明した。そして、数多の楽曲の中から栄光の1位に輝いたのは、昨年12月に卒業を発表した宮澤佐江がセンターを務める「奇跡は間に合わない」。会場のファンも一緒に、宮澤の最後のリクアワでの栄冠を祝った。

    さらに、購入者限定抽選特典として、メンバーと一緒に観るDVD鑑賞会に招待する。

    「AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016」特設サイト
    https://shopping.akb48-group.com/dvd/akb48_request2016/

    「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2016」特設サイト
    https://shopping.akb48-group.com/dvd/akb48-group_request2016/

    リリース情報
    「AKB48単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016 スペシャルBOX」
    2016年4月27日(水)発売
    (DVD)19,333円+税
    (Blu-ray)23,143円+税

    「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2016 スペシャルBOX」
    2016年4月27日(水)発売
    (DVD)19,333円+税
    (Blu-ray)23,143円+税

    イベント情報
    「AKB単独&グループリクアワ 2016 DVD&Blu-ray発売記念イベント」
    「AKB48 単独リクエストアワー セットリストベスト100 2016」または「AKB48 グループリクエストアワー セットリストベスト100 2016」のDVDまたはBlu-rayをご購入頂いたお客様の中から抽選で、メンバーと一緒に観るリクアワ2016鑑賞会にご招待。
    場所:AKB CAFE&SHOPSI(秋葉原店)
    抽選方法・日時等の詳細は、後日、発表。

    関連リンク
    ■AKB48 公式サイトhttp://www.akb48.co.jp/


    0 0

    『タイガーマスク』のアニメ化企画が進行している。3月3日に、大田区総合体育館で行われたNEW JAPAN CUP 2015にて、新日本プロレスのオーナー、ブシロード代表取締役社長でもある木谷高明が明らかにした。
    発表は試合開始前に行われた。往年の名作マンガ『タイガーマスク』のアニメシリーズは、1969年にまず東映動画で制作された。その後『タイガーマスク二世』なども制作されたが、21世紀になってからはテレビアニメシリーズは制作されていない。大きな注目を集めそうだ。

    ブシロードは数々のアニメ製作に参加、木谷高明は「ミルキィホームズ」シリーズの原案、製作総指揮などでもアニメファンにお馴染みだ。
    発表によればアニメには新日本プロレス所属の選手が実名で登場するとのこと現代ならではの『タイガーマスク』が描かれるだろう。新日本プロレスの公式サイトではオカダカズチカ選手とタイガーマスクが睨み合うビジュアルも登場している。

    『タイガーマスク』は、漫画:辻なおき、原作:梶原一騎で1960年代から70年代にかけて「週刊少年マガジン」などに連載された。プロレスブームや、当時人気を博したスポーツマンガのひとつとして大人気を博した。
    悪役レスラー養成機関 虎の穴で教育を受けた孤児院育つの伊達直人が、虎の穴を裏切り、その刺客を相手に壮絶な試合を続ける。アニメから飛び出して、実在のレスラーであるタイガーマスクがプロレス界にデビューするなど、日本のプロレス界ともつながりが深い。

    ■関連記事
    「エルドライブ【elDLIVE】」2017年テレビアニメ化 制作はstudioぴえろ
    1位は『惑星のさみだれ』 「アニメ化してほしいマンガ」完結作品編
    「アニメ化してほしいマンガ」アンケート 未完結部門1位に「ダンジョン飯」
    ちばてつや「風のように」劇場アニメ化プロジェクト クラウドファンディング開始

    0 0

    瀧川ありさが、4月6日にリリースするシングル「Again」の音源試聴と、新ビジュアルをオフィシャルサイトにて公開した。

    また、東京・恵比寿リキッドルームを含む、初の東名阪ワンマンライブツアーの開催が決定している。現在、瀧川ありさのオフィシャルサイトでは、3月6日の23:00までチケットの先行予約を受付中。

    さらに「Again」リリースを記念して、東京・名古屋・大阪の三大都市での予約リリースイベントの開催も決定している。予約リリースイベントでは、会場で「Again」のCDを予約すると、ミニライブ後に行われる直筆サイン入りアナザージャケットお渡し会へ参加出来るとのこと。イベントへの参加方法などの詳細は、瀧川の公式サイトにて発表となっている。

    リリース情報
    シングル「Again」
    2016年4月6日発売

    初回生産限定盤(CD+DVD)SECL-1870〜1871 1,500円(税込)
    特典:「Again」のMusic Videoを収録したDVD付

    通常盤(CD)SECL-1872 1,300円(税込)

    ツアー情報
    「瀧川ありさ 東名阪ワンマンライブツアー」
    日時:2016年6月3日(金)
    open 18:00 / start 18:30
    場所:大阪・心斎橋VARON

    日時:2016年6月4日(土)
    open 17:30 / start 18:00
    場所:愛知・今池CLUB 3STAR

    日時:2016年6月16日(木)
    open 18:00 / start 19:00
    場所:東京・恵比寿LIQUIDROOM

    問い合わせ:H.I.P. 03-3475-9999
    <チケット>
    プレイガイド一般発売日:2016年4月30日(土)
    全自由 3,500円(税込・入場時別途ドリンク代)
    ※整理番号付き
    瀧川ありさ オフィシャルサイト先行予約受付中
    http://www.takigawaalisa.com
    受付期間:3月6日(日)23:00まで

    イベント情報
    ニューシングル「Againe」予約リリースイベント
    2016年3月19日(土)大阪府・タワーレコード難波店 14:00開始
    予約取り開始時間:2016年3月19日(土)10:00開始(5Fインフォメーションカウンターもしくはイベントスペース前特設カウンター)
    問い合わせ先:タワーレコード難波店(06-6645-5521)
    2016年3月26日(土)愛知県・名古屋パルコ西館1F イベントスペース 14:00開始
    予約取り開始時間:2016年3月26日(土)13:00開始予定
    対象店舗:タワーレコード名古屋パルコ店
    問い合わせ先:タワーレコード名古屋パルコ店 052-264-8545
    2016年4月3日(日)東京都・タワーレコード渋谷店 1F イベントスペース 14:00開始
    予約取り開始時間:2016年4月3日(日)10:00開始予定
    対象店舗:タワーレコード渋谷店
    問い合わせ先:タワーレコード渋谷店 03-3496-3661

    関連リンク
    瀧川ありさ オフィシャルサイトhttp://www.takigawaalisa.com
    瀧川ありさ オフィシャルInstagramhttp://instagram.com/alisatakigawa
    瀧川ありさ オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/AlisaTakigawa
    瀧川ありさ オフィシャルYouTubehttps://www.youtube.com/channel/UCv3I3Of_QjZltHjIiTnJNMQ


    0 0

    「メジャー2ndアルバム完成中間報告確認ツアー」を開催中の在日ファンクが、メジャー2ndアルバム「レインボー」を5月11日にリリースすることが、3月3日の渋谷TSUTAYA O-EAST公演で発表された。

    キャリア史上初となったオリジナル・シングル『ぜいたく』から一年。メジャーの荒波で揉まれ続ける、ドスコイ・ファンク求道集団、在日ファンクが、昨今のモードから一転、ポジティブ全開の快作アルバムを誕生させた。AOR要素たっぷりの名曲「それぞれのうた」を筆頭に、ハマケン節炸裂の「ぬるまゆファンク」、ライブ映え間違いなしの「ぽいぽい」、ディスコ・ファンクが新機軸な「きみのいいところ」、メロウネスほとばしる「ほうよう」、まさかのリアレンジ収録の「むくみ(アフロ)」といった、ひとえに“ファンク"に留まらない、多彩な楽曲群から発せられるメッセージは、まさしく燦然と輝く七色の虹(レインボー)のような作品となっている。

    初回盤DVDには各メンバーが監督から撮影、編集までを手がける、衝撃の手作りミュージック・ヴィデオ7曲&プロ監督による公式ミュージック・ヴィデオ&オーディオ・コメンタリー他を収録予定。

    また、アルバム情報解禁と同時に公式WEBサイトもリニューアル。レスポンシブ対応がなされ、スマートフォン・タブレット端末での閲覧も考慮された優良設計となる。そして、公式LINEアカウントも開設された。

    在日ファンク【メジャー2ndアルバム『レインボー』】発売告知

    在日ファンク 公式LINEアカウント

    リリース情報
    メジャー2ndアルバム「レインボー」5月11日(水)発売
    品番価格:初回盤(CD+DVD) COZP-1147/8 3900円(+税)
    通常盤(CD) COCP-39522 2700円(+税)
    アナログ(初夏発売予定)
    〈収録楽曲〉
    01.縁の下の力持ち
    02.きみのいいところ
    03.ぽいぽい
    04.ほうよう
    05.ぬるまゆファンク
    06.いいこと
    07.叩かない戦い
    08.むくみ(アフロ)
    09.ぼくきみ電気
    10.それぞれのうた
    11.アウトロ de イントロ
    〈初回盤DVD収録内容〉
    ※収録順未定
    縁の下の力持ち/Directed by 後関好宏
    きみのいいところ/Directed by 仰木亮彦
    ぽいぽい/Directed by 浜野謙太
    ほうよう/Directed by 村上啓太
    むくみ(アフロ)/Directed by ジェントル久保田
    ぼくきみ電気/Directed by 村上基
    それぞれのうた/Directed by 永田真毅
    それぞれのうた/Directed by スタジオ石

    ライブ情報
    「在日ファンク Presents メジャー2ndアルバム完成中間報告確認ツアー」
    公演日:2016年3月11日(金)
    会場:名古屋 CLUB QUATTRO
    開場開演:18:45/19:30
    前売/当日:3,900円/4,400円(オールスタンディング・ドリンク代別)
    問合せ:JAILHOUSE 052-936-6041

    公演日:2016年3月12日(土)
    会場:大阪 ユニバース
    開場開演:17:15/18:00
    前売/当日:3,900円/4,400円(オールスタンディング・ドリンク代別)
    問合せ: GREENS 06-6882-1224

    公演日:2016年3月20日(日)
    会場:札幌 cube garden
    開場開演:17:30/18:00
    前売/当日:3,900円/4,400円(オールスタンディング・ドリンク代別)
    問合せ: Mount Alive  011-623-5555

    関連リンク
    在日ファンク オフィシャルサイト:http://zainichifunk.com/
    日本コロムビア 在日ファンク オフィシャルサイト:http://columbia.jp/zainichifunk/



    0 0

    デビュー18周年を迎えたMISIAが、3月9日にリリースのライブアルバム「MISIA星空のライヴ SONG BOOK HISTORY OF HOSHIZORA LIVE」を記念して、全編生演奏にこだわり15年間に渡り開催し続けられている「MISIA星空のライヴ」のスペシャルトレーラー映像が、GyaO!にて配信がスタートした。

    この映像は、2003年に開催された”MISIA星空のライヴ2”から、昨年開催された”MISIA星空のライヴ8”までのライヴ映像がダイジェストで使用されており、冒頭から「BELIEVE」や「Escape」などといったMISIA王道のヒット曲がメドレー形式でつながれている。

    野外での開催ならではの、降りしきる雨の中で圧巻の歌唱力を見せつけるMISIAの姿や、フルオーケストラをバックに、まるで森の中にいるような幻想的な演出で行われたライヴの模様など、奇跡のパフォーマンスと呼ばれるMISIAのライヴ映像が楽しめる内容となっている。

    「MISIA星空のライヴSONG BOOK HISTORY OF HOSHIZORA LIVE」スペシャルトレーラー映像
    http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10692/v0993900000000548075/

    関連リンク
    MISIA オフィシャルサイトhttp://www.misia.jp/
    MISIAオフィシャルYouTubeチャンネルhttp://www.youtube.com/channel/UCzPBIyFM_VyXgG9At-1Il4Q


    0 0

    3月9日にリリースのマイケル・ジャクソン「オフ・ザ・ウォール:デラックス・エディション」にカップリング収録される、スパイク・リー監督による最新ドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソンの旅:fromモータウンtoオフ・ザ・ウォール』の先行試写会が、3月2日に都内のスペースFS汐留にて行われ、抽選で選ばれた約150名のマイケル・ファンが会場を訪れた。

    この日上映された『マイケル・ジャクソンの旅:fromモータウンtoオフ・ザ・ウォール』は、マイケル・ジャクソン10歳から23歳までの激動期を、膨大なアーカイヴ資料(秘蔵パフォーマンス/インタビュー映像・音声・写真)と総勢60名に及ぶ貴重なインタビューによる証言で検証したドキュメンタリー。「オフ・ザ・ウォール」の文化的価値と、今日のアーティストに与えた影響を深く掘り下げて行く内容で、「今まで見たことのないマイケルの姿を見ることが出来る」という点も話題になっている。

    当日はドキュメンタリーの上映のほか、ジャケット写真さながらに”ウォール”の前で記念写真を撮ることが出来る180cm×180cmの大型パネルが会場に設置され、同じく用意されたアフロヘアのウィッグと蝶ネクタイを身につけて思い思いに撮影を楽しむ参加者で大盛況となった。試写会には、ダンス・アーティストのケント・モリも飛び入り参加。ドキュメンタリーを観終わったあとは、マイケル・ファンの写真撮影に快く応じつつ、「感動しました。マイケル愛してます。(マイケルの影響で)人生が変わりました」と、シンプルながら熱いコメント。

    上映後は、スクリーンに映し出されたマイケルを背景に、ケント・モリを中心に来場者全員で記念の集合写真も撮影された。その後も等身大のマイケルとの記念撮影や、“ジャケット写真撮影”のために閉館時間ギリギリまで、多くの人でにぎわっていた。

    リリース情報

    アルバム「オフ・ザ・ウォール:デラックス・エディション」
    2016年3月9日発売
    (CD+ブルーレイ)SICP30924-5 4,800円+税
    (CD+DVD)SICP30926-7 4,200円+税

    関連リンク
    マイケル・ジャクソン 海外公式サイトwww.michaeljackson.com
    マイケル・ジャクソン 日本公式サイト(ソニー・ミュージック)www.sonymusic.co.jp/MJ/


    0 0

    先日、3月19日からシアター・イメージ・フォーラムで上映が始まる『父を探して』を試写で見た。とても感動的な映画だった。イメージ・フォーラム以外の映画館でも順次公開されるようなので、是非多くの人に見てもらえたらと思う。
    本作はブラジル・インディペンデント・アニメーション界で注目を集めるアレ・アブレウ監督による長編アニメーション。2014年のアヌシー国際アニメーション映画祭でクリスタル(最高賞)と観客賞を同時受賞し、アカデミー賞長編アニメーション部門でもノミネートされた。

    映画のあらすじはとてもシンプルだ。田舎で両親と幸せな生活を送っていた少年。だが、ある日、父親は列車に乗って、出稼ぎへと出かけてしまう。父親がいなくなり寂しい日々を過ごす少年。ある日彼は、父を探すための旅に出る。
    旅の中で少年は、まず綿花を摘む仕事をしている老人と出会う。老人と働くうちに少年はまた誘われるように旅に出る。次ぎに少年が出会うのは、工場で働く孤独な青年。だが、やがて工場はオートメーション化されてしまう。青年が住む大都会には、どうやら独裁者がいるらしく、軍隊が大通りを進んでいく様子も描かれる。

    鮮やかな色使いで描かれる自然、動物になぞらえた独特のシルエットの機械や乗り物たちが画面を賑やかに彩り、映像を見ているだけでも目に楽しい。その中で、観客の目をとらえて離さないのは、非常にシンプルに描かれたキャラクターだ。
    予告を確認してもらえればすぐわかる。主人公の少年の顔はまん丸に描かれ、口はなく、頭には毛が三本。目は細長い楕円で描かれ、手脚は棒だ。そのほかのキャラクターもそれに準じた描き方をされている。
    いわゆる「絵本が動き出したような」アニメーションであるのは間違いない。しかし、この「絵本のような」表現は、その中にかなり直接的な具体性も孕んでいる。

    たとえば老人が従事する、綿花の摘み取り。綿花はブラジルの輸出品目の一つ。調べて見ると、10年ほど前でも、綿花の摘み取りは季節労働者が担っていたことがわかる。
    あるいは少年が街で見ることになる軍隊。音楽を楽しもうとする人々を抑えつけようとする風景は、1985年まで21年にわたって続いた軍事独裁政権の記憶が反映されている。
    日本人には、こうしたディティールに、リアリティがあることには気づきづらいかもしれない。しかし、これらはブラジルの人たちにしてみればおそらく「ああ!」と思えるようなリアリティのある描写なのだ。

    しかし、ここで大事なのはではこういう具体的なデティールが、この映画では「ブラジルを知らなければわからない」という固有性を越えていることだ。
     たとえば貧しい農業(一次産業)から工業化による都市化と、それによる疎外(孤独)の顕在化という、ストーリーの流れにそって出てくる要素を見れば、これは日本でも起きていた出来事だ。たとえば、こうしたテーマを扱った日本映画は多い。アニメについていうなら『太陽の王子ホルスの大冒険』も、60年代に「農家の子供が工場労働者になる」という大変動があったことの中におくと、どうしてホルスが外来者で仲間を求めなくてはいけないのか、その意味合いがよりクリアになる。また当欄が知っている範囲では『マクダル パイナップルパン王子』(これも不在の父をめぐる物語でもあった)で描かれた、どんどん作り替えられていく街の風景と、幼稚園で踊る子供たちという風景で描かれていたこととも通じる部分がある。つまり、この映画は「誰か」の物語であり、同時に「私たち」の物語であるのだ。

    もちろん、そういった読み解きを排して、主人公の少年のめくるめく旅の体験だけに寄り添ってもこの映画は十分おもしろい。
    このように本作はそのように、具体性が弱いようにみえる絵柄でありながら、具体性を孕み、同時に抽象的でもある。その具体性と抽象性の往還が、この映画の中心にあるのだ。
    具体性と抽象性の往還以外にも、本作には矛盾に見える2極を行き来している要素がある。だが、それを詳述すると、本作の大事なエンディングに触れることになる。以下に婉曲には描くが、これまでの記述で面白そうだと思ったらここで原稿を読むのをやめて、映画館に足を運んでほしい。

    この映画は「人生の円環」を扱っている。それは一定の年齢以上になった人間なら感じるであろうし、ストーリーテリングとしても極めて見事に映画を締めくくっている。映画を見終わると、こうした「時間の円環」の中を生きているのが人間だということが実感できる。
    では、人間はこの「人生の円環」の中にしかいないのか。行き先は決まっているのか。そう思った時に、観客は気がつくはずだ。この映画そのものが、「真っ直ぐに伸びていく線路」に導かれるように少年が旅に出るところから始まっていたことを。
    人生は円環かもしれない。でも、それはその瞬間には“直線”にしか見えない、極めて大きな円環なのだ。戻ってきてみて始めてわかる「円環」。本作はそれをきわめて映画らしく描き出してみせたのだ。
    そして子供とはその「直線性」を信じて、親の人生の円環から飛び出していく存在なのだ。もちろんその子供も、やがては「人生の円環」に気づくだろう。つまり、この直線と円環のせめぎ合いこそが人生であると本作は語っているのである。
    そこでは、この映画に登場する人物たちは、「大きな円環上の立っている位置が違う存在」でありなら「誰とも交わらない固有の直線」であるということになり、それはつまり原稿の前半で書いたように「私であり、同時に誰かでもある物語」ということになる。
    固有性から発して普遍性に至る語り口こそ、本作を傑作たらしめているのである。

    [藤津 亮太(ふじつ・りょうた)]
    1968年生まれ。静岡県出身。アニメ評論家。主な著書に『「アニメ評論家」宣言』、『チャンネルはいつもアニメ
    ゼロ年代アニメ時評』がある。各種カルチャーセンターでアニメの講座を担当するほか、毎月第一金曜に「アニメの門チャンネル」(http://ch.nicovideo.jp/animenomon)で生配信を行っている。

    【関連写真】藤津亮太のアニメの門V 第8回せめぎ合いこそが人生「父を探して」

    ■関連記事
    藤津亮太のアニメの門V 第7回魅了する「傷物語」「昭和元禄落語心中」の演出
    藤津亮太のアニメの門V 第6回キッズ・ファミリー向けアニメに見る「アニメの家族」
    藤津亮太のアニメの門V 第5回アニメとTV・配信の関係から見える「変化の予兆」
    藤津亮太のアニメの門V 第4回「ルパン三世」内面のない厄介な男、新シリーズで描くものとは

    0 0

    朝日新聞社が主催する第20回手塚治虫文化賞のマンガ大賞候補作品が、2月26日に発表された。
    審査対象となったのは、2015年に刊行されたマンガ単行本だ。書店員やマンガ関係者に推薦を参考にし、8人の選考委員が持ち点15点で各作品に投票、合議制で上位7作品が候補に決定した。

    今回ノミネートされた作品は、アニメ化や実写化された作品など、いずれも話題作ばかりだ。書店員・マンガ関係者推薦で1位を獲得した高野苺の『orange』をはじめ、野田サトルの『ゴールデンカムイ』、谷口ジローと久住昌之の『孤独のグルメ』、末次由紀の『ちはやふる』、高浜寛の『蝶のみちゆき』、一ノ関圭の『鼻紙写楽』、あずまきよひこ『よつばと!』の7作品が選出された。

    手塚治虫文化賞は、日本のマンガ文化発展に大きな功績を残した手塚治虫の業績を記念し、その志を継いでさらなる発展を目指すため朝日新聞社が1997年に創設した。
    年間を通じて最も優れた作品に贈られる「マンガ大賞」のほか、斬新な表現など清新な才能の作者に贈られる「新生賞」、短編や4コマを大賞とした「短編賞」、そのほかマンガ文化発展に寄与したものに贈らえる「特別賞」がある。
    第20回の選考委員は、作家のあさのあつこ、マンガ家の里中満智子、学習院大学教授の中条省平、まんが編集者の中野晴行、マンガ解説者の南 信長、マンガ家のみなもと太郎、マンガ研究者のヤマダトモコ、そして新任として女優の杏など、幅広い面々が務めた。

    マンガ大賞ほか新生賞、短編賞の受賞結果は、4月下旬に朝日新聞紙面にて発表予定。マンガ大賞の贈呈式および記念イベントを5月29日、東京・有楽町朝日ホールにて開催される。

    ■ 「マンガ大賞」最終候補作品

    『orange』  高野苺
    『ゴールデンカムイ』  野田サトル
    『孤独のグルメ』  漫画:谷口ジロー  原作:久住昌之
    『ちはやふる』  末次由紀
    『蝶のみちゆき』  高浜寛
    『鼻紙写楽』   一ノ関圭
    『よつばと!』   あずまきよひこ

    ■関連記事
    学校とマンガ出版を結ぶ デジタルマンガ キャンパス・マッチ2015受賞作発表
    マンガ大賞2016、ノミネート11作が出揃う 「僕だけがいない街」「東京タラレバ娘」「ダンジョン飯」など
    第19回手塚治虫文化賞 ほしよりこ「逢沢りく」が大賞に
    マンガ大賞2015、大賞は東村アキコ「かくかくしかじか」 マンガ家としての半生を描く自伝エッセイ

    0 0

    tacicaが、6作目のアルバム「HEAD ROOMS」発売を記念して「HEAD ROOMS特設WEBサイト」を公開。特設サイトにて、音楽専門誌・MUSICAとのコラボ企画「出張!MEGA MEGA DISC REVIEW」第一弾となるアルバムのクロスレビューが公開になった。

    クロスレビューは、MUSICA編集長・有泉智子、放送作家/ライター・佐久間トーボ、「Getting Better」主催/Main DJ・片平 実と音楽編集者だけではない視点を持つ3氏によって書かれている。

    MUSICA編集長 有泉智子レビュー
    たったひとつの音楽が、たったひとつの歌が、他の何よりも明るく、温かく、あなたの人生を照らしてくれることがある。『HEAD ROOMS』は、そんな素晴らしい音楽の力のひとつの証明だ。

    tacica NEWアルバム「HEAD ROOMS」特設WEBサイト
    http://www.tacica.jp/special/headrooms/

    リリース情報

    アルバム「HEAD ROOMS」
    2016年4月6日発売
    (完全生産限定盤 7インチ紙ジャケット仕様+特製Tシャツ付)SECL-1873〜4 4,167円+税
    (通常盤)SECL-1875 2,778円+税

    関連リンク
    tacica オフィシャルサイトhttp://www.tacica.jp/
    tacica official facebookhttps://www.facebook.com/tacicaofficial
    tacica official twiiterhttps://twitter.com/tacica_official
    tacica official YouTube Channelhttp://www.youtube.com/user/tacicaSMEJ


    0 0

    5月14日に東京・お台場野外特設会場で開催されるパンク・ラウド系ロック・イベント「SUMMER CAMP 2016」。その出演アーティスト第2弾が発表された。

    今回発表されたのはG-FREAK FACTORY、GOOD4NOTHING、HEY-SMITHの3組。いずれもこのイベントとは関係の深いバンドが発表された。なお、チケットの第2次先行が3月9日まで受付中となっている。

    イベント情報

    「SUMMER CAMP 2016」
    開催日程:2016年5月14日(土)
    時間 : OPEN 8:00 / START 10:00 (20:00終了予定)
    会場 : お台場野外特設会場 (ゆりかもめ青海駅すぐ)

    bacho
    G-FREAK FACTORY
    GOOD4NITHING
    HAWAIIAN6
    HEY-SMITH
    KEMURI
    My Hair is Bad
    OVER ARM THROW
    SHANK
    STOMPIN’ BIRD
    VVORLD
    <チケット>
    オフィシャル2次先行
    前売り:5,400円※ドリンク代別途500円必要
    受付期間:〜3月9日(水)23:59まで
    受付URL:http://w.pia.jp/t/samacan/
    ※1人4枚まで
    ※6歳以上有料
    当日券 未定
    問い合わせ:CITTA’ WORKS 044-276-8841

    関連リンク
    SUMMER CAMP オフィシャルサイトhttp://samacan.com


    0 0

    「あにめたまご2016」は、次世代のアニメーターを育成すべく行われる文化庁の委託事業だ。若手スタッフが、一年間ひとつの作品に従事することで技術の向上を目指す。本事業の作品が年度末に向け完成、間もなくお披露目となる。
    2016年の「あにめたまご」ではいったいどのような作品たちが生み出されていくのだろうか。アニメ!アニメ!では、「あにめたまご2016」の4作品の監督、プロデューサーらに、作品づくりを通じて得たものを伺った。4回にわたりこれを紹介していく。第1回はSTUDIO4°Cが制作する『UTOPA』、田中孝弘監督に話を聞いた。
    [取材・構成=細川洋平]

    あにめたまご2016 アニメ!アニメ!特集ページ http://animeanime.jp/special/424/recent/

    ■ 『UTOPA』
    “今から数百年後、地球は6度の大量絶滅“ビッグシックス”を迎えた。人類は空中都市を建設し、絶滅寸前の動物を移住させ種の保存を試みる。やがて、動物たちが進化を遂げるほどの年月が経つ。空中都市で生きる彼らは、まだ見ぬ外の世界へと飛び出していく――。
    映画『ベルセルク 黄金時代篇』、映画『マインド・ゲーム』や映画『鉄コン筋クリート』で知られるSTUDIO4°Cが、映画『ハーモニー』でキャラクターデザイン・総作画監督を務めた田中孝弘氏を監督に迎えて贈る作画アニメーション作品。“


    ――『UTOPA』の企画の成り立ちをうかがえますか?

    田中孝弘監督(以下、田中) 
    もともと少年冒険ものを作りたかったんです。主人公が外に出て行くような、それによって広い世界観を見せていけるような作品です。また、ファンタジーやSFを表現する映像媒体としてアニメが力を発揮すると思っていました。あとは、普段リアル系作品が主戦場なので、頭身の低いキャラクターをやりたいと思い始めていまして、そういうのが集まって『UTOPA』になっています。
    キャラクターも、色々なパターンで作りましたが、子ども向けのデフォルメされたキャラクターであれば、「あにめたまご」の企画で若手を育てるのに、作業しやすいのではと考えました。

    ――当初の企画ではキャラクターのデザインは異なっていたんですね。

    田中 そうですね。頭身も高いし、もう少し動物の要素が強いキャラクターのパターンもありました。

    ――アニメーターのみなさんへ気を配られた点は何でしょうか。
    田中 
    頭身の低いキャラクターでの芝居づけですね。昔の東映長編のようなアニメでは、頭身の低いキャラクターでも丁寧に芝居をつけていますよね。でも最近のテレビシリーズでは、動きがパターン化してしまっているので、こうしたキャラクターでも深く考えてお芝居させることができますよ、ということを伝えたいと思って指導しました。

    ――実際に若手アニメーターの成長はありましたか?

    田中 
    何年か原画経験のある人から初めて原画をする人までいます。最初はコンテで求められる最低ラインで満足しているような印象がありました。それは時間などの制約が多い現場に関わっているからなのかも知れません。今回の作品に関わることで、「やりたいものを考えて出せる」ことができるようになったと思います。

    ――「やりたいもの」とは、どういったものですか?

    田中 
    自分が持っているカットの中で自分が表現したいものは何なのかを自分で知ることです。その時にキャラクターたちはどう思っているのか、何が起きてどうリアクションするのか。「あにめたまご」は作画枚数もかなり使えるので枚数的な制約も少ないですから、そこで自由に考えたものを提示してもらいました。

    ――自分の意志を入れ込むということですね。

    田中 
    そうですね。だから前半は作業が早かったんですが、後半はみんな考えるようになったので、逆に仕上がる時間も遅くなっていきました。そのおかげでよく画が動いていますね。


    ――制作で苦労した点を教えていただけますか?

    田中 
    作画内容は重くはないのですが、会話が長く続くところがあるんです。緊張感を持たせ、キャラクターの芝居やテンポで見せたいシーンだったのですが、新人さんですと「立っているだけ」「口パクだけ」になりがちでした。そこはみんな苦労していましたね。直接「このキャラクターだったらこんなリアクションをとるんじゃない?」とアドバイスしました。

    ――キャラクターのお芝居はやはり大事なんですね。

    田中 
    そうですね。原画は自分の持っている仕事だけを見てしまうことも多くて、何をやるのかに特化しがちなんですよね。
    それよりも、「何のためにこのカットがあるのか」「キャラクターたちはどんな気持ちなのか」から、さらに「作品作りとは」にまで踏み込んでもらいたかったんです。

    ――本作を観る時に注目すべきポイントはありますか?

    田中 
    エフェクト類がほとんどないんですよ。「あにめたまご」は動画を一万枚以上を使用しなくてはいけないことになっているんですが、通常のアニメで考えるとかなり多いです。これを爆発や煙といったエフェクトで枚数を稼ぐこともできますが、本作はそれをせずに、ほとんどお芝居に枚数をかけています。

    ――相当絵が動いているわけですね。

    田中 
    はい。でも「ずっとただ動いてる」とか「目立てる」といったカットがなく、自然なお芝居として見られるんじゃないかと思います。『UTOPA』はキャラクターの持つパッと見の印象と、見終わった後の感想がかなり違ったものにしたくて作ってきました。
    見てる人がキャラクターと一緒に旅をし、その世界に浸れる作品になったと思います。

    ――ありがとうございました。


    『UTOPA』
    (C)Beyond C./文化庁 あにめたまご2016 

    【関連写真】あにめたまご2016「UTOPA」 田中孝弘監督インタビュー“ひとりひとりが全体を考えられるように”

    ■関連記事
    若手アニメーター等育成事業に新名称「あにめたまご2016」 4スタジオ4作品も発表
    若手アニメーター育成事業「あにめたまご2016」全4作品のキービジュアルとストーリー公開
    「あにめたまご2016」特別上映会 3月19日開催 MCに津田健次郎、岡本ナミ
    「あにめたまご2016」TV放送決定 上映イベントのWEB配信や展示会も

    0 0

    『アイドルマスター』、『アイカツ!』、『Wake Up, Girls!』ら人気アイドル作品が一同に集結するスペシャルな音楽フェスが誕生する。2016年4月30日、大宮ソニックシティにて、音楽クリエイター集団・MONANA主催による「MONACAフェス2016」が開催される。
    イベントには、3つの作品からそれぞれの声優・アーティストが出演する。ファンにはたまらないイベントとなりそうだ。

    MONACAは、アニメソングやゲームソングの制作を行う音楽クリエイター集団だ。ナムコに所属していた岡部啓一によって2004年に設立された。現在は8名のクリエイターが所属している。
    これまでMONACAのクリエイターによって、数々の名曲が生まれてきた。神前暁による『らき☆すた』OPテーマ「もってけ!セーラーふく」や、田中秀和による『這いよれ! ニャル子さん』OPテーマ「太陽曰く燃えよカオス」など。毎クール、彼らのアニメ作品の楽曲を聴かない時期はないほどだ。

    「MONACAフェス2016」では、MONACAが音楽を手がけるアニメ作品のなかから、『アイドルマスター』『アイカツ!』『Wake Up, Girls!』の3つのアイドルアニメが集結。それぞれの作品から声優、アーティストが一挙出演する。
    『アイドルマスター』シリーズからは、『アイドルマスター』より長谷川明子(星井美希役)、下田麻美(双海亜美/真美役)、原 由実(四条貴音役)、沼倉愛美(我那覇 響役)が参加。さらに2015年のTVシリーズ『アイドルマスターシンデレラガールズ』より原 紗友里(本田未央役)、青木瑠璃子(多田李衣菜役)、五十嵐裕美(双葉 杏役)のメンバーが参加する
    『アイカツ!』からは、アイドルユニット「STAR☆ANIS」より、わか・ふうり・ゆな・れみ・えり・りすこ・るか、「AIKATSU☆STARS!」より、るか・みき・みほ・ななせ・かなが、参加。
    さらに「Wake Up, Girls!」からは、メンバー8人が総出演する。

    またMONACAクリエイターも参加も決定。さらにライブはバンドによる生演奏となり、より深みのあるサウンドに期待できる。
    チケットは、3月4日(金)18時より1次先行申込受付を開始した。詳細はMONACAフェス特設サイトにて確認できる。

    「MONACAフェス2016」は、2016年4月30日(土)大宮ソニックシティにて開催。三大アイドルアニメが一同に集結する音楽フェスということで、大きな注目を集めそうだ。

    「MONACAフェス2016」イベント概要
    日時:2016年4月30日(土) 開場16:00 開演17:00
    会場:大宮ソニックシティ 大ホール
    チケット:S席8,800円(税込)/A席7,800円(税込) 

    【関連写真】アイマス、アイカツ!、WUG一同集結の音楽ライブ 「MONACAフェス2016」4月30日開催決定

    ■関連記事
    5年ぶり開催の東宝シンデレラオーディション アーティスト賞はアニソンデビューを約束
    アニメと音楽のエンタメ施設“アニON STATION”ナムコが展開 第1弾は「ラブライブ!」
    東京都羽村市が初のアニソンライブ開催 ゲストは黒崎真音、米倉千尋、玉置成実
    μ’sが日本ゴールドディスク大賞特別賞、アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーをW受賞

    0 0

    日本アニメーションの40周年記念作品として制作されてきた『シンドバッド』がいよいよ最終章を迎える。『空とぶ姫と秘密の島』、『魔法のランプと動く島』と続いてきたが、3部作最後の作品タイトルは『シンドバッド』に決まった。これまで以上にシンプルで、印象的なものになった。
    本作は2016年5月14日からのロードショーが決定した。またこれに合わせてメインビジュアル、予告編が公開された。

    『シンドバッド』は、「シンドバッドの冒険」を原作として作られてきたシリーズの最終章にあたる。シリーズは世界名作劇場などで知られる日本アニメーションと、『STAND BY ME ドラえもん』の白組がタッグを組んだ。
    第1弾『空とぶ姫と秘密の島』は2015年7月4日に、続く『魔法のランプと動く島』は2016年1月16日に公開され、いずれも好評を博した。

    『シンドバッド』のメインビジュアルには、主人公のシンドバッドをはじめ姫のサナやアリ、そして敵のガリブ一味が描かれている。「世界はいつでも、僕ら次第―。」というキャッチコピーも印象的だ。
    予告編も同時公開され、内容を一足先に見ることができる。


    予告編では、壮大な世界が広がり、シンドバッドたちの冒険にまたもガリブ一味が立ちふさがる。さらにシンドバッドとサナの別れのシーンも登場し、見逃せない展開が続きそうだ。
    本作は、前2作品のダイジェスト版の映像を加えた長編映画として制作される。とうとう最終章ということで寂しいファンもいるかもしれないが、どのような結末を迎えるのか気になるファンも多いだろう。

    『シンドバッド』
    5月14日(土)より全国ロードショー
    (C)プロジェクト シンドバッド

    【関連写真】アニメ映画「シンドバッド」、3部作最終章は5月14日公開 メインビジュアルも明らかに

    ■関連記事
    「シンドバッド」シリーズ 第3弾は2016年5月ロードショー 特報公開
    今週注目の映画: 「シンドバッド 魔法のランプと動く島」
    「シンドバッド 魔法のランプと動く島」が親子試写会開催 アフレコ体験で大盛り上がり
    「シンドバッド 魔法のランプと動く島」2016年1月16日公開 子どもは2回目以降が無料

    0 0

    東京ガールズコレクションがプロデュースするミュージックフェス「TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2016」が、3月20日に国立代々木競技場第一体育館にて開催される。これまでに出演アーティストとして、EXILE SHOKICHI・Silent Siren・超特急・DEEP・BOYS AND MEN・MACO・安田レイの出演が発表されているが、今回第3弾の出演アーティストが発表された。

    第3弾出演アーティストとして発表されたのは、現在韓国と日本で精力的に活動する男性ダンスヴォーカルグループ 超新星のリーダー・ユナク。そして、昨年に安室奈美恵をフィーチャリングに迎えた楽曲「REVOLUTION」が話題となり、3月23日にはニューシングル「サクラ」をリリースするCrystal Kayがスペシャルライブに出演する。

    イベント情報

    「TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2016」
    開催日時:2016年3月20日(日)国立代々木競技場第一体育館
     開場16:00 開演18:00 終演21:00(予定)
    チケット(ペンライト付き):指定席:8,300円(税込)/ VIP席:18,700円(税込)
    MC:武井壮
    出演アーティスト:EXILE SHOKICHI / Crystal Kay / Silent Siren / 超新星ユナク / 超特急 / DEEP / BOYS AND MEN / MACO / 安田レイ(50音順)

    関連リンク
    「TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2016」オフィシャルサイトhttp://tgc.st/music/


    0 0

    2016年3月12日より『デジモンアドベンチャーtri. 第2章「決意」』の上映がスタートする。『デジモンアドベンチャー tri.』は『デジモンアドベンチャー』15周年を記念して制作中で、全6章を予定している。
    第1章はミニシアターランキング4週連続1位となり、大ヒットを記録した。第2章の上映に向けて、本編中にも登場するという大江戸温泉物語とのコラボレーションイベントが決定した。

    大江戸温泉物語とのコラボイベント「デジモンアドベンチャー tri. ~外伝「温泉」~」は、3月4日から4月10日までの期間開催される。上映を控える第2章でも、実際にキャラクターたちが大江戸温泉でくつろぐシーンがある。
    コラボイベントでは、スタンプラリーや縁日ゲームなど、参加して楽しめる。フードメニューも登場した。

    スタンプラリーは、2種類あり、各500円で楽しめる。コースによって「メイクーモンが迷子になった!?」「丈のメガネを探せ!!」という2種類のオリジナルストーリーが展開する。参加賞にはお弁当袋、ゴール賞にはうちわをもらえ、さらにゴールポイントでは撮り下ろしの限定ボイスが流れる。
    縁日ゲームは「アグモンのベビーフレイム投げ」「ミミのテンガロンハット投げ」「ゴマモンのマーチングフィッシーズ掬い」の3種類だ。景品は和風のブックカバーやコースター、缶バッジなどがある。

    コラボフードは、それぞれデジモンとのタッグをイメージしたメニューが9種類用意された。八神太一&アグモンの「進化!オムカツドン」や石田ヤマト&ガブモンの「ガブっと!手巻き寿司」などがあり、購入するとホログラムポストカードがプレゼントされる。
    本編にも登場するとあって、同じ体験ができるとうファンにも嬉しいコラボとなりそうだ。上映に向けてどのような展開が行われるのか、引き続き注目したい。

    『デジモンアドベンチャー tri.第2章「決意」』
    3月12日(土)同時スタート
    (C)本郷あきよし・東映アニメーション

    【関連写真】「デジモンアドベンチャー tri.」第2章に本編登場の大江戸温泉物語 作品コラボイベント開催

    ■関連記事
    「デジモンアドベンチャー tri.」第1章の舞台挨拶配信中 第2章の特典公開
    「デジアドtri.」先行上映会に制服姿の吉田仁美と池田純矢 第2章では「壁ドン」展開も
    「デジモンアドベンチャー tri.」第2章のパッケージイラスト ミミと丈が登場
    「デジモンアドベンチャー tri.」第2章EDテーマ 和田光司「Seven」に決定!初代挿入歌を新録

    0 0

    シナリオアートが、3月9日にリリースするミニアルバム「dumping swimmer」初回生産限定盤DVDに収録される「Scenario Sessions -Studio Acoustic Live-」トレイラー映像が公開された。

    トレイラー映像では、収録される4曲のうち、KANA-BOONとのスプリットシングルとして話題となった「ナナヒツジ」のほか、「ワンダーボックス」「ハイスイコウノサキニ」の一部を公開。ドラムヴォーカルのハットリクミコがピアノを担当するなど、シナリオアートの新たな一面が垣間見える作品となっている。

    シナリオアート Scenario Sessions -Studio Acoustic Live- (Trailer)

    リリース情報
    ミニアルバム「dumping swimmer」
    2016年3月9日発売

    初回生産限定盤(CD+DVD)KSCL-2700〜1 1,852円+税

    通常盤(CD)KSCL-2702 1,389円+税

    関連リンク
    シナリオアートオフィシャルサイトhttp://www.scenarioart.jp/


    0 0

    Photo by Hirohisa Nakano
    Czecho No Republicの新曲「Forever Dreaming」が、フジテレビ系TVアニメ『ドラゴンボール超』の4月からのエンディング主題歌に決定した。Czecho No Republicが『ドラゴンボール』シリーズのエンディング主題歌を担当するのは「Oh Yeah!!!!!!!」以来、2度目となる。

    また、この楽曲を表題曲としたサードシングルを5月18日に発売することも同時に発表された。この最新シングルはチェコVer.と、ドラゴンボール超Ver.の2形態で発売され、どちらも4曲入りの期間限定生産の作品となる。

    チェコVer.には、今回の作品限定オリジナルデザインが施されたラバーバンドが封入され、収録楽曲も含めてバンド色の強い内容を予定。一方のドラゴンボール超Ver.は、『ドラゴンボール超』のキャラクタージャケットとなり、こちらも収録曲を含めてドラゴンボールファンが手にしておきたい作品となっている。

    リリース情報
    メジャー3rdシングル「Forever Dreaming」
    2016年5月18日(水)発売
    チェコVer.(CD+ラバーバンド)COZX-1174〜5 1,700円+税
    ドラゴンボール超Ver.(CD)COCA-17191 1,200円+税
    ※両タイプ期間限定生産

    番組情報

    アニメ『ドラゴンボール超』
    放送日時:フジテレビほか毎週(日)午前9時〜9時30分
    ※地域により放送時間・曜日が異なります。
    出演:野沢雅子(孫悟空・孫悟飯・孫悟天役)ほか
    原作・ストーリー&キャラクター原案:鳥山 明
    制作:フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション
    公式HP:http://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_s/
    公式twitter:@DB_super2015

    関連リンク
    Czecho No Republichttp://c-n-r.jp/


    0 0

    オリコンは、2010年1月1日に改正・施行され、さらに刑罰化などが改正された2012年6月改正、10月施行の「著作権法」について、その認知、今後の違法ダウンロード意向などについて、2016年のインターネット調査を発表した(調査期間:2016年1月29日〜2月8日)。

    「刑事罰の対象」となる(※)ことへの認知は、70.2%(昨年は70.5%)と減少となるものの、2年連続で7割超となった。

    世代別でも、20代で73.9%から73.6%に、30代で72.0%から71.6%に、40代は68.4%から67.2%、と唯一の認知拡大となった10代の63.9%から64.9%を除き、数値を落とした。

    認知経路は、調査開始以来、昨年初めてトップとなった「TV番組」(37.5%、昨年37.2%)に「映画館のCM」(37.2%、昨年34.8%)が追従し、他の経路に比べて突出した。

    ※ 違法に配信されたものを権利者に無断でダウンロードすることは違法であり、刑事罰の対象になる

    認知者70.2%を対象に、刑事罰の対象となる内容(※)について知っているかを聞いてみたところ、79.6%が「知っていた」と回答した。

    ※『CDやDVDなどとして販売、またはインターネット上で有料配信されている音楽・映像』で、『違法に配信されたもの』に該当することを知りながら、ダウンロードする行為が刑事罰の対象となる

    「昨年1年間の違法ダウンロード経験」は「なし」が86.9%で、2010年の本調査開始以来7年連続で8割以上をキープし続けている。対して「ダウンロード経験あり」は2015 年の10.7%から13.1%へと増加し、ここ4年では最も高い数値となった。

    世代別では昨年、16.5%から18.7%に数字を上げた「10代」の「違法ダウンロード経験」は今年16.9%へ減少、一方「20代」「30代」「40代」は前年比増となり、中でも「30代」は6.8%から11.2%と大幅に数値を上げた。

    また、経験者による「ダウンロード機器」の調査では、例年通り「パソコン」がトップだったが、昨年の69.2%から55.7%へと年々割合を落とす一方で、引き続き増加傾向にあるのが「スマートフォン」。昨年30.8%から今年は45.8%と前年比約1.5倍で、「パソコン」に肉薄する数値となっている。

    「違法ダウンロード経験」の有無から「今後の利用意向」について見てみると、利用経験者のほうが今後も利用意向がある傾向は今年も変わらず。利用経験者の「ダウンロードすると思う」の数値は前年の15.0%から16.0%に増加するも、「以前より回数/作品は減ると思う」と答えた人は24.3%から18.3%へと減少。

    これらを合わせたダウンロード意向者34.3%は過去最も低く、対する「ダウンロードしないと思う」は45.8%で過去最高となった。

    一方「利用経験のない人」の利用意向は、「ダウンロードしないと思う」が83.2%と4年連続で過去最高を記録。「すると思う」「以前よりは減ると思う」を合わせた回答はわずか2.6%に留まった。

    オリコン調べ(oricon.co.jp


    0 0

    平井 堅がデビュー20周年記念日に行ったプレミアムLIVEの模様を収録した「Ken Hirai Films Vol.13 『Ken Hirai 20th Anniversary Opening Special !! at Zepp Tokyo』」(3月23日発売)の初回限定盤に収録される特典映像「KEN HIRAI TV Vol.4」のトレーラー映像が公開された。

    「KEN HIRAI TV」はこれまで平井 堅のシングルの特典映像として過去に3作発表されており、スポーツやグルメレポートに挑戦したり、架空のパロディ番組などを収録してきたが、4作目となる本作はこれまでをはるかにしのぐ60分を超えるヴォリューム満点の特典映像となっている。

    中身の方は20周年を振り返るインタビューの後半(前半は最新シングル「君の鼓動は君にしか鳴らせない」の初回特典DVD「KEN HIRAI TV Vol.3」に収録。)、衝撃の新キャラクター“ジェームス平井”がナビゲートするコーナー「スターあれこれ秘宝館」にてデビュー前の映像やデビュー直後のLIVE映像、ニューヨークのクラブでの飛び込みLIVE映像といった秘蔵映像を惜しみなく公開する。

    また、未発売の人気曲「ON AIR」のミュージックビデオのショートバージョン、20周年BOOKのために地元三重県で行われた凱旋ロケの模様、バリカンで坊主頭に変貌する瞬間をとらえた映像などファンにとっては見逃せない秘蔵映像を多数収録。さらに過去の「KEN HIRAI TV」の名場面も収録されるのでVol.4ではじめてKEN HIRAI TVを目にするユーザーにとっても楽しめる内容となっている。

    本編は、わずか2000人の前で15年ぶりに行われたプレミアムスタンディングLIVEの模様を全20曲ノーカット、トータル120分以上にわたり完全収録。セットリストも20周年の軌跡を振り返るかのようなヒットソングの数々に溢れたベストオブベストな楽曲ラインナップが収録される。

    Ken Hirai Films Vol.13 初回限定特典映像「KEN HIRAI TV Vol.4」」トレーラー映像

    リリース情報
    Ken Hirai Films Vol.13
    「Ken Hirai 20th Anniversary Opening Special !! at Zepp Tokyo」
    2016年3月23日発売
    Blu-ray初回限定盤 BVXL-55 6,000円+税
    DVD初回限定盤 BVBL-120/121 5,500円+税
    Blu-ray通常盤 BVXL-56 6,000円+税
    DVD通常盤 BVBL-122 5,500円+税

    関連リンク
    平井堅 official web site:http://www.pinups.co.jp/hirai/
    平井堅 20th Anniversary Special Websitehttp://www.kh20th.net
    平井堅 YouTube Official Channelhttps://www.youtube.com/channel/UCtwtMDxG0n0Yd0qds38ff0Q


older | 1 | .... | 1094 | 1095 | (Page 1096) | 1097 | 1098 | .... | 1145 | newer